577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

出雲市議会 2019-12-19 令和元年度第4回定例会(第6号12月19日)

審査の結果、新体育館の建設場所については、敷地の状況、交通アクセス、人口重心からの距離など、さまざまな視点から、評価した結果であり、建設場所については、議論が尽くされていること、基本的には、市民スポーツ活動拠点であり、避難所は、副次的な活用であること、また、想定最大規模の洪水時に体育館が浸水しない高さを確保するため、造成を行うなど対応がなされることなどから、不採択すべきものと決定いたしました。  

奥出雲町議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3日12月10日)

また、国際的なスポーツの祭典が日本で開かれ、世界から日本が注目される記念すべき年であります。この際、町長、町当局におかれましては、非核平和宣言の町を自覚し、奥出雲町の平和に対する創意あふれる取り組みをさらに進めていただきたいと思います。  第2の質問に移ります。第2の質問は、子供学校について住民ぐるみの協議開始についてであります。  

出雲市議会 2019-12-06 令和元年度第4回定例会(第4号12月 6日)

それと何よりもこの出雲市民にとって、東京オリンピック・パラリンピックの開催に直接間接も含めて触れ合える機会ができたということで、今後、市民の間にこのオリンピックに向けて、またその後のスポーツの関心を高める絶好の機会ではなかったかと考えております。これを機にさらなる本市のスポーツ振興に努めてまいりたいと思っておるところでございます。  以上、答弁といたします。 ○副議長(萬代輝正君) 福代議員

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

そして、世界のスポーツの祭典オリンピックに日本代表としての選手を出すに至り、これはまさしく町民力のなしたわざであろうと思います。歴史を振り返って感じるものです。  地元横田高校出身者がオリンピックの日本代表選手に選ばれ、すばらしい活躍をし、奥出雲町の名声を高めたことは、記憶に鮮明に残っているところであります。

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

予約時の希望は洋室が多いのですが、和室は宿泊設定料金の安さ、またスポーツ合宿も多いことから、多くの利用をいただいております。夏休みや秋の観光ハイシーズンには、満室に近い状態となっております。ちなみに、平成28年度は43.9%の稼働率、29年度42.2%、30年度が、先ほど申し上げましたが54.6%、徐々には上がっているというような状況でございます。以上でございます。

奥出雲町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日 9月10日)

次に、観光入り込み客数は、昨年の同期比と比較しますと増加傾向にあり、8月には夏休みを利用してのスポーツ合宿が行われ、島根県トライアスロン協会などが中心となり、県外選手の参加も得て、延べ8日間の日程で多くの方々に滞在していただきました。今後も体育協会やスポーツ団体などと連携を図り、合宿誘致に取り組んでまいります。  

大田市議会 2019-09-06 令和元年第 6回定例会(第3日 9月 6日)

さらに、そういったものを充実をさせるために、スポーツ生涯学習、さらに連携を強めて、いろんなメニューを、コーディネーターさんが主にメニューを組まれておられますが、いろんな形で情報提供ができる体制をとるということも重要であるというふうに思いますが、そのあたり、改めて所見をお伺いします。 ○副議長(林 茂樹) 林健康福祉部長

出雲市議会 2019-09-06 令和元年度第3回定例会(第4号 9月 6日)

もともと多様な体験活動の機会の少なさが指摘されてきましたが、情報通信技術のさらなる発展により、バーチャルな体験がリアルさを増していくとともに、都会部への人口集中、自然豊かな農山村の暮らしや遊びの経験のない親世代が増加していけば、体験活動やスポーツをする機会の減少と、それによる影響が懸念されてきます。  

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

1番、SEA TO SUMMITという環境スポーツイベントがあります。全国的にも世界的にもさまざまな取り組みがなされております。これは、海から里、そして山頂へと進む中で、自然環境に思いをめぐらせ、かけがえのない自然について考えようというものであります。当市はその条件を有する恵まれた環境、自然資源を有すると考えますが、いかがでしょうか。所見を問います。  

出雲市議会 2019-09-04 令和元年度第3回定例会(第2号 9月 4日)

地元及び市全体として出雲市景観審議会における説明内容と、いただきましたご意見につきましては、出雲市スポーツ振興審議会にも報告し、ご審議をいただきました。このように、市といたしましては手順を踏んで進めてきたと考えております。今後も、地元や出雲市景観審議会などからご意見をいただきながら、景観に配慮し新体育建設を進めていきたいと考えております。  

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

久手町剣道スポーツ少年団、大田ジュニア陸上教室の陸上個人種目、大田西中学校のビーチバレー、大田高校の囲碁将棋部、写真部、文芸報道部、美術部、ソフトテニス部が、それぞれの種目において活躍されました。特に、大田高校弓道部の女子弓道団体では、全国5位となるすばらしい成績を残してくれました。

出雲市議会 2019-06-18 令和元年度第2回定例会(第3号 6月18日)

また、本人に対しましては、就労体験やスポーツ体験などを行えるように支援も行っているところでございます。成果として、就労支援や体験を経て継続就労につながった方も何名かいらっしゃる状況でございます。  このほか、社会になじみにくいと感じている思春期・青年期の若者が安心して過ごせる居場所として「ぷらりねっと」を出雲市保健センターに設置しております。

奥出雲町議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第2日 6月11日)

また、リハビリ学院隣の奥出雲スポーツセンターにはウオーキング設備があり、雨天、冬季でも運動可能となっていますので、多くの町民の皆様に御利用いただきたいと思います。また、歩くということではございませんが、介護予防、運動機能の維持に向け、奥出雲いきいき体操の普及啓発も推進してまいります。以上でございます。 ○議長(藤原 充博君) 内田勇議員

奥出雲町議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第1日 6月10日)

それで、サイクリングターミナルという名前ですね、この11ページに計画ありますけども、合宿地としてPRするということで、ホッケーとかボートとかサイクリングとか、そういうスポーツ合宿ですけども、ただ、今までというか、サイクリングターミナルとして建設補助金を得て建設されたと思いますので縛りがあったと思いますが、地方分権が進む中で、10年たてば名前の変更とかも可能になってると思うんですけども、宿泊される方

雲南市議会 2019-06-06 令和元年 6月定例会(第4日 6月 6日)

脳脊髄液減少症は、スポーツの外傷等によって起こるとされております。若干説明させていただきますと、スポーツ外傷等を要因とし、脳を覆っている硬膜やくも膜に何らかの理由で穴があき髄液が漏れ出す病気であります。起立性頭痛、立ったり座ったりすると頭痛が起こるというような、ただ横になるとこれが治るそうです。めまい、吐き気、倦怠、不眠、記憶障がいなどさまざまな症状が見られるようであります。