運営者 Bitlet 姉妹サービス
950件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日) 出雲の小企業、家族経営の営業と暮らしを支え合う助け合い運動に取り組まれている団体である出雲民主商工会の陳情から分かるのは、消費税10%は中小企業や小規模事業者の営業を脅かし、苦しめるばかりだということではないでしょうか。10%になれば今よりさらに景気が落ち込み、不況が一層進み、貧困化が加速します。また、何より低所得者など負担が重いのが消費税の特徴です。   もっと読む
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) なお、本年策定をいたしました出雲市中小企業・小規模企業振興計画に基づきまして、現在、市内の事業所を対象に、中小企業・小規模企業の現状・実態を把握し、有効な施策を検討・展開するための実態調査を行っているところでございまして、そうした調査項目の中に外国人の雇用人数でございますとか、雇用形態及び国籍等の事項も含めております。   もっと読む
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) 出雲の地域経済を支えている中小企業、農林水産業の大変さも増しています。このとき、国は来年12月から消費税を10%に増税することを狙っています。そこで、伺います。  10%への消費税率引き上げは、国民生活を破壊するのに加えて、中小業者にも耐えがたい苦労をもたらします。4年前、5%から8%に増税したことで景気がさらに悪化し、国民生活は回復しないままです。 もっと読む
2018-12-05 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日) 本年8月に出雲市中小企業小規模企業振興計画が作成されました。その内容において、将来にわたって総人口と生産年齢人口が減少する一方で、65歳以上の人口が増加しており、労働力の確保が厳しい状況になると予想されています。  データを見ても有効求人倍率は1.4倍以上であること、求人募集に対し20から30%の企業が採用できておらず、高専、専門学校、大学卒においての充足率が低くなっている状況です。 もっと読む
2018-11-06 奥出雲町議会 平成30年第3回臨時会(第1日11月 6日) 今までコンサルを入れてどのような効果があったかということでございますが、ああして商工労働部の中小企業課の方にコンサルをいただいたところでございます。これにつきましては、一切お金はお支払いをしておりません。さまざまな御提案をいただいて、改善すべきは改善をしてまいりました。このようなことで、入浴税を玉峰山荘も100円値上げをする。 もっと読む
2018-10-15 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第4日10月15日) 企業誘致をする際の移転型は、大企業は従業員5名という縛りがあるが、中小企業は2名以上の増。本社機能といっても、こちらに主力工場があり、その横に技術開発のための中小企業は1,900万円以上の施設を整備した場合も対象となるため、企業誘致や産業振興などの一助になると考えられるということでございます。   もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) メンバーは、島根県中小企業課、島根県商工会連合会、山陰合同銀行、しまね信用金庫、奥出雲町商工会などで構成をいたしています。  次に、中小企業の雇用確保対策についてでございます。  町では、島根県雇用政策課からの依頼により、島根大学生を対象に、町内企業の就労と定住を促進するために企業見学ツアーを5月の30日に実施いたしました。 もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) 民生費は、介護保険施設整備に対する補助金1億280万円などが、農林水産業費は、畜産競争力強化を目的とする堆肥舎整備に対する補助金4,400万円が、商工費は、出雲市中小企業・小規模企業振興計画に基づく企業実態調査費550万円などが計上されております。   もっと読む
2018-09-05 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日) 私も市長が述べられたことを共感しておりまして、一つは、「若者が定着する出雲」の中で、特に斐川の大手製造業のところへ地場の中小企業から若い人材が大変流出しているというのが、やっぱ地域を歩く中で言われることでして、そういった中で広島とかいろんなとこを出かけられるとか、あるいは中学生、高校生、そういったところで、ぜひ地域で地場の企業に働いていただけるようなさまざまな取り組みをしていただきたいと思っておりますし もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) 公明党では、今年7月から3か月間、子育て、介護、防災・減災、中小企業、この4項目について、全国で100万人訪問調査アンケートを実施してまいりました。私も市内に住む方々にインタビュー形式の聞き取り調査をしてまいりました。  今回の調査におきまして、特に防災・減災のところなんですが、災害に対してとても不安に思われている方がたくさんいらっしゃいました。 もっと読む
2018-09-01 安来市議会 平成30年第 96回 9月定例会 地域を支え、地元に根づく中小企業、商店など、今ある地域の力を支援し伸ばすべきです。 子育て支援、幼児教育、保育や教育についてです。 経済格差が広がっています。対応や環境整備が不十分です。結婚、出産、子育て支援に予算の増額が必要です。保育料、学校給食費の父母負担の軽減を図り、就学援助制度の拡充をすべきです。 もっと読む
2018-08-30 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第1号 8月30日) 総務費は、平成29年度(2017)決算に伴う剰余金の一部の減債基金への積み立てや、平成31年(2019)5月1日の元号改正に向けての各種システム改修費などを、民生費は、介護保険施設整備に対する補助金などを、農林水産業費は、畜産競争力強化を目的とする堆肥舎整備に対する補助を、商工費は、出雲市中小企業・小規模企業振興計画に基づく企業実態調査費などを計上しています。   もっと読む
2018-06-25 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第5日 6月25日) 平成30年度地方税法の改正に伴い、中小企業の生産性革命を実現するための臨時措置として、生産性向上特別措置法(平成30年5月23日公布・6月6日施行)の規定による設備投資について、固定資産税の特別措置が創設されたもので、市条例の一部を改正するものであります。対象者は、資本金1億円以下の法人、従業員1,000人以下の個人事業主など、ほぼ全業種が対象となり、固定資産税がゼロとの内容であります。   もっと読む
2018-06-22 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第5日 6月22日) 生産性向上特別措置法の規定により、中小企業者等の一定の設備投資について、固定資産の特例措置を講ずる条例でございますが、大田市において生産性向上、労働生産性アップすることができる要件の中小企業の対象者はおられるのかの質問について、今のところ対象者はおられないが、今後募集するとの答弁でした。  続きまして、議案第14号、大田市税条例等の一部を改正する条例制定についてであります。   もっと読む
2018-06-14 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月14日) 中小企業の設備投資の促進と労働生産性の向上を目的とする生産性向上特別措置法、これがことしの5月23日に公布され、6月6日から施行されました。これに伴いまして、税法上の特例措置を定める条例改正が必要となったということから、議会の議決を求めるものでございます。   もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 現在、国では、回復の兆しを見せ始めた経済成長の恩恵を地方や中小企業に着実に広げていくとして、成長と分配の好循環の実現のため、生活密着型インフラ整備を推進しています。平成30年度水道施設整備予算案には、全国の自治体で老朽化が進み、管路の更新が問題視されている水道施設の水質安全対策、耐震化対策として375億円が計上されています。 もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) また、雲南市商工会や島根県中小企業団体中央会等の支援機関と連携いたしまして、後継のテナント事業者等のニーズも踏まえまして、経営支援や補助制度等を活用していくというようなことを考えておるところでございます。 ○副議長(山﨑 正幸君) 上代和美さん。 ○議員(1番 上代 和美君) 今現在、後に入られる業者を探してはおられるようですけれども、かつてサン・チェリヴァへの支援の実績もあったりします。 もっと読む
2018-06-13 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日) テーマは子育て、介護、中小企業、防災減災の4項目です。私は子育て、介護のテーマを中心にアンケートをさせていただきました。その際に貴重な意見を聞かせていただくことができました。今回の質問は皆さんの声から取り上げさせていただきました。  1点目、少子高齢化に対応できる交通政策の取組みについて2点伺います。   もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) ○議員(8番 川西 明徳君) 6項目め、奥出雲町中小企業・小規模企業振興基本条例(平成28年3月25日条例第16号)では、企業が町における経済の発展に果す役割の重要性に鑑み、その振興に関し、基本理念を定め、町の責務を明らかにするとしています。  町は、この条例によって町民の生活の向上に寄与しているとお考えでしょうか。 もっと読む
2018-06-01 安来市議会 平成30年第 95回 6月定例会 議第63号安来市税条例の一部を改正する条例制定については、委員から、固定資産税額をゼロとした理由と先端設備等導入促進基本計画の要件についてはかなり厳しいものなのか、また手続は事業者の負担とならないのかとの質問に、固定資産税額をゼロとした理由については、ゼロとした市町村に所在する中小企業が先端設備等の導入計画を策定し、認定された場合にも、ものづくり補助金などの制度が優先採決されるなどのメリットがあり、 もっと読む