95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安来市議会 2020-12-15 12月15日-04号

三島議員 ◆6番(三島静夫君) 1点だけ聞かせてください。 事業内容の1の①のところで、6月分の児童扶養手当の支給を受けている者ってあるんですけど、そこの6月分の扶養手当が基準となってるんですけど、それ以降に例えばお子さんがお生まれになってもう1人増えたというような、そういう事例はあるんでしょうか。それで、そういう方は対象になるのか、ちょっとお聞かせください。 ○議長葉田茂美君) 高木部長

松江市議会 2020-12-09 12月09日-04号

現在の取組でございますが、宍道湖漁業振興については、昨日、三島議員にお答えいたしましたとおり、国の覆砂事業浅場造成により、湖の底質が改善され、ヤマトシジミ個体数が増加しているところでございます。また、宍道湖漁協が実施するウナギ、スジエビ、フナの放流事業により資源回復が図られており、本市もその経費の一部を支援しております。

松江市議会 2020-12-08 12月08日-03号

議長森脇幸好) 三島議員 ◆30番(三島良信) 次に、小規模農家農業振興について伺います。 大規模圃場による農業経営を否定するものではありませんが、松江市においては圧倒的に小規模農業従事者が多いところでございます。後継者の問題、農地の形成が悪い、用排水路などの構造物老朽化が進むなど、課題は多くあります。 

安来市議会 2020-12-01 12月01日-01号

議長葉田茂美君) 三島議員よろしゅうございますね。            (6番三島静夫君「ありがとうございます」と呼ぶ) 以上で本日の日程は終了いたしました。 次回本会議は12月3日午前10時から一般質問を行います。 本日はこれにて散会いたします。 ご苦労さまでした。            午前11時40分 散会...

安来市議会 2020-11-04 11月04日-01号

三島議員 ◆6番(三島静夫君) 1点だけ。バス修理代というのは大体どれくらいかかられたんですか。それで、それはどこが負担するのか教えてください。 ○議長葉田茂美君) 前田政策推進部長。 ◎政策推進部長前田康博君) バス損害額といたしましては、これは89万5,000円かかっております。一部自己負担をお願いもしております。いずれにしましても、保険の中での適応というふうになっております。

松江市議会 2020-03-03 03月03日-03号

議長森脇幸好) 三島議員 ◆7番(三島伸夫) わかりました。 続きまして、ちょっと市税とは別な項目でございますけれども、今議会において提案される松江債権管理条例について質問いたします。 税金など元来支払わなければならないものは、管理台帳を整備し、進捗管理を徹底し、訴訟手続による支払い催告強制執行等を実施することは必要であると考えます。

松江市議会 2020-03-02 03月02日-02号

これらは、かつて三島議員のほうからも御指摘がございましたけれども、中国地方では唯一島根県だけが市町村から負担を取っているという事業でございます。 今回、こうした新たな財源が創設されたことによりまして、今後私どもといたしましては、県の管理河川につきましては、管理者において直接実施をするか、あるいは費用の全額を負担していただくと、このように要望していきたいと思っているところでございます。 

安来市議会 2019-12-17 12月17日-04号

三島議員 ◆5番(三島静夫君) ありがとうございます。この木が垂れ下がった原因というのはわかっておられるんでしょうか。 ○議長田中武夫君) 花谷部長。 ◎建設部長花谷吉文君) 原因につきましては不明でございますが、例えば自然的に風雨により折れた、あるいはあそこ大型車両が結構通りますので、そういった大型車両によって枝が折れたというようなことも考えられます。不明でございます。

安来市議会 2019-12-05 12月05日-03号

〔5番 三島静夫君 質問席〕 ○議長田中武夫君) 三島議員質問は一問一答方式質問時間は50分間です。 三島議員 ◆5番(三島静夫君) 議席番号5番、会派創世三島静夫でございます。 議長のお許しをいただきましたので、一般質問を一問一答で行わせていただきます。失礼しました。よろしくお願いいたします。 

安来市議会 2019-12-04 12月04日-02号

議会だよりに討論と題して賛成三島議員発言、反対の立場で向田議員発言が掲載され、市民の方々からいろいろな意見を聞きました。私は賛成をいたしました。向田議員発言に対し、執行部のほうが対応されれば課題が1つ解決していく、前進すると思います。その一つに、需要予測が曖昧で分譲がスムーズに進まないとの懸念があっております。