329件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

1990年前後から登校が増嵩し、いじめ問題など学校の抱える課題が増加しました。貧困と格差が広がる中で子育てへの不安や困難が深まり、保護者とのかかわりも複雑さを増し、教職員の負担は大きくなりました。しかも同時期に国や自治体は全国学力テスト、自治体独自の学力テスト、行政研修の増大、教員免許更新制、人事評価など多くの施策を学校に押しつけてきたのであります。

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

登校、いじめ、問題行動、虐待はどれも予防、対応、見届けが必要であります。大田市におけるいじめ問題は、どのような状況でどのように対応しているのか、まず伺うものであります。 ○議長(石橋秀利) 川島教育部長。 ○教育部長(川島穂士輝) 御質問の学校におけるいじめに関する状況と対応についてお答えを申し上げます。  

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

1990年前後から登校の増加、いじめ問題など、学校の抱える課題がふえました。また、貧困と格差が広がるもとで、子ども・子育てへの不安や困難が深まり、保護者とのかかわりも複雑さを増しました。こうしたもとで教職員の負担はふえざるを得ませんでした。しかも、同時期に国は、全国学力テストや行政研修の増大、土曜授業、教員免許更新制、人事評価、学校評価など多くの施策を学校に押しつけました。

大田市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日)

いじめの認知件数の中でも、心身の安全や財産に影響を与えたり、登校につながる重大事態も増加しているようであります。子供たちの変化、異変に早く気づく中で、学校、家庭、地域が一体となって問題に対応する、強い体制づくりが欠かせないと感じております。  

出雲市議会 2018-12-05 平成30年度第3回定例会(第2号12月 5日)

続いて、日本語能力や学校制度になじまないとの理由で、学校生活に適応できにくい児童生徒への対応についてのお尋ねでございますが、現在、先ほど申しました本市の小中学校に在籍している外国籍児童生徒のうち、登校の児童生徒はおりません。  

雲南市議会 2018-12-04 平成30年12月定例会(第4日12月 4日)

前年度の登校も小・中・高校合わせて全国で約19万4,000人で、過去最多となりました。さまざまな対策がとられても成果が出ないということは、もっと根本的な問題があるからだろうというふうに思います。戦後つくり上げられた教育制度、システム、これが今の時代、今の子供たちには機能しなくなったんではないかなと私は思っています。本市の現状と対策について改めて問いたいと思います。

出雲市議会 2018-09-03 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日)

また、登校になる児童もいます。市内の小中学校における洋式トイレの達成率はどのようになっているのでしょうか。  次に、エアコンの設備についてです。  今年は例年になく暑い日が続きました。テレビでは毎日のように高温注意報が出ている始末です。子どもたちは気温が高い日には一部を除き扇風機で対応している状況です。

奥出雲町議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会(第3日 3月15日)

一つは、登校の子供たちは全国に13万4,000人もいると言われております。そうした中で、フリースクールをやられている女性の方の体験といいますか、ちょっと御紹介します。  焦らずいきましょう、一歩ずつ。お子さんのペースで成長することは大切ですから。子供の登校などで悩む親に寄り添うように語りかける。登校となった小・中学、高校生の居場所として学習指導などを行うフリースクール。

雲南市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日)

○議員(3番 松林 孝之君) それぞれの子供たちは、さまざまな経験から登校状態になるというふうに言われています。小さなささいなことがきっかけであっても、それが蓄積されることである日突然学校に行けなくなってしまいます。そこには成長過程において発達上の課題があったり、あるいはその特性というものがあったりします。それと同時に、もう一つの大きな要因として家庭環境であるというふうにも言われています。

出雲市議会 2018-02-18 平成30年度第4回定例会(第1号 2月18日)

登校・いじめ等への対策や特別支援教育については、さらなる充実ときめ細やかな支援を行うとともに、未然防止に向け、児童生徒のソーシャルスキルや自尊感情の育成を目的とした新たな取組みを行います。  また、学校給食については、常に安全・安心な提供ができるよう、細心の注意を払ってまいります。  小中学校の再編については、本年4月、朝山小学校及び乙立小学校を統合し、みなみ小学校として開校します。

雲南市議会 2017-12-13 平成29年12月定例会(第4日12月13日)

ひきこもりと登校に関してです。  ひきこもりは、国の定義によりますと、仕事や学校に行かず、かつ家庭の以外の人との交流をほとんどせず、6カ月以上続けて自宅にひきこもっている状態のことのようです。時々買い物などで外出することもある人を含めると、全国で300万人以上という推計もあるようです。市におけるひきこもりの実態と社会参加などの対応はどうなされているのか、伺いたいと思います。

出雲市議会 2017-12-04 平成29年度第4回定例会(第2号12月 4日)

資料によりますと、登校につきましては、欠席日数の累計が30日以上である登校児童生徒数、そして欠席日数の累計が30日未満の児童生徒数とも増加傾向にありまして、特に小学校で増加している傾向にあるのが目立っているところであります。  また、いじめなど問題行動につきましては、生徒間暴力が大幅に増加していること、そして、いじめの被害人数、加害人数がほぼ倍増していることが注視されるところであります。

出雲市議会 2017-09-05 平成29年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

同時に先生たちを取り巻く環境につきましては、今、登校やいじめ、虐待、SNSへの対応など、課題が多様化していることに加えまして、国や県などに提出するさまざまな報告書や、保護者に向けたプリントの作成、生徒の体調の目配りや、部活動の指導など、次々と増える仕事に追われて、生徒としっかり向き合えることができない先生も少なくないというふうに言われております。  

松江市議会 2017-09-01 平成29年第4回 9月定例会

あわせて、市の推進室が管轄している青少年相談室も登校、いじめ等の相談窓口となっている。これまで事案によっては直接御相談をされる保護者の方もおられるなどの答弁がありました。 次に、本陳情の継続審査の申し出があり、採決の結果、賛成少数により本日結論を出すべきものと決しました。 

雲南市議会 2017-09-01 平成29年 9月定例会(第1日 9月 1日)

雲南市教育魅力化構想の策定に向け、新たな学習指導要領への対応や魅力ある高校づくり、登校対応のあり方など喫緊の教育課題について広く議論することとしております。  次に、「挑戦し活力を産みだすまち」に関する政策についてであります。  まず、SWS西日本株式会社島根工場の閉鎖に伴う離職予定者の支援について述べます。  

出雲市議会 2017-06-09 平成29年度第2回定例会(第4号 6月 9日)

また、登校についても喫緊の課題と考えています。登校の児童生徒が学校復帰を果たせるよう、一人ひとりの状況に応じた支援を行っていきますが、一方で、児童生徒の多様な教育機会の確保の観点から、特に教育支援センターの指導体制の強化や教育内容の充実を図り、児童生徒の社会的な自立を図っていきたいというふうに考えております。