1037件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲南市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第6日 3月 8日)

除雪ルール自主組織と市の建設課が話し合って取り決めたそうです。例えば連担地除雪で家の前にできた雪は、自治会内で処分する。苦情、要望は、自治会長連合自治会経由で市の建設課に出す。これは住民、市役所にとってメリットがある話じゃないでしょうか。市の全員が一気に苦情が来れば、市は大変でしょう。メリットがあるよい取決めだと思います。

浜田市議会 2021-01-26 01月26日-01号

指定期間ルールを明確にする必要があるのではとの質疑がありました。これに対して、施設のリニューアルなど個別に発生した事案を考慮して3年と判断することもある。今後は、指定期間についてルール化できるよう整理して示したいとの答弁がありました。別の委員からは、浜田市指定管理者選定委員会委員9名が、他の施設選定委員と同じであるのかを確認する質疑がありました。

大田市議会 2020-12-18 令和 2年第 10回定例会(第5日12月18日)

あわせて、GIGAスクール影響もあって、情報推進機器類不足をしているため、年度を繰り越して事業を進めるので、今後、体制ルールづくりを図りながら、令和4年3月までにはシステム構築を含め運用を図りたいとの説明がございました。  これに対し委員からは、文書管理を含め、職員が使いこなせるシステムワーク構築していただきたいという意見がございました。  

安来市議会 2020-12-15 12月15日-04号

款民生費放課後児童健全育成事業について、委員より、赤江と十神第2クラブは施設整備を行っても1年から6年まで受け入れる規模にはなっていないかとの質問に対し、執行部からは、床面積が1人当たり1.65平米必要だというルールがあり、6年まで預かれる規模施設ではないとの答弁でした。 12款公債費市債繰上償還について、委員より、今まで決算剰余金が出ても財政調整基金に積立てを行っていない状況である。

雲南市議会 2020-12-14 令和 2年12月定例会(第4日12月14日)

また、政治や選挙仕組みを教えたり体験的に実感したりするだけでなく、議員先ほどおっしゃいますように選挙にはルールがあり、公正な選挙が行われていることが大切であることに気づかせる指導も同様に重視しなければならない事項であるというふうに考えております。 ○議長(佐藤 隆司君) 中村辰眞議員

浜田市議会 2020-12-04 12月04日-05号

家庭でのオンライン学習実施に当たっては、インターネット環境がない家庭への対応通信費用負担方法利用ルールの徹底など、解決すべき課題があると認識をいたしております。それらの対応を早急に行い、GIGAスクール構想の目的であります誰一人取り残すことのない創造性を育む学び、そういったものを実現してまいりたいと考えております。 ○議長川神裕司) 澁谷議員

奥出雲町議会 2020-11-27 令和 2年第4回臨時会(第1日11月27日)

奥出雲町職員期末手当については、これまで県人事委員会勧告に準じるというルールでありましたが、今回は引下げであります。この引下げは、町民の命と暮らしを必死に守る公務労働者町職員に冷や水を浴びせるものではありませんか。  県人事委員会勧告には多くの問題があります。第1に、町職員賃金引下げにより町内全ての労働者の賃下げにつながるという悪い波及効果があります。

大田市議会 2020-09-30 令和 2年第 7回定例会(第5日 9月30日)

市立病院には、一般会計からルール分、11億4,390万円が繰り出されております。総合医療学講座によります地域医療に貢献をしてもらっておりますが、厳しい財政状況は続いております。この対策等経営力を備えたコンサルタントを入れた善処策を見いだしたいとの答弁もありました。  環境生活部関係であります。楫野部長から説明がありました。

大田市議会 2020-09-14 令和 2年第 7回定例会(第4日 9月14日)

といいますのは、特別に国のほうから地方創生拠点整備交付金を2億2,500万円、これを受ける中で、この扱いについては基金条例を設けてやりなさいというルールがあるということでございましたですけれども、そういう扱いに、特例扱いにして、複雑な状況で、私には分かりにくいこの補正の状況になっておるわけですけれども、やらざるを得なかったのか、この道しかなかったのかということで、不用額で最終的に処理しますよということですけれども

江津市議会 2020-09-09 09月09日-03号

総務課長佐々木章夫) 江の川水系治水協定におきましては、事前放流におけるルール、運用方針及び実施方針だけでなく、それに伴う緊急時の連絡体制構築情報共有の在り方についても盛り込まれ、共有された情報を基に各施設操作による水害被害の低減を図っていくものとなっており、協定締結者間での連携強化が図られたものとなっております。 

益田市議会 2020-09-09 09月09日-04号

その内容としては、やはり一般質問ルールに関するものが最も多かったところです。 そして、今回の文書での申入れに先立っても、議会事務局を通してあらかじめ打診をしたところであり、また議長内容について一定の御理解、もちろん、これは全てもっともで承知したということではありませんけども、こういう文面での申入れをすることについて、一応事務的な協議を済ませた上で、正式な申入れを行ったところであります。

江津市議会 2020-09-08 09月08日-02号

環境省、環境再生資源循環局廃棄物適正処理推進課、ここが担当課だそうなんですが、ここへ確認すると、特定避難災害指定されれば、どの災害でも活用できるよう制度が変更されたが、2年前とこの制度の条件、ルールは変わっていないということでした。となると、江津市の判断、対応が変わったことになりますが、2年前は今回と違って、なぜ制度が活用されなかったのか、答弁を求めます。