9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

また一方、クマタカにつきましては議員御指摘のとおりカテゴリー的には絶滅危惧I類に分類されており、島根レッドデータブックに掲載されている鳥獣でございます。ただ、県も場所を特定して調査してはおられず、生息地、営巣等の実態は公表されていない状況でございます。したがいまして、いずれにいたしましても雲南市として市の鳥の制定につきましては現時点では考えておりません。 ○議長(山﨑 正幸君) 藤原政文君。

大田市議会 2014-12-04 平成26年第 7回定例会(第2日12月 4日)

ことしは静間川にサケが遡上し話題となっていますが、アユなど川を遡上する魚に対する魚道の確保やしまねレッドデータブック絶滅危惧に分類されているミナミアカヒレタビラ等保護活動など、大田市の宝である豊かな自然を守っていくための活動や自然環境に配慮した河川の整備を進めるべきと考えますが、以下2点について伺います。  

雲南市議会 2010-12-06 平成22年12月定例会(第3日12月 6日)

環境省レッドデータブックにも絶滅のおそれのある地域個体群ということで、狩猟禁止をされているという状況でございます。したがいまして、島根県では、広島県山口県、各県と連携をして、特定鳥獣保護管理計画というのを策定をされ、3県共同でツキノワグマ保護管理を行っているという状況でございます。  

出雲市議会 2007-03-04 平成19年度第5回定例会(第5号 3月 4日)

それで、このシカでございますけれども、絶滅の恐れがあるということで島根野生動物を集めたしまねレッドデータブックというものに登録されておるわけでございますけれども、これで保護する理由というのを調べてみますと、これは皮肉なことでございますが、シカの食害によって食物が不足して、シカ自体が餓死して激減する恐れがあるということで、これは保護しなければいけないということに書いてありまして、非常に矛盾した、あるいは

大田市議会 2005-06-08 平成17年第409回定例会(第2号 6月 8日)

今、失われつつある自然の1つとして、島根レッドデータブックに載っている絶滅のおそれのある野生動植物があります。  豊かな自然に恵まれていることを最大の特徴とし、財産としているこの大田市には、これら稀少動植物がまだ多く生息する環境が残っており、どのように守っていくのか、具体策が問われています。  

大田市議会 2003-06-10 平成15年第397回定例会(第3号 6月10日)

まず、稀少動植物の現況につきましてでございますけれども、平成3年に当時の環境庁から発行されました「日本絶滅のおそれのある野生生物」と、平成元年に日本自然保護協会、世界自然保護基金日本委員会から発行された「我が国における保護上、重要な植物種の現状」とを、日本レッドデータブックと呼んでおります。  

  • 1