1399件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日 9月26日)

令和元年度奥出雲町一般会計補正予算(第2号)提出について  日程第14 議案第61号 令和元年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)提出について  日程第15 議案第62号 令和元年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計補正予算(第1号)提出について  日程第16 議案第63号 令和元年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計補正予算(第1号)提出について  日程第17 議案第64号 令和元年度奥出雲町介護サービス

大田市議会 2019-09-25 令和元年第 6回定例会(第5日 9月25日)

診療体制やサービスの向上については、日ごろの業務体制の見直しや職員教育の充実に努め、できるだけの対応に心がけたい。人件費比率の増加は、医療制度改革により、よりきめ細かい医療対応が求められており、削減は難しい面もあるが、これ以上の増加にならないよう、適正人員の配置や体制整備を進めたいとの答弁でした。  

奥出雲町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第3日 9月12日)

両庁舎に受付とか案内係として特別場所を設け、担当者を配置し対応することが町民へのサービスであると思います。近隣の市町村の庁舎においては、専属の受付、案内係が設置してございます。奥出雲町においては考えられないのか。特に、町外からの来庁の方に対しては失礼ではないかというふうに思います。  先般、雲南市へ行くことがございました。

奥出雲町議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第2日 9月11日)

人口が減ると財政が厳しくなり、行政サービスが縮小します。そこで、撤退した行政サービス経済サービスたちを自分たちでやるのが地域運営組織としています。人口が減り、財政的に厳しくなるため、役場は行政サービスを削減しようとします。一番手っ取り早いのが、行政サービス供給拠点である公共施設を減らすことです。それが平成29年3月に作成された奥出雲町公共施設等総合管理計画です。

奥出雲町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1日 9月10日)

令和元年度奥出雲町一般会計補正予算(第2号)提出について  日程第13 議案第61号 令和元年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)提出について  日程第14 議案第62号 令和元年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計補正予算(第1号)提出について  日程第15 議案第63号 令和元年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計補正予算(第1号)提出について  日程第16 議案第64号 令和元年度奥出雲町介護サービス

大田市議会 2019-09-06 令和元年第 6回定例会(第3日 9月 6日)

また、大田警察署独自の絆でおうえん制度と題しまして、市内の協賛店による特典、あるいはサービスを受けるといった制度もございます。以上でございます。 ○副議長(林 茂樹) 10番、石田洋治議員。 ○10番(石田洋治) 新聞とかテレビ報道でも、免許証を返納する高齢者がふえているというようなことは報道されております。

大田市議会 2019-09-05 令和元年第 6回定例会(第2日 9月 5日)

その中には、ケアマネジャーが作成するケアプランを有料にすることや、要介護1、2の生活援助サービスを市が実施する総合事業に移すなど、さらなる給付の削減、負担増を図る内容が盛り込まれております。  ケアプランが有料になれば、介護保険サービスを減らしたり、介護保険そのものを利用できなくなることになりかねません。

大田市議会 2019-09-02 令和元年第 6回定例会(第1日 9月 2日)

1件目の、第3次大田市行財政改革推進大綱実施計画の平成30年度の実績見込みについて主な質疑を紹介しますと、数値的な成果の説明であったが、住民への行政サービスが向上したのかとの視点も重要との指摘に対し、見える化の観点から、目標の達成度合いの目印として数値を捉えており、目標を達成することで行政サービスが向上すると考えているとの答弁が、空き校舎の有効活用について、小さな拠点づくりでの活用が考えられないかとの

大田市議会 2019-08-13 令和元年第 5回臨時会(第2日 8月13日)

大田市の保育事業に大きな変化が生じた場合でも、従前と変わらない安定した保育サービス事業を行っていただきたい。  以上、民生委員会に付託されました予算案件1件、条例案件1件の審査の結果や質疑、意見について御報告をいたしました。議員各位の御賛同をお願いし、報告を終わります。 ○議長(石橋秀利) ただいまの民生委員長の報告に対し、御質疑はありませんか。               

出雲市議会 2019-07-02 令和元年度第2回定例会(第6号 7月 2日)

これは、2020年度の政府予算地方財政の検討にあたっては、歳入・歳出を的確に見積もり、人的サービスとしての社会保障予算の充実と地方財政の確立を目指すよう、政府関係機関に意見書を提出することを求めるものです。  審査の結果、採択すべきものと決定いたしました。  以上で、総務委員会に付託を受けました案件の審査結果の報告を終わります。

大田市議会 2019-06-20 令和元年第 4回定例会(第3日 6月20日)

また、ハコはなくしても、その機能、サービスを維持することが大切だなど、公共施設適正化の趣旨に賛同していただく意見が多かったというふうな印象を持っております。 ○副議長(林 茂樹) 11番、松村信之議員。 ○11番(松村信之) 実は、私もハコモノしゃべくり会議へ参加した覚えがあります。全体で36名、私は少ないのではないかなと。もう少しこの大きな問題について、市民の関心があるべきだなと。

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

さて、私がこの質問を取り上げさせていただいた思いは、同じ出雲市市民として、どこに住んでいても等しいサービスを受けたい、その一言に尽きると思っています。  今、出雲市は、島根県下でも唯一、人口がプラスに転じていますが、これはやはり雇用の場があってのことです。私の住んでいる佐田町は、市内の中でも特に人口減少が著しい地域です。

大田市議会 2019-06-19 令和元年第 4回定例会(第2日 6月19日)

その結果、民間の介護サービスが一般にも普及し、そのニーズを受けてつくられたのが介護保険制度であります。これにより多種多様な民間介護サービスの中から、私たちは自分たちの好みの状況に合ったものを選択できるようになりました。  しかし、そもそも介護保険制度がつくられた背景には、介護サービス希望する利用者の激増という問題がございました。

出雲市議会 2019-06-19 令和元年度第2回定例会(第4号 6月19日)

また、本市は、西日本唯一のトキの公開場所となるため、市内外の道の駅や西日本の高速道路サービスエリアにおきまして、ポスターあるいはパンフレットの広告なども行う予定にしております。  最後に、トキによるまちづくりに向けた今後の取組みについてでございます。  出雲市トキによるまちづくり構想におきましては、トキがこの出雲の地で暮らしていける環境づくりを進めていくというふうにしております。  

出雲市議会 2019-06-17 令和元年度第2回定例会(第2号 6月17日)

対象世帯には、老老介護支援サービス券を一月あたり3,000円分、12か月分ということでありますから、最大で年間3万6,000円分の支給を行っているところでございます。  なお、サービス券の有効期間は、その公布の日から翌年の7月末までとしておりまして、月ごとに利用限度額は定めておりませんが、期間内であればいつでも利用でき、ただし、有効期限を経過したサービス券は使えないものとなっております。  

大田市議会 2019-06-14 令和元年第 4回定例会(第1日 6月14日)

その主なものは、第2期ケーブルテレビエリア光化促進事業1億2,300万円余、地域密着型サービス拠点整備補助4,100万円余、企業誘致対策事業8,400万円、大田市観光施設改修事業8,100万円余であります。また、財源につきましては、国県支出金、波根地区工業団地財産売り払い収入、市債等により補正するものであり、補正後の一般会計予算の総額は249億4,000万円余となるものであります。