122件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3日 3月14日)

町長、今回の予算選挙後初めてですが、マニフェストにお書きになったり公約されたということに対しての予算のできぐあいはどうでしたか。私にも、こういう番号、今番号で答えてください。1番、全くだめだったと。2番、思ったよりだめだったと。3番、普通。4番、まあまあできた。5番、大変よくできた。何番ですか。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

奥出雲町議会 2017-03-14 平成29年第1回定例会(第2日 3月14日)

そして町長マニフェストにおける位置づけ、保育事業の目的からの実績、有効性と評価を伺います。 ○議長(岩田 明人君) 安部教育長。 ○教育長(安部 隆君) 議員の御質問にお答えいたします。  平成27年度から始まりました子ども・子育て制度は、保育士処遇改善の加算を始め、3歳児配置改善加算や小学校接続加算、また療育支援への加算等も加わり、保育の質と量の確保並びに子育て支援の充実を図るものであります。

雲南市議会 2016-12-13 平成28年12月定例会(第3日12月13日)

先月、11月の選挙戦で、私は豊かな地域を目指してという初陣で掲げましたマニフェストをさらに実現するという公約に戦ってまいりました。子供や若者たちにとって夢や希望を抱ける地域、働く世代子育て世代にとって活力とにぎわいのある地域、そしてシルバー・高齢者の皆様にとって日常生活とコミュニティーが安心して営める地域、これこそが私が目指す豊かな地域であり、いかにそれを具体的に施策として実現するか。

大田市議会 2016-09-08 平成28年第 5回定例会(第2日 9月 8日)

私は、これだけ財政難だ、あるいは使用料の見直し、いわゆる引き上げやる前にはこういう点を統一的に同等にやるように私はマニフェストでもつくって、28カ所に徹底した指導をするべきがまず優先ではないかなと思うんですが、どうですか。 ○議長(内藤芳秀) 原田政策企画部長。 ○政策企画部長(原田 修) まちづくりセンターを所管する私のほうからお答えをさせていただきたいと思います。  

大田市議会 2014-09-24 平成26年第 5回定例会(第5日 9月24日)

産業活力みなぎる大田の実現が市長のマニフェストの柱の一つとなっております。次年度に向け、しっかりと取り組んでいただくことを求めます。  なお、地域経済波及効果が大きい住宅リフォーム等促進事業は一律5万円で、利用が減るのではと思っていましたが、平成25年度、432件、全体工事費7億9,000万円余り、補助金額2,160万円であり、平成22年度並みの利用件数となっております。

大田市議会 2013-06-14 平成25年第 2回定例会(第3日 6月14日)

先般の3月議会で、次期市長選にも立候補されるという出馬表明もされたところでございますけれども、毎回選挙公約、マニフェストのほうを掲げていらっしゃいますが、このたびの選挙に向かわれる際には、ぜひとも地産地消率、特に学校給食地産地消率を、これまでの計画ではもう既にとっくに超えている数値でございますので、新たな数値目標を掲げていただきたいなと思っておるところでございますが、そのあたりの御所見をお伺いいたしまして

出雲市議会 2013-05-30 平成25年度第2回定例会(第2号 5月30日)

長岡市政1期目は、激しい選挙戦だったことやマニフェストを出されたこともあり、自分が市長になったら、こうしたいということがある程度明確になっていたと思います。今回の施政方針全体のトーンは1期目の延長線で、めり張りが感じられないとの印象を受けているのは私たちだけでしょうか。  

大田市議会 2013-03-07 平成25年第 1回定例会(第2日 3月 7日)

そうした取り組みによりまして、行財政改革を初め産業振興あるいは子育て支援、またそうしたことを柱とする定住対策、あるいは教育環境の整備であるとか、また生活・産業インフラの整備等々、さまざまな分野におきましてその取り組みの前進を見たところでありますが、しかしながら私自身、マニフェストに掲げておりますような安全・安心大田の実現、あるいは産業活力みなぎる、教育活力みなぎる大田の実現、子育て理想都大田の実現、

雲南市議会 2013-03-07 平成25年 3月定例会(第6日 3月 7日)

策定の過程なり今後の取り組み方針を示されましたが、これと特に最近出てきた問題としては、やっぱり市長、首長の掲げた有権者へのマニフェストですね、これとの整合性を図るために、4年単位にされるであるとか、さまざまな試みが行われております。そのぐらいこれを実効性のあるものにしようと思うと、もう一度これの意義なりをきちっと位置づける必要があると考えます。  

大田市議会 2012-12-11 平成24年第 7回定例会(第3日12月11日)

また、現在、真っただ中である衆議院議員総選挙におきましても、各党の政見公約、マニフェスト少子化対策子育て支援というフレーズが見当たらない政党は皆無であり、今や選挙の重要な政策としての位置づけは確固たるものとなりました。  さらに全国の地方自治体でも、少子化対策子育て支援は最重要施策として位置づけられ、あらゆる知恵を絞り、独自色を鮮明にした子育て支援が各地で展開されています。  

大田市議会 2012-09-27 平成24年第 5回定例会(第5日 9月27日)

そして、医療を初め、重要課題の解決に向け、マニフェストの実現に邁進する覚悟であると述べられています。これらの目標を一層進めていただくため、今まで申し上げたことを含め、重複する部分があるかもしれませんが、平成23年度決算の認定に当たりまして、委員会の総意として次の意見、提言をさせていただきます。  

大田市議会 2012-09-11 平成24年第 5回定例会(第3日 9月11日)

時間がありませんので、市長がマニフェストに芝生化について掲げておられました。久手小についてはモデル校ということで実現をしていただきました。今後、やはり市内の公園とか運動公園、そういったところで芝生化をさらに進めていく必要があるというふうに私自身思っておりますけれども、市長の最後に芝生化に関する所見をお伺いして、私の質問を終わりたいと思います。 ○副議長(中西義昭) 竹腰市長。

大田市議会 2012-09-06 平成24年第 5回定例会(第1日 9月 6日)

しかし、消費税増税は、政権交代を実現した2009年総選挙マニフェストを踏みにじる公約違反以外の何物でもありません。各紙の世論調査では、消費税増税法案成立を受けてもなお、消費税増税に反対する世論が5割を超すなど多数派であります。  また、この民・自・公三党が強行した消費税増税は、逆進性対策を先送りにし、富裕層へのわずかな増税も削除した、むき出しの庶民増税法であります。

出雲市議会 2012-09-05 平成24年度第3回定例会(第3号 9月 5日)

一方、前回、選挙時のマニフェストでは、「子どもも大人も豊かさを実感し、笑顔あふれる出雲に」、あるいは、「安心して子どもが産める環境づくり」とも表現をされています。  市内の認可保育所保育園の保護者でつくる出雲市認可保育所(園)保護者会連合会では、医療費助成制度の拡大と保育料の軽減を求める署名に取り組まれ、先ごろ、1万筆を超えて市長宛てに提出されています。  

出雲市議会 2012-06-29 平成24年度第2回定例会(第6号 6月29日)

マニフェストの問題あるいは長岡市長の公約というふうな声もありますが、何か私は巧妙性に焦り過ぎて走って、それしか見えてきません。そういう立場からこれに対しても、私は採択すべきという意見を申しあげて、私の討論を終わります。 ○議 長(宮本 享君) ほかに討論はありませんか。  小村議員。 ○12番(小村吉一君) 登壇 12番、日本共産党の小村吉一でございます。  

益田市議会 2012-06-19 平成24年第495回 6月定例会-06月19日−05号

というのは、マニフェストであったり公約であったり、そうした個人のいわゆるもので、マニフェストがそのままスライドして載っとるというふうに見えますし、一字一句変わっておりません。これが施政方針のどこに載っておるのか、どこにあるのかというのは、絶対にこういうようなもんを見ても施政方針、それから所信表明、これを見ましても、この63項目なんかは全部すべて載っとるということはありません。