33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

松江市議会 2021-09-10 09月10日-03号

福島第一原子力発電所炉心溶融事故に至った原因について、国会事故調査委員会は、福島第一原発1号機に津波が到達する2分前に地震によって異常を来し、電源を喪失していた可能性を指摘しています。津波が来る前に、既に地震動によって原子炉内に異常が起こっていたとすれば、そのメカニズムを明らかにして、国内全ての原発について、予想される津波の高さに関係なく、対策をとる必要が生じます。 

松江市議会 2020-03-02 03月02日-02号

しかし、福島第一原発の故吉田元所長が、政府事故調査会の聴取に対し、我々のイメージは東日本壊滅と語ったような原発事故巨大リスクを裁判官が認識し、福島原発事故以後は厳しい司法判断が出るようになりました。 広島高裁森裁判長が今回の決定で、原発危険性検証には福島原発事故のような事故を絶対に起こさないという理念にのっとった解釈が必要なことは否定できないと言及したのもこの流れに沿ったものです。 

松江市議会 2015-03-02 03月02日-02号

東京電力福島原子力発電所における事故調査検証委員会畑村洋太郎委員長は、事故は必ず起こる、この考えで対応をと述べたと報じられました。また、原子力規制委員会田中俊一委員長は、現在の基準をクリアしていることを認定していただけで、絶対安全とお墨つきを与えたわけではないと繰り返し述べています。 市長は、事故は起きないと考えておられますか、端的にお答えください。 北道路問題についてお尋ねします。 

大田市議会 2014-09-24 平成26年第 5回定例会(第5日 9月24日)

また、保育中の死亡事故など重大事故発生時の対応再発防止対策について、行政事故調査再発防止策については言及されておりますが、これの第三者機関、これの設置についての規定がございません。重大事故発生に対しての市の事故調査とともに、この第三者機関設置をして市の調査検証し、また、抜本的な防止策を講じる必要がございます。  

松江市議会 2014-06-17 06月17日-03号

◆12番(貴谷麻以) 事故調査の、これは私がMOX燃料審議会委員のときに質問したんですけれども、そのときにお答えがなかったことなんですが、何か事故がありましたときに、人間は絶対ミスをするものだということや、それからその事故のバックグラウンドですね、財政的にどうであったか、では財政的にそういうシステムをつくるのはどうであったかというのが、大抵の場合の事故処理調査のときに行われているんですが、なかなか

奥出雲町議会 2014-06-13 平成26年第2回定例会(第2日 6月13日)

看護師医療行為拡大案医療事故調査の仕組みにかかわる案など、重大な改定案ばかりであります。  奥出雲病院は、今でも診療報酬削減などでますます運営を困難にさせられています。これ以上の改悪は、地域医療を根底から揺るがすような激変が起こり、医療崩壊と呼ばれる事態になり、自治体病院の存続にかかわります。地域医療自治体病院を守る施策を国に強く求めるべきであります。

益田市議会 2014-03-27 03月27日-08号

3月24日の新聞の記事に、九州大学副学長吉岡斉氏が、特定秘密保護法に関して、東京電力福島原子力発電所における事故調査検証委員会委員であった経験から、原子力情報隠しを危惧されて意見を述べておられます。 そこでは、これまで原子力にかかわる分野では、電力会社原子力規制行政情報公開が不十分だった。情報公開請求に対し、企業秘密テロ対策を理由に、黒塗りされた資料だけが開示されることもあった。

出雲市議会 2013-12-03 平成25年度第4回定例会(第2号12月 3日)

まず、福島原発事故原因究明については、これまで国会政府民間東電四つ事故調査委員会により行われてきました。国会事故調は「地震により重要な機器が損傷した可能性が否定できない」と報告されておりますが、他の事故調は概ね津波による電源喪失事故の主な要因としているところです。一方で、現地調査が困難である等の制約要因により、事故原因徹底究明を早期に実現することは難しい状況です。  

松江市議会 2013-06-24 06月24日-02号

しまね地域自治研究所公開質問に対して、市長は、原子力規制委員会が新規制基準を出すまでに、国会政府それぞれの事故調査報告書で分かれていた地震影響についての評価をどのように判断し新規制基準に反映したのかの説明を求めたいと回答していますが、納得のいく説明を聞かれたのでしょうか。先ほどの答弁では、一回も説明がなく遺憾と述べられましたが、今後どう対処されますかお尋ねします。 

出雲市議会 2013-02-24 平成25年度第5回定例会(第2号 2月24日)

福島原発事故原因究明については、これまで国会政府民間東電四つ事故調査委員会によりその検証が行われてきたところでございます。  国会事故調からは、「地震により重要な機器が損傷した可能性が否定できない」とされておりますが、他の三つの事故調においては、概ね津波を主な要因としているところでございます。  

松江市議会 2012-12-10 12月10日-02号

事故原因究明については、東京電力事故調査報告民間事故調査報告国会事故調査報告政府事故調査報告4つ報告書が提出をされました。私はそれぞれの報告事故原因の柱は、津波による影響とするものとなっていると受けとめました。ただ、国会事故調査報告では、肝心な炉心部分には入れないため、地震による影響についても否定せず、調査継続必要性も指摘をしています。

松江市議会 2012-09-19 09月19日-03号

さあ、そこで4つ事故調査委員会報告書が出そろいました。それぞれの共通の認識もありますけれども、違う視点からの論調も見受けられます。国会事故調を中心にちょっとお伺いをしたいと思いますけれども、国会事故調では昨日からも出ておりますが、この事故が人災であることは明らかで、歴代及び当時の政府規制当局、そして事業者である東京電力による人々の命と社会を守る責任感の欠如があったと断言をしております。

松江市議会 2012-09-18 09月18日-02号

そのような状況の中で、国会全会一致東京電力福島原子力発電所事故調査委員会を発足させ、約6カ月間の調査を終え、事故調査報告書を発表いたしました。 そこには、この事故科学技術先進国日本で起きたことに世界中が驚愕し、日本政府東京電力事故対応を行う中において、日本が抱えている根本的な問題を露呈したとあります。 

松江市議会 2012-06-29 06月29日-05号

続いて、第三者機関である日本環境衛生センターから、事故調査の手法の検討、原因調査結果報告書内容の精査をした結果、今回の原因調査結果報告については、全体的に妥当な結果であるという見解説明を受けました。 その後、質疑に対して、新日鉄エンジニアリングから、恒久対策については、これから市、日本環境衛生センターなどと協議をして具体的な内容を詰めていきたいと思う。

松江市議会 2012-06-18 06月18日-02号

国会事故調査委員会では、5月27日に当時官房長官であった枝野経済産業大臣を、また28日には事故当時の総理であった菅前総理を、また今月8日には東京電力清水前社長を呼んで参考人聴取が行われております。国会事故調査委員会のまだ中間的な報告でございますけれども、この報告に対する市長見解をまずお伺いをいたします。 

出雲市議会 2012-06-15 平成24年度第2回定例会(第4号 6月15日)

国は、こうした取り組みと並行して、事故調査会、原子力安全・保安院意見聴取会などにおいて、広く専門家意見を求めながら、事故検証を進め、安全対策安全評価に随時反映させるとともに、新たな規制方向性として既に30項目の対策を具体的に提示したところでございます。  さらに国は、原子力発電所の再稼働にあたっての安全性に関し、3点の判断基準を決定しております。  

  • 1
  • 2