運営者 Bitlet 姉妹サービス
1612件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日) そして、残りは将来世代の負担軽減、これは赤字国債の発行を抑制するものに使用されます。消費税の改正に伴い導入されます軽減税率については、世界各国で既に導入されておりますが、とりわけて問題点はなく、国民の理解が得られております。   もっと読む
2018-12-10 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第5号12月10日) 今回質問に至ったおたふくかぜの合併症による難聴になる問題、あるいはワクチンの公費化については、先ほど陳情・請願の話もしましたが、一見子育て支援策として、どうしても子育て世代の親の経済的負担軽減に関する陳情というような中身に受け取られがちなんですが、おたふくかぜ等の予防接種の公費助成は、単にこの経済的な負担の軽減とは少し性格が異なるような気がしております。   もっと読む
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) 二つ目には、現役世代と将来世代の負担の公平性を考慮した企業債の借り入れが必要なこと。三つ目には、水道事業経営の安定と施設の継続的な更新に取り組んでいくためにも、運転資金及び建設改良費の財源として必要な内部留保資金を確保すること、こうしたことが考慮され、今回の答申にございます平均12.5%の引き上げが適当と答申されたところでございます。   もっと読む
2018-12-05 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日) 続いて、義務教育年齢を過ぎて来日した人たちの人数と対応策についてのお尋ねでございますが、本市では、義務教育年齢を過ぎて来日した方の来日時期や就労・就学状況は、正確に把握をしておりませんけれども、本年3月末現在の住民基本台帳人口における外国籍住民数のうち、15歳から17歳のいわゆる高校生世代が37人いらっしゃいます。   もっと読む
2018-10-10 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第3日10月10日) 子育て支援につきましては、子育て世代の経済的負担の軽減や子育てと仕事の両立に向けた環境づくりを進めることが必要と考えます。  保育料の軽減につきましては、国では幼児教育・保育の無償化に向けて段階的に取り組みが実施されております。今後も軽減施策が予定されております。   もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) 日本国憲法と同じく、戦争の反省からつくられた国連憲章は、我らの一生のうちに2度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救いと憲章にうたい、核兵器保有国の思惑を崩して、昨年7月、核兵器禁止条約を誕生させました。戦争違法化の徹底とともに、対話による平和が世界の流れであることは、最近の米朝首脳会談の実現の動きを見ても明らかです。   もっと読む
2018-09-27 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第6号 9月27日) 松江市と同様に無償化にしてほしい、医療費がかかるため病院へ連れていくのをためらってしまうなどの子育て世代の切実な声は多く、医療費助成の拡大を求める要求は極めて強いものがあると認識しています。議会も市もこの声を受けとめ、決断すべきです。  次に、陳情第2号、任意予防接種費用(インフルエンザ、おたふくかぜ、ロタウイルス)の公費助成を求める陳情です。   もっと読む
2018-09-21 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月21日) 引き続き住居対策、雇用対策などを進め、若者や子育て世代が住みやすい環境整備に取り組んでまいります。  次に、結婚・子育て支援についてであります。  未来を担う子供たちは、まちの宝であります。しかしながら、昨年度の町内の出生数は60名余りとなっているのが現状です。 もっと読む
2018-09-06 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第5号 9月 6日) 若い世代の人にぜひ土のう詰めを覚えて、被災地で出雲から来たスーパーボランティアになってもらいたいです。教室や会社では、ぼーっとしている人だけど、被災地へ行くと大活躍みたいな人間になってほしいです。そんな子どもたち、あるいは大人たちを探しています。防災担当部局のみならず、消防署員、消防団員から、たくさんの皆さん参加されることを希望します。   もっと読む
2018-09-05 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日) 若い世代に定住の地として選んでいただくためには雇用の創出が最も大切であり、雇用創出2,500人プロジェクトを展開することで、平成29年度(2017)までの6年間で1,849人の雇用が生まれたところであります。  本年度は4月から8月までの増設に係る立地認定企業が4社ございます。合計43人の新規の雇用増が計画されているところでありまして、ただ、これら4社は全て製造業であります。 もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 今は若者定住とか、そうした方、あるいは子育て世代に重点的にやっているところでございます。災害時の対応にリフォーム事業を適用することにつきましては、県のほうの動き、また別の、そうした災害対応の動きも見きわめながら、必要に応じて検討すべき内容ではないかなというふうに思っております。 ○議 長(福代秀洋君) 後藤議員。 もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) 私は、もう一つの側面といたしまして、この地域においても特にでございますが、やはりこの団塊の世代、いわゆる60歳定年が過ぎましてこの団塊の世代の日常生活の動き、こういったところの一つの問題、あるいは二つ目には、地方経済が中央の動きとは別まではいかないにしても、やはり地方においてなかなか上向きにならない、そして停滞をしておるというようなこと。 もっと読む
2018-07-20 雲南市議会 平成30年第1回臨時会 (第1日 7月20日) 今、この分岐点に立って、子や孫たち、将来世代に安心して住めるふるさとを残すために、原発ゼロの島根の実現を決断することを国、県へ強く要望すべきであることを強く求めて、討論を終わります。 ○議長(藤原 信宏君) 次に、賛成者の発言を許します。賛成討論はありませんか。              〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(藤原 信宏君) ほかに討論はありませんか。  細田實君。 もっと読む
2018-06-28 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第5号 6月28日) 若い世代の手助けとなるよう、市として、医療費負担軽減のさらなる支援が必要との考えから採択すべきとの意見がありました。   もっと読む
2018-06-15 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第4日 6月15日) 琴ヶ浜の地域を利用しながら、琴ヶ浜を生かした世代間交流をしていき、地域の活性化、あるいは健康増進を図るような事業でございます。カナディアンカヌーとか伝馬船とかという海上遊覧をするとか、いろんなリラクゼーション行動を、体操をするとか、そういうふうな事業になっているものでございます。  事業内容といたしましては、講師謝金ですとか印刷経費、備品購入が対象となるものでございます。 もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) また、道路、公園、学校などの資産の老朽化を示す有形固定資産減価償却率や、資産形成に係る将来世代の負担割合を示す将来世代負担比率などの各種財政指標及びその分析結果などを考えております。   もっと読む
2018-06-14 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第4日 6月14日) これから議論が深まっていくと考えておりますけれども、これまでの取り組みといたしましては、雲南市では、昨年度、高校3年生を対象に行ったアンケート調査では、将来雲南市で働きたいと答えた生徒がおよそ6割、それから、将来雲南市で暮らしたいと答えた生徒はおよそ7割となっており、将来世代においては一定の土壌が育ちつつあるというふうに考えているところでございます。   もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) 本市の施策も先ほど政策企画部長も答弁がありましたが、新築住宅に対する例えば子育て世代の税制上の優遇制度はありますけども、中古住宅を子育て世代がリフォームをしても優遇制度の対象とはなっていない。また、Uターン者への空き家の改修制度、50万円とかいう制度がありますけども、市民が活用しても同様の制度はないと。 もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) 大変、私個人的にといたしましても、大変その辺は悩ましいところでございまして、議員さんがおっしゃるように、いつだ、いつだと言われましても、先ほど言われましたように、いろいろ地域の方、保護者の方、今これから小学校に上がられる保護者の方等々、また若い世代といろいろ議論を交わしながら、一番いいベストな形で持っていきたいと思っております。ただ、それを何年も先に先延ばしにするということは毛頭ございません。 もっと読む
2018-06-13 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第3日 6月13日) 折しも今議会に提出された一般会計補正予算には、子育て世代住宅用地分譲事業が取り上げられ、わずか690万2,000円ではありますが、この課題への取り組みを具体化されています。こうした取り組みは大いに歓迎するものであります。今後の展開を含め、町長の所見を伺います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。   もっと読む