1443件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会(第7日 3月22日)

第4に、農業雲南市の基幹産業であり山間地域再生食料自給率向上を目指すためにも持続可能な農業政策を進めるべきです。経営規模拡大法人化などだけを条件にせずに、地域に存在する農業をやりたい、続けたいと思うあらゆる形態の経営体を対象に農業継続支援をすべきです。小規模、家族農業を守ることは国連も提唱しています。  

奥出雲町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第3日 3月12日)

また、集落につきましては、本年度からの山間地域等直接支払交付金第5期対策各種加算などを積極的に活用をいただき、各協定課題解決と営農の継続に資する活動を行っていただきたいと存じます。  そして、これ、言っていいかどうか分かりませんが、米価の問題につきまして、若干御説明をさせていただきます。島根県のコシヒカリは1等級で6,300円、1等米ですね。

奥出雲町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第2日 3月11日)

国事業山間地域等直接支払交付金では、各種加算活用や機械の共同利用など、経費の節減が図られております。令和年度は125協定と、元年度より3協定増加をいたしております。交付金は約2,820万円増加し、総額で約3億9,310万円となりました。同じく、国事業多面的機能支払交付金があり、地区単位で実施をいたしております。

江津市議会 2021-03-08 03月08日-02号

こうした協働の取組は、市のみならず、島根西部県民センターや県山間地域研究センターなどとも連携しながら行っているところでございます。 ○議長森脇悦朗) 3番森川和英議員。 ◆3番(森川和英) 具体的に行われていますが、その中で中心的に各センターにおきましては、センター長地域マネジャーが配置をされております。

雲南市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会(第5日 3月 5日)

そういうふうに公の役割が重要となっている山間地域、雲南市でありますけれども、定員管理計画の下に職員を減らしてきた現実がございます。公助が重要となっている中で、定員管理の考え方、どのように考えてるのか伺いたいと思います。  公の役割を果たすためにも、それらの業務に従事する職員を確実に確保することが重要だというふうに思っています。

雲南市議会 2021-03-04 令和 3年 3月定例会(第4日 3月 4日)

議員(5番 鶴原 能也君) 私も、先日の新聞でブランド米、これはブランド米(こめ)で、コウノトリ舞、これは「舞う」の「まい」なんですけど、もう記事が載っておりまして、ビオトープ、これは自然環境に配慮した農業、それから生き物を育む農業の推進のための山間地域等直接支払制度活用した水田農業の維持、また、ブランド米でのコウノトリ生息地、自然に優しい農業をアピールするということで、今、部長が言われるように

益田市議会 2021-03-04 03月04日-02号

また、サテライトオフィスやコワーキングスペースの誘致に当たっては、山間地域の立地も進めるべきと考えるが、見解をお尋ねいたします。 ○議長中島守君) 山本市長。 ◎市長山本浩章君) 地域自治組織につきましては、現在20地区中19地区で設立され、それぞれの地区における持続可能なまちづくりを推進されています。 

奥出雲町議会 2021-03-02 令和 3年第1回定例会(第1日 3月 2日)

次に、令和年度補正予算につきましては、奥出雲病院への繰出金1億900万円、ふるさと応援寄附関係経費3,000万円、除雪経費に2,000万円などの増額、山間地域等直接支払交付金事業7,200万円、事業継続支援給付金4,500万円、地籍調査事業3,400万円などの減額により、総額約1億5,500万円を減額しております。

雲南市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会(第4日12月14日)

私は、普通のこの会話の中に、この言葉に込められた中に山間地域課題があるというふうに感じました。雇用の問題です。人口の問題、そして鳥獣対策、老後の生活、公共交通の問題、たったこの老人のお二人の夫婦が話されたこのことに本当に私は山間地域課題があると同時に、そしてその周りの光景を見たときに何で私たち地方に住んでいる者が苦しまなければならないのか。

雲南市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会(第2日12月10日)

今回の選挙で山間地域を回る中で、多くの方に少子高齢化に伴う過疎についての意見をいただきました。ある自治会の方は、もともとの軒数は二十数軒あったが、現在では半分の10軒足らずになってしまった。残った者も80歳代がほとんどで、若者がいない状態で、自治会活動もままならない。このままでは消滅集落になってしまうが、自分たちはこの集落に誇りを持っている。

江津市議会 2020-12-09 12月09日-02号

一方で、これ以外の山間地域は採算が見込まれないことから、未整備エリアとなっています。具体的には、桜江地域、金田、波積、川平、有福、跡市などは全域未整備、波子、敬川、二宮、都野津、嘉久志、黒松、都治、松川などは一部未整備となっています。これらの光ファイバ整備地域では、一般アナログ電話を使用するADSLやケーブルテレビ事業者が提供する放送、通信サービスなどが利用されています。

雲南市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第1日12月 9日)

本市は山間地域ならではの豊かな農山村の景観やたたら製鉄をはじめとする歴史、文化、産業に関わる多様な資源、さらには有機農業が生み出す新鮮で安全な農産物など、アイデア次第でブランド力を高められる地域資源が豊富に存在しています。こうした地域の宝を民間の活力も生かしながら観光振興地場産品販売力向上につなげてまいります。  

奥出雲町議会 2020-12-08 令和 2年第4回定例会(第2日12月 8日)

また、島根県内ではいち早く指定棚田地域に認定を受けまして、本年度から山間地域等直接支払交付金の第5期対策において新設されました棚田地域振興活動加算により、棚田を核とした地域振興活動に取り組むことが可能となりました。ちなみに、105の集落協定中、今年度棚田地域振興活動加算に取り組まれる集落協定は18協定あります。  

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

このほか、軽微な施設の改修には、多面的機能支払交付金、あるいは山間地域等直接支払交付金活用が可能だと考えております。 ○議長森脇幸好) 三島議員。 ◆30番(三島良信) 農林事業には、建設部のような現物支給などの助成制度はないと聞いていますが、拡充される考えがないのかお聞きいたします。 ○議長森脇幸好) 山根産業経済部長

益田市議会 2020-12-07 12月07日-03号

第544回益田市議会定例会において、さきに通告いたしました匹見小学校匹見中学校の同一校舎による学校運営についてと、2番目の益田市の山間地域直接支払制度について、2点について質問をいたします。 最初の匹見小学校匹見中学校同一校舎による学校運営についてですが、近年の人口減少が進み、特に山間地域児童・生徒数も減り、また益田学校再編計画により学校の統廃合が進んでまいりました。