運営者 Bitlet 姉妹サービス
554件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第6号12月20日) これは、現在使用を中止している出雲プールについて、出雲市公共施設のあり方指針に基づき、出雲プールを廃止するため、所要の条例改正を行うものです。  審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上、文教厚生委員会に付託を受けました案件の審査結果の報告を終わります。 ○議 長(福代秀洋君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。   もっと読む
2018-12-03 出雲市議会 平成30年度第3回定例会(第1号12月 3日) 議第43号は、出雲市公共施設のあり方指針に基づき、出雲プールを廃止するものです。  議第44号は、平田生活バスの運行の安全を考慮し、落石が頻発する路線の一部を廃止し終点を変更することに伴い、路線名称を改めるものです。  議第45号は、防火対象物の消防用設備等が違反対象物である場合に、その旨を公表できる制度を実施するものです。   もっと読む
2018-12-01 浜田市議会 平成30年12月 予算決算委員会 ◎井上地域福祉課長 簡易的に聞き取りをしたのは、工期の決定ではなくて、この指定管理を決める上での業務の仕様書の中で指定管理期間の中で今回の工事を行う見込みがあり、その中でプールを1カ月程度停止をしますと、その1カ月については休業補償等を行わないという仕様書を作成させていただいておりまして、この仕様書の作成のために工事期間の聞き取りを行ったところ、おおむね1カ月という回答がありましたので、そことの差異 もっと読む
2018-09-05 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第4号 9月 5日) 4点目、新聞報道などでプールの熱中症対策が大きく取り上げられました。水温が高いと子どもが熱中症になるおそれがあるということで、全国でプールの使用を中止した学校が相次いだとの記事です。そこで出雲市内の夏休みにおける学校のプールの運営状況について伺います。  5点目、今年の夏は、日中、公園で子どもが遊ぶ姿を見ることがありませんでした。 もっと読む
2018-09-04 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第3号 9月 4日) 三つ目に、老朽化したプールの改修についてです。市内で最も古いプールは稗原小学校で、1970年、昭和45年建設で、今年で48年になります。私が幼稚園に入った年にできたということですから、相当昔の話です。学校からプールの修繕要望が出され、補修はされてきましたが、今年も子どもたちが足の裏をけがするなどして、決して安全とは言えない状況が続いています。 もっと読む
2018-09-03 出雲市議会 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日) 次に、小学校では、40年以上たっているプールがあります。学習指導要領でプール授業が義務付けられています。古いプールの対応はどのようにしていくのか、答弁をお願いします。  以上です。 ○副議長(川上幸博君) 槇野教育長。 ○教育長(槇野信幸君) 登壇 ただいまの板倉明弘議員の学校を取り巻く課題についてのご質問にお答えをいたします。  初めに、学力学習状況調査の結果についてのお尋ねでございます。   もっと読む
2018-06-13 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日) ○議員(3番 松林 孝之君) 65歳以上の方に半額の割引券等々、年間会員になられたらというものを今考え中ということでございますが、このプール利用ですね、このB&Gそのものでのプール利用とトレーニングルームの利用、さらには体育館利用など、一度に来場されて複数の利用をされる方も当然いらっしゃいます。 もっと読む
2018-06-12 奥出雲町議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月12日) また、三成地区の住民として、子供の通学路の話、プールの話等々、懸念される点もいただいておるところでございます。そのような話し合いの経過を踏まえまして、議会のほうには本議会の間において教育委員会から説明をする予定となっております。 ○議長(岩田 明人君) 大垣照子議員。 もっと読む
2018-06-12 雲南市議会 平成30年 6月定例会(第2日 6月12日) 市としましても、プール利用、水中運動の効果をしっかりとPRし、施設の利用促進及び健康づくりを推進しながら、経営の安定化に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(藤原 信宏君) 堀江治之君。 もっと読む
2018-03-23 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第7日 3月23日) この条例は、加茂中央公園B&G海洋センターのプールを温水化するに当たり、プール、トレーニングルーム等の利用料金を改めるものです。  料金設定は近隣を参考にしたのかとの問いに、宍道B&Gを参考に同等あるいは下げる形で設定した。 もっと読む
2018-03-22 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月22日) 教育費では、教育魅力化統括プロデューサー事業650万円の目的・内容確認、教育魅力化事業800万円の内容確認、三成小学校整備事業4,607万2,000円の測量設計費確認、横田小学校プール改築事業1,873万2,000円の改築事由等についての確認など、詳細な審議の結果が報告されました。  4、総括。 もっと読む
2018-03-22 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第5日 3月22日) また、小学校の屋外プールの老朽化対策も今年度されるが、屋内プール建設についても、そろそろ検討するべきではないのかの2点でありますので、今後の執行計画では、適宜判断いただきたいと申し上げておきます。  続きまして、第449号、平成29年度大田市一般会計補正予算(第6号)について、主な意見2点について御報告いたします。   もっと読む
2018-03-13 奥出雲町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月13日) 今後の具体的な事業といたしましては、道路等の生活インフラの整備を初め、玉峰山荘の施設大規模改修事業、三成公園ホッケー場の改修事業のほか、特に学校、福祉については重要課題と考えており、三成小学校の改築工事と横田小学校プール移転工事に係る設計業務や、老朽化が進む奥出雲福祉センター、介護老人保健施設についても、修繕に向け検討を進めてまいります。 もっと読む
2018-03-09 大田市議会 平成30年第 1回定例会(第4日 3月 9日) ○教育部長(田中純一) これにつきましては、かねてから民間事業者から温泉津中学校の校舎、校庭、プールの一括での譲渡の希望がありましたところでございます。この要請によりまして、その後、御活用いただけるように対象用地の確定等、準備を進めてきておったところでございますが、結果として、お互いの条件が合わなくて、譲渡に至らなかったということでございます。   もっと読む
2018-03-08 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日) 子供から高齢者、障がい者など、それぞれに合った運動プログラムをつくって対応していくことになっており、単なるトレーニングルームや温水プールがあるだけの施設とは違う中身だと理解しています。多額のランニングコストがかかることから、利用者の確保などしっかりとした運営がなされなければなりません。   もっと読む
2018-03-07 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第5日 3月 7日) 市内には、議員おっしゃいますように、今のB&Gを初め、おろち湯ったり館、三刀屋健康福祉センターの温水プール、そしてケアポートよしだのこの3つの温水プールがあります。各施設を管理してる団体が自主的に教室などを展開をしていただいておるというところでございます。   もっと読む
2018-03-05 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第3日 3月 5日) そこで、1点目、雲南市健康づくり拠点整備事業は、加茂B&G海洋センターの改修工事が5月末に完成し、いよいよ温水プールとして4月にオープンします。その本年を健康推進元年と位置づけ、改めてオール雲南・健康都市宣言のスローガンを掲げ、全市民挙げて推進し、健康長寿、生涯現役の促進につなげる必要があると考えますが、見解を伺います。   もっと読む
2018-03-01 雲南市議会 平成30年 3月定例会(第1日 3月 1日) 新たにプールの個人使用料、1カ月、3カ月、年間使用料の設定及び団体、トレーニングルーム、第2体育館、空調利用の使用料を設定するものであります。よろしくお願いいたします。     ───────────────────────────────  議案第17号 公の施設の指定管理者の指定について     ───────────────────────────────  非公募であります。   もっと読む
2017-12-19 松江市議会 平成29年第5回11月定例会-12月19日−05号 指定管理者の中で一定金額をプールして、直ちに修繕に当たるなど、指定管理を受ける側にも意欲的に物を進めることができるよう、またその施設についても良好な条件で貸し出しができるようにしていただくようお願いしたいとの発言があり、また一委員より、賛成はする。観光施設であるので、修繕費用について考えていただきたい。 もっと読む
2017-12-12 雲南市議会 平成29年12月定例会(第3日12月12日) 原発を再稼働すれば、計算上わずか6年で全ての原発の使用済み核燃料貯蔵プールが満杯になると言われています。処理方法のない核のごみという点からも、再稼働路線は完全に行き詰まっております。このことからも、直ちに原発ゼロを目指すべきではないでしょうか。再三申し上げますが、市長の見解をもう一度求めます。 ○副議長(山﨑 正幸君) 速水市長。 ○市長(速水 雄一君) 先ほど申し上げたとおりでございます。 もっと読む