431件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜田市議会 2023-12-03 12月03日-02号

また、作成過程におきましては、先進地視察を行うとともに、フォーラムの開催やパブリックコメントなどにより幅広く市民の皆さんにも条例の趣旨を周知をしてまいります。 ○議長(川神裕司) 村武議員。 ◆4番(村武まゆみ) 先ほど新たな条例に盛り込む内容を整理をし、条例の骨子を組み立てていきますということを言われましたけれども、これはどのように整理をして、骨子を組み立てていくのか、お伺いいたします。

松江市議会 2022-12-04 12月04日-04号

パブリックコメント、それから市議会特別委員会などでいただきました意見を参考に、間取り、それから構造の検討を行いまして、基本計画段階の平米単価掛ける延べ床面積よりも、より精度が高い積み上げ方法によりまして金額を積み上げたということでございます。 2つ目には、最近の全国的な建設コストの上昇傾向を反映したことによるわけでございます。

益田市議会 2021-12-05 12月05日-02号

それで、史跡益田氏城館跡整備基本計画のパブリックコメント、これ結構な数のパブリックコメントが上がってます。この中で幾つか、これもちろんホームページに上がってますので、そこから抜いてきました。 

浜田市議会 2021-09-30 09月30日-07号

通常、こういった条例をつくる場合にはパブリックコメントだとかそういったこともよく用いられる部分がございますけれども、その点についてどうなのかということがまず第1点です。 

松江市議会 2021-09-09 09月09日-02号

これまでの間、議会特別委員会を初め、パブリックコメントなどを通じて、市民の皆様から多数の御意見をいただいておりますことに対しまして、改めて御礼を申し上げたいと思います。 そして、吉金議員御指摘のとおり、松江市国際文化観光都市でございますので、市民はもとより観光客も訪れたくなるような庁舎とするという視点は大変重要であると思っております。

松江市議会 2021-07-09 07月09日-05号

議第15号「松江市中小企業・小規模企業振興基本条例の制定について」は、質疑において主なものとして、他自治体での制定状況についての質疑に対し、全国は把握していないが、島根県内は松江市条例化されれば、全市で制定されることになるとの答弁があり、パブリックコメント等での意見についての質疑に対し、パブリックコメントでは意見はなかったが、ヒアリングや検討委員会の中でチャレンジする企業起業意欲のある事業者を支援

浜田市議会 2021-06-24 06月24日-04号

この専門家による検討会の意見を踏まえ、具体的な整備計画(案)を策定し、市民への説明会等を開催するとともに、パブリックコメント等を実施いたしてまいりたいと考えております。 ○議長(川神裕司) 西村議員。 ◆23番(西村健) 専門家による検討会の設置と、今ご答弁があったわけですけれども、私の記憶では前回のときにはそういった説明はなかったように受けとめておるんですけれども、どうなんですか。

益田市議会 2020-12-09 12月09日-04号

仮称ではございますが、益田市手話言語条例に関しましては、手話が言語であるという認識に基づいて、全ての市民が共生できる地域社会の実現を図ることを目的として制定することとし、現在、今月27日までの間、パブリックコメントを実施しているところでございます。ここでいただきました市民の皆様からの御意見を反映し、条例案とすることとしております。 

益田市議会 2020-09-26 09月26日-02号

ことし7月のパブリックコメントを経まして、ますだ食と農の基本計画、この案を策定したところであります。この計画の内容につきましては、今9月議会において御報告させていただきたいと考えております。 今後は、益田市総合振興計画を初め益田市食育推進計画など分野ごとの市の関連計画との整合性を図り、ますだ食と農の基本計画に基づいた施策の立案、推進を図ってまいりたいと考えております。

浜田市議会 2020-09-05 09月05日-04号

(仮称)浜田歴史資料館につきましては、平成29年1月に基本方針案を取りまとめまして、市議会の皆さんへの説明、そして市民の皆さんへの事業説明会、さらにはパブリックコメントなどを行ったところでございます。多くの賛成のご意見をいただく一方で、整備の必要性はわかるけれども、財政的な負担、あるいはほかの事業との優先順位などから反対である、あるいは慎重と、こういったご意見もございました。 

松江市議会 2020-06-24 06月24日-02号

今後のスケジュールでございますけれども、有識者に意見を伺って、秋ごろには計画素案をお示しして、パブリックコメントあるいは防災会議等で多くの御意見を伺って、年内を目標に策定をしていく予定でございます。 

江津市議会 2020-06-19 06月19日-02号

策定作業の1月から2月のパブリックコメントに寄せられた意見はわずか1件にとどまっており、江津市のまちづくり、20年後、30年後の将来を示す計画は市民の議論が低調のままスタートしました。2018年度末時点で全国では468自治体が策定中、もしくは策定を終えております。 この立地適正化計画が与える市民生活への影響と、将来の江津市像を一緒に見ていきたいと思います。

益田市議会 2020-06-18 06月18日-03号

それを受けて、平成29年7月に整備構想(案)に対するパブリックコメントが実施されました。同年9月には、そのパブリックコメント実施結果が公表され、26名の方からさまざまな意見や厳しい指摘がございました。その一部を紹介させていただきます。 コンセプトに関するものといたしましては、道の駅に益田の特色ある食べ物を一年を通じて供給できるのか。 

益田市議会 2020-03-24 03月24日-06号

検討会は本来3回で答申案をまとめる予定でしたが、パブリックコメントを受けて二転三転、4回目の検討会であたふたと手直しされたという印象を受けております。あわせて、パブリックコメントに対する市側の回答も修正されるなど、土壇場での書きかえは異例なことです。 修正点で大きい点は、地域自治組織と並んで地域づくりの中核として位置づけられている中間支援組織についてです。

江津市議会 2020-03-19 03月19日-04号

審査の中で、パブリックコメントの意見は反映されているのかとの質疑に対し、パブリックコメントだけでなく、アンケートやワークショップなども行いました。出てきた意見については、取り入れられるものは取り入れて計画を作成しました。計画策定後は、目標に向けて市民の皆犠と協働して取り組んでいきたいと思いますとの答弁がありました。 

江津市議会 2020-03-09 03月09日-03号

◆9番(森川佳英) この間、パブリックコメントが行われています。2月9日までの予定で行われてますけれども、これは市民の皆さんから寄せられた提案などを十分に尊重して、私は計画に反映させるべきだと思います。 また、計画の進行管理についても定期的に評価する手法、体制や十分に検討して、その中に住民も参加できる方法をとることが大事だと思います。