9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

安来市議会 2015-12-03 12月03日-02号

水木ご夫妻は、大塚に来町された折に、その夢芝居の事務所のふすまに、ゲゲゲ鬼太郎の絵を描かれたというものが、現在保管されております。その鬼太郎も随分寂しがっておるんではないかというふうに思っておりまして、水木しげる先生のご冥福を心からお祈りを申し上げます。 それでは、一般質問に入らせていただきます。 

益田市議会 2015-06-02 06月02日-03号

いわゆる水木しげるの中で、「ゲゲゲ鬼太郎」が出とりますが、砂かけ婆を臨時スナバー大使と称しながら、そうしたPRもして鳥取県やっとります。 そうしたことも、いろいろPRはあると思いますが、益田市ではどんな状況であるのか、どういうふうに不足があるのか、どうであるのか、お尋ねをいたします。 ○議長(寺井良徳君) 堀江産業経済部長。 ◎産業経済部長堀江勝幸君) お答えいたします。 

出雲市議会 2014-09-03 平成26年度第2回定例会(第3号 9月 3日)

実例を紹介いたしますと、一昨年、ゲゲゲ鬼太郎の作者である水木しげるさんとのご縁から、一畑薬師と境港市を結ぶ企画が行われましたが、やはり口々に言われたのがアクセス網の悪さでございました。年間300万人とも言われる水木しげるロードへの入込客数を出雲市へ誘客する、大変よい仕掛けだと私は思っておりますが、境港出雲間のアクセス道路の貧弱さが機会ロスを招いているというふうに考えております。  

雲南市議会 2014-03-05 平成26年 3月定例会(第3日 3月 5日)

議員(2番 中村 辰眞君) ラッピング列車といえば、皆さん御存じのとおり境線のゲゲゲ鬼太郎列車ではないかと思います。そして最近有名になってきたのが、ご縁の国しまね観光PRキャンペーンの一環として一畑電車が走らせておりますしまねっこの全面ラッピングを施したご縁電車しまねっこ号であります。いずれも観光地とラッピングが一体となり、絶妙な魅力を醸し出しております。  

益田市議会 2011-03-08 03月08日-03号

これは、「ゲゲゲ鬼太郎」の境港と若干似ておるわけでございますけれども、境港も30年ぐらい前からこれをやって今日に至って、あのように年間何百万人という観光客が来ておられるわけでございます。一朝一夕にはできないかもわかりません。 

安来市議会 2009-06-08 06月08日-03号

それから、ゲゲゲ鬼太郎ですが、これは経済対策ということもありましたし、ちょうど私も地元でございましたので、いい機会ですので、PRというんですか、一つの問題提起ということで質問させていただきました。 

江津市議会 2007-12-11 12月11日-03号

昨年、私たちの市民クラブで、境港市に視察に行きましたけども、そのときに伺ったのが、今境港市はゲゲゲ鬼太郎で町おこしを始められまして、ついに昨年100万人の観光客を呼び込むところまでなされました。そのきっかけは、市の職員の提案だったそうです。それが14年前です。

益田市議会 2007-12-06 12月06日-03号

こないだ、たまたま車を走らせておりまして、ラジオを聞いておりましたら、ゲゲゲ鬼太郎の水木しげるさん、この方がラジオに出ていらっしゃいまして、兄貴がおるんだと、兄貴がおるんだけども、その兄貴はまじめなんで、学校が始まるからはよ学校行け、はよ学校へと言われて、朝御飯もろくに食べずに行ったと。自分は自分のを食べて、兄貴が残したんも食べて、朝は眠りたいほど寝て学校に行ったと。

  • 1