8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

浜田市議会 2020-06-20 06月20日-02号

今残飯とかいろんな食べ物がたくさんあって、今やったら果樹であればビワがすごく今年は豊作ですし、鈴なりになっておる。それもなかなか最近は処理しないという、採取をしないという部分があって放棄されておるという部分がある。

安来市議会 2018-03-08 03月08日-05号

ビワに至っては10年以上の栽培期間の後にやっとで収穫できるようになります。畜産も同様に、数年先を見越して経営をしていく必要があります。 また、せっかく手塩にかけて育てた家畜が、平成22年に宮崎県で発生した口蹄疫や、本市でも発生した鳥インフルエンザのような、つらく悲しい疫病にかかってしまうこともあります。農業は自然相手の産業で、経営もなかなか安定しません。

出雲市議会 2016-12-01 平成28年度第3回定例会(第2号12月 1日)

サルについては、出雲南部、多伎地域からビワ・カボチャの食害の相談が2件。イノシシは、出雲南部地域から水稲への食害や農地等の掘り返し、こういった相談が7件。また、アナグマ、タヌキ、ヌートリアなどその他の鳥獣、こういったものの案件については、人家付近での畑の野菜の食害相談、こういったものが15件受けているところでございます。  次に、これまでの対策について、お答えをいたします。  

浜田市議会 2016-06-23 06月23日-05号

その他といたしまして、ほかにタケノコ、ビワ、グミの食害を確認しております。 今年度、これまでのその他の捕獲状況でございますが、有害駆除で2頭、錯誤捕獲で5頭捕獲している状況でございます。 ○議長(西田清久) 飛野議員。 ◆9番(飛野弘二) はい、次に参ります。 熊、捕獲した後の対処の状況をお伺いします。 ○議長(西田清久) 産業経済部長

益田市議会 2009-06-12 06月12日-02号

山に囲まれた中で田んぼや畑を耕し、イチジクやビワ、ヤマモモなど四季折々の果物がありました。先ほどの同僚議員のお話にもありましたが、本当にその果物や草や木に助けられて生きてきたなということを、先ほどお話を聞きながら思っておりました。しかし、今は1軒しか残っておりません。昔は、地域の人たちと山に木を植えたことも鮮明に今覚えておりますが、そして田んぼも畑も荒れ果ててしまいました。

江津市議会 2009-06-11 06月11日-04号

8、民間のアイデアによる特産のビワを使ったビワソフトクリーム、ビワイスクリーム、パッションアイスクリーム、出荷者が持ち込む朝どれの鮮魚や野菜、くだものを使った刺身定食御ぜん、薩摩焼の器を使い、ベルギーチョコレートにしょうちゅうを練りこんだバレンタインチョコレート「燃ゆる想ひ」は、平成17年は600個、平成18年は1,600個を完売し、またそのほかオリジナル商品をたくさん製造販売し、非常に活況を呈しておりました

  • 1