433件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益田市議会 2020-06-18 06月18日-03号

市長宛ての答申の文書には、基本的な整備コンセプトを「市民自慢の“食”がつなぐ新たな交流拠点」とし、食を通じて食を育む益田市の自然、文化歴史、人々の暮らしを知り、その営みを次世代につなぐ場所としてほしいとのメッセージを込めたとあり、候補地については、コンセプトとの整合性等を勘案し、段階的に検討を進めましたが、最終的に交流拠点となり得、市民も集える場所について、現時点で優劣がつけがたいことから、高津インターチェンジ

益田市議会 2020-06-17 06月17日-02号

整備場所については、1カ所の選定が困難であったことから、整備エリアとして久城インターチェンジから高津インターチェンジ間の主要道路隣接地が望ましいとして整理したところです。 

江津市議会 2020-06-14 06月14日-01号

これにより、江津インターチェンジと江津工業団地が直接結ばれ、利便性の向上が図られるとともに、今後整備される山陰道福光浅利道路につながることになります。この山陰道の整備は、本市にとって産業経済の振興はもとより、救急医療災害時の緊急輸送路としての役割を担う重要な道路であり、山陰道各同盟会と力を合わせ、引き続き早期の全線開通に向け強く要望してまいります。 次に、治水対策についてです。 

安来市議会 2020-06-04 06月04日-02号

安来インター線は、安来インターチェンジと国道9号線の接続路線であり、現在少しずつではありますが、工事が進み、令和2年度には国道9号線かさ上げ工事のため、迂回用道路工事が開始される予定と聞いており、あわせて国道下を横断するボックスカルバートが設置される計画となっています。該当の地域は、9号線により東西に分断されており、国道を横断する際にトラクター等の農作業用機械の出入りが困難な状態となっています。

安来市議会 2020-03-04 03月04日-02号

次に、同じまちづくりの視点から、安来道路に車が簡単に乗り入れできる乗降口、スマートインターチェンジ設置促進、あわせて長年の夢である高速バス乗り入れについて伺います。 アルテピアが開館して人の流れ、アクセスに変化が来つつあります。切川バイパスも順調に工事の進捗が推移しています。バイパスが開通すれば、公共交通の流れも変わります。 

雲南市議会 2020-03-03 令和 2年 3月定例会(第4日 3月 3日)

というのが、神原のスマートインターチェンジ、これが令和4年の7月ごろと、オープンというふうに伺っておりましたので、そういったような時期に合わせてやる。そういうタイミングというものは必要だと思います。オープン初日の売り上げがその後の売り上げに大きく響くというのは、これは商業界の経験則であります。

雲南市議会 2020-03-02 令和 2年 3月定例会(第3日 3月 2日)

スマートインターチェンジ隣接による良好なアクセス性や強固な地盤など、材料調達や加工、製品出荷を繰り返す製造業にとって魅力的な企業団地であると考えております。  一方、事務系職場でございますけれども、今年度から新たに専門系事務職場誘致促進事業により、若者や女性に魅力の事務系職場の誘致を並行して取り組んでいるところであります。

松江市議会 2020-03-02 03月02日-02号

それから、次年度でございますけれども、インターチェンジ周辺、それから幹線道路沿道におきまして、雇用創出に資する土地利用を進めるための制度見直しを予定いたしているところでございます。 そして、都市計画審議会での議論も既に始めておりまして、夏ごろをめどに大枠の制度設計を終えまして、令和2年度中に完了するようにスピード感を持って取り組んでいきたいと思っております。 

江津市議会 2020-03-02 03月02日-01号

また、江津インターチェンジ、江津西インターチェンジ間5キロの2車線区間が、時間信頼性の確保、事故防止、ネットワークの代替性確保の観点から4車線化の優先整備区間に選定をされました。このことにつきましても、早期の事業着手に向け関係機関に強く要請をしてまいります。 次に、新庁舎建設についてです。 

出雲市議会 2019-12-09 令和元年度第4回定例会(第5号12月 9日)

都市建設部長(今岡範夫君) 一般県道斐川上島線の整備状況ということでございますが、現在、斐川インターチェンジ付近から上阿宮までの約2.3キロメートルの区間を武部2工区として、平成26年度(2014)から事業着手されておりまして、トンネルや橋りょうの構造物の整備が見込まれているところでございます。

雲南市議会 2019-12-06 令和元年12月定例会(第1日12月 6日)

また、令和4年に供用開始を目指すスマートインターチェンジ整備事業にあわせ、引き続き神原企業団地の拡張に向けた具体的な検討を進めてまいります。  続いて、農業振興についてであります。  ことしの米の作柄は、6月の低温や8月の日照不足の影響などによりまして、出雲地域の10アール当たりの予想収量は昨年より19キログラム少ない516キログラムで、作況指数は100の平年並みでありました。

雲南市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第5日 9月30日)

産業建設常任委員会委員長 原   祐 二              産業建設常任委員会審査報告  議案第110号 雲南市手数料徴収条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について  議案第111号 雲南市下水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用することに伴う関係条例の整備に関する条例の制定について  議案第112号 雲南市水道事業給水条例の一部を改正する条例について  議案第115号 (仮称)加茂BSスマートインターチェンジ

雲南市議会 2019-09-10 令和元年 9月定例会(第4日 9月10日)

議案第101号、雲南市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についてから議案第115号、(仮称)加茂BSスマートインターチェンジの設置に関する工事等細目協定について、議案第118号、令和元年度雲南市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)から議案第121号、令和元年度雲南市病院事業会計補正予算(第1号)の議案19件は、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付した議案付託表のとおり

雲南市議会 2019-09-05 令和元年 9月定例会(第1日 9月 5日)

雲南市下水道事業に地方公営企業法の規定の全部を適用することに伴う関        係条例の整備に関する条例の制定について 議案第 112号 雲南市水道事業給水条例の一部を改正する条例について 議案第 113号 雲南市永井隆博士生い立ちの家条例の制定について 議案第 114号 永井隆記念館施設整備事業永井隆記念館建設建築主体工事請負契約に        ついて 議案第 115号 (仮称)加茂BSスマートインターチェンジ

出雲市議会 2019-06-20 令和元年度第2回定例会(第5号 6月20日)

まず、一次選定では、山陰自動車道インターチェンジ空港等から交通アクセス、既存工業団地との近接性など勘案して20候補に絞り、二次選定では、近隣条件や地番条件、造成条件文化財存在可能性等の観点から6候補に絞り込み、さらには、適地検討として、確保可能な区画面積、造成工事条件、用地と近隣の状況、支障物の状況、交通アクセス、給排水等のインフラの整備状況、文化財存在可能性、開発事業費など現地調査を踏まえて