運営者 Bitlet 姉妹サービス
2221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) 三つ目に、外国人住民における乳幼児・保育園児・幼稚園児の数及び小学校・中学校・高校の生徒数につきまして、お伺いをいたします。  四つ目、外国人住民の就労者の数について、お伺いをいたします。  五つ目、外国人住民の未就労者の数について、お伺いをいたします。  六つ目、外国人住民と地域住民との交流支援及び課題について、お伺いをいたします。   もっと読む
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) 特に中学校の場合は、教科担任制のため、このルールの解消がより厳しい状況にあります。  こうした現状を改善することによって、児童生徒及び教職員にとってよりよい教育環境につながるものと考えているところです。今後も県及び県内他市町村との協議を重ねる中で最善の方法を見出していきたいというふうに考えております。  以上、答弁といたします。 ○議 長(福代秀洋君) 岸議員。 もっと読む
2018-12-06 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日) 地理的条件が大きく変わらない隣接する学校同士や同じ中学校区の学校であっても、学校によって始業や終業の時刻の変更、休校措置が異なっていたため、情報が混乱するだけでなく、公平に見えないばかりか安全を軽視した対応ではないかとの声もありました。 もっと読む
2018-12-01 浜田市議会 平成30年12月 予算決算委員会 この資料を見る限り、今2校の工事概要が出てますけども、ブロックに関しては、小学校3校、中学校1校、幼稚園2園ということで、職員の作業において既に完了ということなんですけども、今後こういった工事が出ないということでよろしいですか。 ○道下委員長 教育総務課長。 ◎古森教育総務課長 学校等の施設については、うちの職員が各パートが手で自分たちで切って対応した部分があります。 もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) 具体的な事業や取り組みについては多岐にわたりますので省略いたしますが、これまでの取り組みによりさまざまな進路の実現、町外、県外からの入学者数増、町内中学校からの入学率増の形で成果としてあらわれてきていると考えております。 ○議長(岩田 明人君) 大垣議員。 もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) この夏、全中ホッケー選手権大会が本町で開催され、見事横田中学校が優勝をいたしました。名声と実力を示したわけであります。片方では、部員の減少というような深刻な問題もあるように思われます。  100年という区切りの中で、横田高校への振興・支援や高校ホッケー部への支援策はどのように考えておられるでしょうか。 もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) 窓口負担無料化対象年齢を県内の他自治体並みに中学校卒業まで引き上げるべきです。  第4に、学力テストについてです。  全学校・全生徒の学力を調査する学力テストは、学校を序列化し、教育現場を競争に駆り立て、何より子どもを苦しめます。ましてや、出雲市は全国、県と合わせ市独自の調査もあり大変な負担となっています。 もっと読む
2018-09-21 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月21日) また、8月に本町で開催された全日本中学生ホッケー選手権大会では、横田中学校男子ホッケー部が優勝されたのを初め、陸上、ソフトテニス、フットサル、バレーボール、剣道、相撲、自転車など、さまざまなスポーツにおいて、また写真、絵画、デザイン、吹奏楽など文化活動においても、町内の皆様の活躍が伝わってきております。   もっと読む
2018-09-06 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第5号 9月 6日) 「A地区の皆さん、今から30分以内で近所の人も協力して全員一人残らずB中学校に、高台にあると想定して、B中学校に避難せよ」命令口調でやると、かなり避難率は高くなると聞いております。また、例えば市長さんが自ら放送すれば、これは大変な事だと思い、もっと避難率は上がると思います。  さて、ちょっと話は変わりますが、大田市は春の地震被害で屋根のブルーシートの重し用の土のうをたくさんつくっています。 もっと読む
2018-09-05 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日) 対象は、高等学校と中学校であり、高等学校については、県の教育委員会から各高等学校へ、高等学校の校長先生の責任にて運用する形であると思っておりますし、中学校に関しましては、県教委から自治体、すなわち出雲市へ、出雲市の教育委員会から各中学校へ、中学校の校長先生が責任を持って運用していくというような流れだと理解するところでございます。   もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 大半の子どもが高校へ進学するという事実はありますけれども、社会へ出るための義務教育、これは中学校3年生までです。そして、最短で成年を迎えるのは現在の中学校3年生、義務教育期間は残すところ半年余りとなっております。学校教育の中で消費者教育を含めた早急な対応も必要だというふうに考えておりますけれども、市としての考えはいかがでしょうか。伺います。 ○議 長(福代秀洋君) 槇野教育長。 もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) これまでの状況といたしましては、平成25年(2013)3月に鰐淵小学校猪目分校を閉校、平成27年(2015)3月に光中学校、鵜鷺小学校、日御碕小学校、平成28年(2016)3月に佐香小学校、平成29年(2017)3月に田儀小学校の6校を閉校いたしました。このほか、平成25年(2013)4月の向陽中学校の開校に伴い旭丘中学校を閉校いたしました。   もっと読む
2018-06-28 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日) しかし、自治体によっては、未就学児以上の小学校から中学校あるいは高校まで助成措置対象として拡大している自治体もあり、財政力などにより自治体で格差が生じています。このような状況は、子育て支援策の根本がゆらぎかねず、医療費助成に当たり自治体が競争し合うことは、本来の姿とはかけ離れたものであり国が統一的に施策を講じるべきものであります。   もっと読む
2018-06-25 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第5日 6月25日) キャリア・パスポート調査研究事業は、新規事業で64万円の予算で、キャリア・パスポート事業は小学校での学びの記録を中学校へつなげるものとされています。特定の小学校で取り組むかとの問いに、全ての学校で取り組むとの答弁がありました。つなげる記録はとの問いに、成績でなく、学んだ中身や学びの成果を校長協議会と教育委員会で研究していくとの答弁があったと報告がありました。   もっと読む
2018-06-15 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第4号 6月15日) これについては、本日いらっしゃる皆さん方も全てそういうふうに思っていらっしゃるんじゃないかなというふうに思っておりますので、小学校児童のお話をしましたけども、中学校にも同様なこと、高校生にも同様なことが言えると思うんですよ。 もっと読む
2018-06-15 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第4日 6月15日) 業務につきましては、現在、第一中学校のほうに事務作業をできるスペースを確保しておりますので、そちらのほうと教育委員会のほうとで半々というような形になろうと思いますけれども、そういったことで教育委員会も一緒に事務改善に向けていきたいと思っております。  2年後の学習指導要領、この導入も含めまして、学校の役割は非常に大きくなっております。 もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) 次に、市内小中高校及びその周辺に防犯カメラが設置されていない学校についてのお尋ねですが、学校及びその周辺に設置されていない学校は、小学校16校、中学校5校、高等学校3校であります。また、校区内に防犯カメラが1台も設置されていない学校は、小学校9校、中学校2校であります。   もっと読む
2018-06-14 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月14日) これに関連しましては、先ほど教育長、そしてまた政策企画部長のほうからもお答えしておりますが、教育長の答弁で、昨年、中学校3年生、現在の高校1年生でありますけれども、将来かなえたい夢があるというのが昨年度は73.6%、10年前のキャリア教育をやる前、これは36%でありますので、かなえたい夢がある子供たちの割合が実に2倍以上になっております。 もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 24年には大代小学校が高山小学校と統合、25年には富山小学校が朝波小学校と統合、また池田中学校が第一中学校に統合、26年には温泉津中学校と仁摩中学校が統合し、仁摩中を校舎とし、大田西中学校が誕生しました。しかし、そのほかはどのような計画になっているのか、現在の状態とこれからの計画について、新しく就任されました教育長さんにお尋ねをしたいと思います。   もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) さらに、現在、地域スポーツとトップアスリートの好循環推進事業に取り組んでおり、各スポーツのトップアスリートを中学校の部活動とかスポ少、小学校の体育指導へ派遣しております。 ○副議長(山﨑 正幸君) 松林孝之君。 ○議員(3番 松林 孝之君) トップアスリートの好循環事業等で、実際に本当のトップアスリートと触れる機会、これがあってこそ本当に子供たちの夢っていうのはどんどん広がっていきます。 もっと読む