運営者 Bitlet 姉妹サービス
2332件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) 定期接種のワクチンは、法律に基づき自治体が主体となって実施されるワクチンでありまして、公費によって接種されて接種率も高く維持されておりますが、一方、任意接種は自己負担のワクチンのために接種率も低く、流行が依然続く理由となって問題にもなっております。   もっと読む
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) 憲法が保障する生存権にかかわる水道事業を事実上民営化するものであり、また、国と県が主体となって広域化を推進するというものであって、民営化と広域化は住民負担とサービスの後退につながるということで日本共産党は反対をしました。今、市がこの点についてどうお考えなのか、簡単に答えをお願いいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 田中上下水道局長。 もっと読む
2018-12-06 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日) このブロックの枠組みにつきましては、コミュニティセンター長会などの場におきまして、センターが主体となって議論され、今決定された経過がございます。コミュニティセンターの事業展開や運営を行う上で、現在のブロックの枠組みが今定着をしておりますほか、このブロックの枠組みで自治協会さん同士も連携をされている実態もございます。 もっと読む
2018-12-05 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日) ひきこもり支援に携わる人材の養成研修事業につきましては、実施主体は都道府県ということになっております。県におきましては、市町村職員、ひきこもり支援関係機関従事者を対象とします、ひきこもりに関する知識及び支援技術の習得を目的に、平成27年(2015)から年3回実施の研修会が実施をされております。本市の担当者も毎年受講し、支援の質の向上を図ってきております。   もっと読む
2018-12-01 浜田市議会 平成30年12月定例会 第19 議案第82号 浜田市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について第20 議案第83号 浜田市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例について第21 議案第84号 指定管理者の指定について(リフレパークきんたの里)第22 議案第85号 指定管理者の指定について(旭温泉あさひ荘)第23 議案第86号 工事請負契約の締結について(浜田漁港7号荷さばき所建設に伴う建築主体工事 もっと読む
2018-11-06 奥出雲町議会 平成30年第3回臨時会(第1日11月 6日) そこら辺のところを経営が安定していかないとずっとずっと赤字続きばかりでは本当にやっていけないし、これ今回の今の契約は7,506万円ですけれども、ほかの電気工事とか建築主体工事を入れると1億7,000万円弱になります。 もっと読む
2018-10-15 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第4日10月15日) 公務、民間にかかわらず多様な主体がこの番号を取り扱い、活用することになります。他人に自分の情報の何を知らせ何を知らせないか、コントロールできる自己情報コントロール権が著しく侵害されることになります。実際アメリカでは、社会保障番号の流出、不正使用による被害が全米で年間20万件を超えると報告されています。同様の制度がある韓国でも、06年、700万人分の番号が流出して情報が売買され、大問題となりました。 もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) それからはまた施策も違うかと思いますけれども、それまではやはり観光を主体として、奥出雲町へ自治体、その中へ来ていただく、そういう施策をばんばんとっていただきたいと思います。以上でございます。  それでは、3点目の質問をさせていただきます。   もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) ○議員(8番 川西 明徳君) 保育料負担の実費徴収については、町が実施主体の実費徴収に係る補足給付事業がありますが、いまだ極めて不十分です。補足給付事業の拡充と実費徴収の縮減を求めます。総体的に所得の多い世帯の保育料が無料になる一方で、低所得者世帯の費用負担が増大するような事態は許されません。 もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) ビニール処分に対する財政支援、強固な農業基盤の実現として、農業用排水路等の補修・改修の実施、砂防ダム・ため池の点検・修繕の実施、利用権設定等契約時の農地所有者・農地耕作者への指導、農作業環境の改善として、官地等における出穂前の適時除草の実施など、農業用道路の路面・路肩の補修の実施、中山間地域に対する重点施策として、草刈りなどの環境保全支援、小規模圃場の再整備、有害鳥獣対策の強化、補助事業における事業実施主体 もっと読む
2018-09-21 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月21日) 平成29年度は、事業主体の整理等に時間を要し、活動できなかったために、歳入歳出決算額は684万2,000円でございました。一般会計より発電所の維持管理費及び起債の償還に充てるために674万1,000円の繰り入れがなされておりますが、平成30年度から通年稼働の見込みでございまして、この額はまた返済される予定でございます。今後、安定した発電事業の運営を期待します。   もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 臓器移植の普及啓発活動につきましては、公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根に設置をされておりますしまねまごころバンクが主体的に実施をしておりまして、関係機関と連携を図りながら、正しい情報の提供や各種イベントへの参加を通じた啓発活動を行っているところでございます。  本市の取組みとしましては、市役所本庁及び各支所の窓口に意思表示カードやしおりを置いております。また、ポスターも掲示をしております。 もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) また、三つ目、個別計画の作成に関しましては、かかわる主体、どのような主体がかかわって、そしてまたその作成手順はどうなっているのか、お伺いをさせていただきます。   もっと読む
2018-09-01 浜田市議会 平成30年 9月定例会 雲南市が進める小規模多機能自治による住民主体のまちづくり~雲南市の地域自主組織~について具体的な話を伺いました。あわせて、地域自主組織の実践事例として、地域唯一の小売店の撤退を契機に、地域住民の買い物支援のため、地域交流センター内で波多コミュニティ協議会が運営する店舗、はたマーケットを視察し、実際の取組を伺うことができました。 もっと読む
2018-09-01 安来市議会 平成30年第 96回 9月定例会 安来市土地開発公社が事業主体となると今後の事業実施に当たって議会としてのチェック機能は果たせるのかとの質問に対し、今後全体事業費、分譲価格や助成金額等の重要事項が決定となる都度、議会との事前協議の場を設定するとの答弁でした。毎年度債務負担行為を起こすことは可能かとの質問に対しては、土地開発公社の資金借り入れは分割となるので、毎年度当初予算時に債務負担行為が必要となるとの答弁でした。 もっと読む
2018-07-20 雲南市議会 平成30年第1回臨時会 (第1日 7月20日) 平成30年第1回臨時会 (第1日 7月20日) 雲南市告示第284号 平成30年第1回雲南市議会臨時会を次のとおり招集する    平成30年7月9日                             雲南市長 速 水 雄 一 1 期  日  平成30年7月20日 2 場  所  雲南市役所議場 3 付議事件 (1)清嵐荘整備事業国民宿舎清嵐荘建設工事(建築主体)請負契約について (2)清嵐荘整備事業国民宿舎清嵐荘建設工事 もっと読む
2018-06-25 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第5日 6月25日) ─────────────                              平成30年6月25日  雲南市議会議長 藤 原 信 宏 様                      総務常任委員会委員長 小 林 眞 二               総務常任委員会審査報告  議案第45号 過疎地域自立促進計画の変更について  議案第47号 春殖交流センター整備事業春殖交流センター建設工事(建築主体 もっと読む
2018-06-15 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第4日 6月15日) ○19番(清水 勝) ナンバー2番、コミュニティー事業ですけれども、事業主体、石見銀山天領太鼓。これの備品、太鼓用備品の整備250万円ということで、財政課長から説明がありましたですね。どういうものを整備するんか、そういう内容について。250万円という相当大きな金額なものですから、備品の内容を少し説明を求めます。  それから、ナンバー9番、商工費です。大田市観光施設改修事業5,000万円。 もっと読む
2018-06-14 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第3日 6月14日) このような中、大田市森林組合が島根県の委託事業や補助事業を活用し、人工林を主体とした森林の土地境界調査に取り組み、平成17年度から平成28年度までの12年間で約1,800ヘクタール、そのうち平成27年度以降では約350ヘクタールの調査を実施し、森林施業の実施や地籍調査の基礎資料として活用できる境界ぐいの設置及び図面の作成を行っております。   もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) 生活困窮者自立支援制度は、全国の福祉事務所設置自治体が実施主体となり、官民協働による地域の支援体制を構築し、自立相談支援事業、住居確保給付金の支給、就労準備支援事業、一時生活支援事業、家計相談支援事業、学習支援事業、その他生活困窮者の自立の促進に関し包括的な事業を実施することとされております。   もっと読む