運営者 Bitlet 姉妹サービス
763件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第4号12月 7日) しかし、近年では、災害防止に加え事前防災・減災、選択と集中などの観点から、浸水リスクを評価し、雨水整備の優先度の高い地域を中心に浸水対策を推進することとしている。」ということで、ちょっと都市部のことは除いて、「一方、雨水の未整備地区が多く残っている地方都市などにおいては、選択と集中の観点から、浸水対策を実施すべき区域を明確化し、期間を定めて集中的に実施することが求められている。 もっと読む
2018-12-06 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第3号12月 6日) 特に被害が大きく、毎年のように日本のどこかで起こる豪雨災害、気候変動の影響により、水害のリスクは高まっており、出雲市のように斐伊川や神戸川をはじめとする大小多数の河川が還流し、水害を受けやすい地形となっている地域では、災害はめったに起きないものではなく、頻繁に発生して、そのたびに命を脅かすものという意識を持つべきであり、自治体の災害対策の充実は喫緊の課題であると考えております。 もっと読む
2018-10-09 奥出雲町議会 平成30年第3回定例会(第2日10月 9日) 農業共済制度の改正による農家のさまざまなリスクに備えることについてお聞きをいたします。  農業者へのサービス向上と負担軽減の観点から、今年4月から農業保険法(改正農業災害補償法)が施行され、来年1月以降に開始する共済責任期間(農産物共済は平成31年産)から農業共済制度の見直しが行われます。 もっと読む
2018-09-06 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第5号 9月 6日) 次期可燃ごみ処理施設の建設・運営につきましては、施設の機能維持のリスク軽減や専門技術者の確保、それから施設運営経費の経済性の観点から、現在のエネルギーセンターは公設公営方式でございますが、今回は近年全国的に採用の多い、施設の設計、デザインですね、それから施工、ビルド、運営、オペレートでございますが、これを民間事業者に包括的に委託するDBO方式としたところでございます。 もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 公共施設の整備・運営に民間のノウハウを活用するということにより、ライフサイクルコストの縮減が図られ、また、施設を管理・運営する上でのリスクを民間と分担することになってまいります。  このPFI方式の導入の目的は、効率的かつ効果的な公共サービスの提供や、行政と民間の新たな連携による民間事業の拡大などでございます。 もっと読む
2018-06-14 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第3日 6月14日) なお、2号機の再稼働及び3号機の新規稼働につきましては、国が直接、市民及び自治体に説明するとともに、原発事故のリスクを鑑みて、立地自治体の意見が最大限尊重されることはもちろん、UPZを含む周辺自治体の意見も十分に反映できる新たな法制度を構築することを、島根県市長会を通じまして国に対し要望しているところでございます。 ○副議長(林 茂樹) 大谷健康福祉部長。              もっと読む
2018-06-14 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第3号 6月14日) 原子力災害のリスクがある以上、発言の権利を求めていくことは当然であり、引き続き中国電力に対し立地自治体並みの安全協定の締結を求めていく考えであります。  最後に、原発に関する市民アンケートをとり、住民の声を聞くべきだと考えます、市長の見解を伺いますとのお尋ねがございました。  市民からのご意見が重要なことは承知をしております。 もっと読む
2018-06-13 大田市議会 平成30年第 3回定例会(第2日 6月13日) しかし、挑戦には不安とリスクが伴いますので、より使いやすいような先進地視察制度やプレゼンや異業種との座談会などの場を積極的につくっていただき、少しでも不安を軽減して、人材育成につなげていただければと思います。そのあたりの所見、伺います。 ○議長(石橋秀利) ちょっと根冝議員に申し上げますけれども、一問一答方式でございますので、その辺はちょっと御了解願いたいと思います。 もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) 経済性は、決して原子力発電が安い電力でないことが、事故のリスクを含め、さまざまな数字によって示されています。環境への適合性は、核のごみの処理、福島の現実を見れば、全く適合性はありません。  火力への依存度を低下させ、あるいは火力発電が老朽化しているので3号機が必要との説明がされていますが、原発を動かせば火力発電を閉鎖してもよいということは決してありません。 もっと読む
2018-06-13 出雲市議会 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日) このUPZは、確率的影響ではなくて、確定的影響のリスクを最小限におさめるための範囲ということになります。  出雲市は、市の半分近くが原発から30キロ圏内にありますが、逆に言うと、半分以上の地域は30キロ以上の地域になります。29キロが悪くて31キロがいいとか、そういう問題ではないんです。議論したかどうかというのが問題なんです。   もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) したがいまして、GAP認証を取得することは、農場、産地でリスク管理を実施していることが客観的に証明されることでございます。農場管理のよし悪しを見える化することになります。   もっと読む
2018-06-01 浜田市議会 平成30年 6月定例会 さらに、5月には、またも浴場からレジオネラ菌が検出され、リスクマネジメントの欠如を露呈し、また今回示された補正予算の根拠となる収支計画は直営前と変わらないどころかむしろ収益が悪化した計画であり、経営の改善も目標の設定もなく、経営マネジメントが全くできていないと思います。 この補正予算を認め、改善もないままに事業を継続する大義名分はもはやありません。 もっと読む
2018-03-22 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月22日) 来客数に応じた経営状況のため収益も上がらず、町にとって経営リスクもありますと。今回、株式会社道の駅おろちループを解散するということでございます。奥出雲町第三セクター等改革プランの策定の中でも、早期に民間での経営が望ましいとの答申を受けておる。それらを勘案しながら、このたび公募をかけ、民間へ指定管理者を移すことにしたいということでございました。   もっと読む
2018-03-07 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日) 施設運営開始後につきましては、リスク分担などについて指定管理に関する協定書に定めまして、市、指定管理者の分担を明確にしておく必要があるというふうに考えております。 ○議長(藤原 信宏君) 中林孝君。 ○議員(2番 中林 孝君) 瑕疵責任のことについて伺ったんですが、住宅建設等を建設する場合に、瑕疵担保責任というのがございます。建設部長なら当然御存じでございます。簡単にお答えいただけますか。 もっと読む
2018-03-06 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第4日 3月 6日) 胃がんになるリスクが高まるとされるピロリ菌は、近年の研究で胃がんとの関連が指摘されておりますけども、国から示されておりますがん検診実施のための指針におきましては、集団検診におきまして、現状、推奨されていないということが状況でございます。国、県の指導に基づき、現在は実施をしていないという状況でございます。   もっと読む
2018-03-01 安来市議会 平成30年第 94回 3月定例会 また、新規の特産品については、担い手やリスクの問題、あるいは支援の方法など、さまざまな課題があり、今後の担い手の掘り起こしのためにもいただいた意見を参考にして進めさせていただくとの答弁でございました。 もっと読む
2017-12-18 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第5日12月18日) 市内事業者の中には、ECI方式のプロポーザルにおいて実施設計完成までの間の物価変動のリスクは実施設計協力業者が負うこととか、VE提案等で変更された実施設計の工事費に物価変動が加味されることはECI方式のプロポーザルに違反することとか、物価変動の3%の根拠が示されていないなどの疑念があることは確かでございます。 もっと読む
2017-12-18 大田市議会 平成29年第 5回定例会(第5日12月18日) 市内事業者の中には、ECI方式のプロポーザルにおいて実施設計完成までの間の物価変動のリスクは実施設計協力業者が負うこととか、VE提案等で変更された実施設計の工事費に物価変動が加味されることはECI方式のプロポーザルに違反することとか、物価変動の3%の根拠が示されていないなどの疑念があることは確かでございます。 もっと読む
2017-12-07 奥出雲町議会 平成29年第4回定例会(第2日12月 7日) また、社会保険に守られる労働者や国民がいることで、企業は労働者が抱える疾病、介護、失業等で予想を超える個別的費用支出を回避できることから、リスク分散のため応分の保険料支払いが求められます。これらの負担は社会保険における社会扶助原理と呼ばれ、社会保険においては支払い可能な人が保険料納付となります。 もっと読む
2017-12-05 出雲市議会 平成29年度第4回定例会(第3号12月 5日) エラーのリスクを回避すべく、災害と医療に通じる消防吏員の配置が平時から求められます。  もう一つは、近年の災害対応において、指揮命令系統と各機関の調整系統を早期に確立させること。このことが最も重要であるとさまざまな機関において認識されていることです。 もっと読む