大田市議会 > 2003-05-08 >
平成15年第396回臨時会(第1号 5月 8日)

ツイート シェア
  1. 大田市議会 2003-05-08
    平成15年第396回臨時会(第1号 5月 8日)


    取得元: 大田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-30
    平成15年第396回臨時会(第1号 5月 8日)   平成15年5月臨時会                 大田市議会会議録              平成15年5月8日(木曜日)           ――――――――――――――――――――              議   事   日   程 平成15年5月8日(木)午前9時開会  第1 会議録署名議員の指名  第2 会期の決定  第3 市長提出議案上程[提案理由説明・質疑・討論・表決]      議案第126号 相愛保育園建設工事(建築主体工事)請負契約の締結につい              て      議案第127号 大田小学校屋体改築工事(建築主体工事)請負契約の締結に              ついて      議案第128号 損害賠償の額の決定について      議案第129号 平成15年度大田市病院事業会計補正予算(第1号)             ~~~~~~~~~~~~~~~~                 会議に付した事件
     日程第1から日程第3まで             ~~~~~~~~~~~~~~~~             出  席  議  員  (22名)     1番  生 越 俊 一       2番  財 間 広 光     3番  内 藤 芳 秀       4番  大 西   修     5番  森 山 尚 志       6番  月 森 和 弘     7番  木 村 幸 司       8番  有 光 孝 次     9番  熊 谷 直 道      10番  石 﨑 俊 朗    11番  福 田 佳代子      12番  福 田   実    13番  石 原 安 明      14番  林     仁    15番  通 山 忠 治      16番  原   敏 夫    17番  宅 和 紀 行      18番  中 島 宏 喜    19番  清 水   勝      20番  月 森 喜一郎    21番  下 迫 紀 弘      22番  小 谷 正 美             ~~~~~~~~~~~~~~~~             欠  席  議  員  (なし)             ~~~~~~~~~~~~~~~~             地方自治法第121条による出席者 市長        熊 谷 國 彦    助役       蓮 花 正 晴 収入役       清 水 幸 男    総務部長     松 井 幸 秀 民生部長      大 谷 正 幸    経済部長     皆 田 修 司 建設部長      大 谷 正 行    市立病院事務部長 盛 川 弘 行 秘書広報課長    田 村 和 宏    総務管理課長   松 村   浩 財政課長      知野見 清 二    人事課長     三 島 賢 三 企画振興課長    岡 本 彰 弘    健康長寿課長   尾 村 美 保 経済管理課長    尾 﨑 正 一    建設管理課長   渡 邊   誠 市立病院総務課長  小 林 克 己    教育委員長    秦   雍 二 教委総務課長    松 村 淳 真    水道事業局長   那須野 強 志 水道管理課長    川 上 佳 也    監査委員     大 野   進             ~~~~~~~~~~~~~~~~              事 務 局 職 員 出 席 者 事務局長      吉 田   勝    事務局次長    鳥 居 達 郎 議事係長      和 田 政 人    庶務係      松 村 和 典      午前9時00分 開会 ○議長(小谷正美)  おはようございます。  これより第396回大田市議会臨時会を開会いたします。  ただいまのご出席は全員でありますので、議会は成立しております。  ただちに、本日の会議を開きます。  本日の議事日程はお手元に配布のとおりといたします。 ◎日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(小谷正美)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第111条の規定により、13番、石原安明議員、14番、林 仁議員の両名を指名いたします。 ◎日程第2 会期の決定 ○議長(小谷正美)  日程第2、会期の決定についてを議題といたします。  本臨時会の会期は、本日1日とすることにご異議ありませんか。              [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(小谷正美)  ご異議なしと認めます。  よって、本臨時会の会期は、本日1日とすることに決しました。 ◎日程第3 市長提出議案上程[提案理由説明・質疑・討論・表決] ○議長(小谷正美)  日程第3、これより議案を上程いたします。  議案第126号から議案第129号までの4件を一括議題といたします。  議案名を朗読いたさせます。                 [事務局職員朗読] ○議長(小谷正美)  お諮りいたします。  本案4件は、会議規則第33条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。  これにご異議ありませんか。              [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(小谷正美)  ご異議なしと認めます。  よって、本案4件は、委員会付託を省略することに決しました。  それぞれ提案理由の説明を求めます。  熊谷市長。               [市長 熊谷國彦 登壇] ○市長(熊谷國彦)  提案をいたしました諸議案につきまして、ご説明を申し上げます。  今回、提案をいたしております案件は、一般案件3件、予算案件1件の計4件であります。  まず、議案第126号から議案第128号の各議案は、一般案件であります。  議案第126号は、相愛保育園建設工事にかかわる契約の締結について。議案第127号は、大田小学校屋体改築工事にかかわる契約の締結について。それぞれ、議決をお願いするものであります。  議案第128号は、先の市立病院における医療事故に伴います損害賠償について、議決をお願いするものであります。  次に、議案第129号は、予算案件でありまして、議案第128号による損害賠償額を措置いたす補正予算であります。  以上、今回提案をいたしました諸議案につきまして、その大要を申し上げましたが、それぞれ詳細につきましては、担当部課長より説明をさせることにいたしますので、何とぞ慎重にご審議の上、適切な議決を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明を終わります。 ○議長(小谷正美)  大谷民生部長。              [民生部長 大谷正幸 登壇] ○民生部長(大谷正幸)  議案第126号、相愛保育園建設工事(建築主体工事)でございますが、請負契約の締結につきまして、ご説明を申し上げます。  この議案は、地方自治法第96条第1項第5号、及び議会に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条により、議会の議決に付さなければならない契約は、予定価格1億5,000万円以上の工事、又は製造の請負とするという規定に基づきまして、提案したものでございます。  契約内容といたしましては、契約の目的、相愛保育園建設工事(建築主体工事)でございます。  契約の方法、指名競争入札。  契約の金額、1億8,511万5,000円。  契約の相手方でございますが、島根県大田市大田町大田イ727番地2、株式会社 はたの産業 代表取締役 波多野瑠璃子でございます。  なお、入札内容の詳細につきましては、3ページに説明資料をつけておりますので、ご覧いただきたいと思います。  まず、入札日時でございます。  平成15年4月15日午前9時。  予算額、1億8,955万7,000円、予定価格、1億8,532万5,000円に対しまして、落札価格は1億8,511万5,000円でございます。  入札指名業者につきましては、以下に掲げております7業者でございます。  なお、ご参考までに機械設備工事につきましてはダイケン商事株式会社、電気設備工事につきましては、サンベ電気株式会社がそれぞれ契約の相手先となっております。
     完成期日は、来年1月20日を予定しております。  以上で、議案第126号の説明を終わります。 ○議長(小谷正美)  松村教育委員会総務課長。            [教育委員会総務課長 松村淳真 登壇] ○教育委員会総務課長(松村淳真)  議案第127号、大田小学校屋体改築工事(建築主体工事)の請負契約の締結に関するご提案を申し上げます。  これにつきましては、先ほど民生部が説明いたしましたとおり、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会に議決を求めるものでございまして、同じく、議会に議決に付すべき契約1億5,000万円以上の工事、又は請負に関するものでございます。  契約の目的は、大田小学校屋体改築工事(建築主体工事)でございまして、契約の方法は指名競争入札によるものでございます。  契約の相手方は、井口・稗田特別共同企業体でございます。  代表者は、大田市大田町大田ロ991番地11、有限会社 井口建設 代表取締役 井口 聰でございます。  入札の日時でございますが、平成15年4月22日でございます。  予算額、3億6,882万3,000円。  予定価格は、3億5,626万5,000円でございます。  に対しまして、落札価格は3億5,122万5,000円でございました。  入札の指名業者は7業者でございまして、お手元の資料のとおりの特別共同体でございます。  この特別共同体を行いました経過につきましては、この改築工事が不況対策によりまして、雇用拡大の趣旨のもとに、14年度の補助事業として採択をされたものでございまして、工期が年度内に、15年度内に行うべきものでございまして、さらに工事変更等に伴う補正が認められないという条件下のもとで、この大きな工事を行うに際しまして、特定業者として、この事業を遂行するに当たって、適切な業者、7業者を契約の請負の代表者と足りうるものと認定いたしまして、それに対して、相手方となる業者、これらを一定の市内に営業所を有するものでございますとか、営業年数が4年以上でございますとか、一定の業績、実績をお持ちの会社、さらに建築工事に関する国家資格を有しておる、それらの業者の中から、特定業者7社が選んでいただくという方式といたしまして、このような共同体7業者ができ上がった経過がございます。  その結果として、井口・稗田特別共同体が落札をしたものでございます。  竣工時期は、平成16年2月の予定でございます。  以上でございます。 ○議長(小谷正美)  盛川市立病院事務部長。            [市立病院事務部長 盛川弘行 登壇] ○市立病院事務部長(盛川弘行)  議案第128号、損害賠償の額の決定につきまして、ご説明を申し上げます。  次のとおり、示談によりまして、損害賠償の額を決定することにつきまして、地方公営企業法第40条第2項、及び大田市病院事業の設置等に関する条例第6条の規定によりまして、議会の議決をお願いするものでございます。  設置条例の6条は、議会の議決を要する負担附きの寄附の受領等につきまして、損害賠償の額の決定で、当該決定に係る金額が10万円以上のものにつきまして、議会の議決をお願いするものでございます。  第1点目の損害賠償の額でございますが、1,000万円でございます。  第2点目の相手方でございますけれども、大田市大田町野城ロ175番地2でございます。  松前保徳氏でございます。  松前サワ氏との続柄は、子の子でございます。  第3点目の事故の概要でございますが、詳細につきましては、1月の全員協議会におきましてご報告を申し上げておりますので、読み上げる形でご説明をさせていただきたいと思います。  事故発生年月日は、平成14年12月31日でございまして、事故発生場所は、大田市立病院でございます。  事故の状況は、平成14年12月31日、相手方、松前保徳氏の祖母、松前サワ氏の胃瘻チューブ交換を従来の手順どおりに行なったところ、しかし、結果的に腹腔内誤留置であったことから、平成15年1月1日未明より、発熱及び呼吸困難な状態となられまして、再来院され、汎発性腹膜炎と診断し、ご家族のご意向に沿いました抗生剤の投与による保存的治療を行なったところでございますけれども、平成15年1月2日、午前2時46分お亡くなりになられたものでございます。  事故の処理方法につきましては、示談による処理といたすものでございます。  この賠償金の財源といたしましては、病院が加入しております病院賠償責任保険から支払われるものでございます。  なお、本件につきましては、議決をいただきましたら、ただちに示談の手続に入る予定としているものでございます。  以上、議案第128号につきましてのご説明を終わります。 ○議長(小谷正美)  小林市立病院総務課長。            [市立病院総務課長 小林克己 登壇] ○市立病院総務課長(小林克己)  議案第129号、平成15年度大田市病院事業会計補正予算(第1号)につきまして、ご説明を申し上げます。  まず、補正予算の内容でございますが、先ほど提案理由でご説明を申し上げました議案第128号に伴います損害賠償金支出及び保険金収入の追加補正をお願いをいたすものでございます。  以下、お手元にお配りをいたしております平成15年度大田市病院事業会計補正予算(第1号)によりまして、ご説明を申し上げますので、まず、3ページの方をご覧をいただきたいと存じます。  まず、収益的収入につきましては、病院事業収益、医業外収益、その他医業外収益のその他医業外収益を1,000万円追加いたしまして、4,204万円といたすものでございまして、医療事故等の賠償責任負担の補償を受けるために加入をいたしております株式会社自治体病院共済会からの病院賠償責任保険、医師特約条項に基づく保険金でございます。  次に、収益的支出につきましては、病院事業費用、医業費用、経費の雑費を1,000万円追加をいたしまして、1,243万3,000円といたすものでございまして、当該医療事故にかかわります損害賠償金でございます。  恐れ入りますが、1ページの方をご覧いただきたいと存じます。  以上の補正内容によりまして、平成15年度大田市病院事業会計補正予算(第1号)といたしましては、第1条の総則で次に定めるところによる、と規定をいたしまして、第2条の収益的収入及び支出でございますが、予算第3条に定めました収益的収入の予定額を1,000万円追加いたしまして、補正後46億7,789万6,000円に。収益的支出の予定額を1,000万円を追加いたしまして、補正後47億5,262万7,000円に、それぞれ補正をお願いをするものでございまして、収入、支出同額追加の補正予算でございますので、収支差額の変動はございません。  以上で、議案第129号、平成15年度大田市病院事業会計補正予算(第1号)の説明を終わります。 ○議長(小谷正美)  これより、本案4件に対する質疑を行います。  まず、議案第126号、相愛保育園建設工事(建設主体工事)請負契約の締結について、及び議案第127号、大田小学校屋体改築工事(建築主体工事)請負契約の締結についての2件を一括議題といたします。  本案2件について、ご質疑はありませんか。  21番、下迫議員。 ○21番(下迫紀弘)  2つの議案に共通する質疑でございますが、そのようにご理解をいただきまして、ご答弁をお願いしたいと思います。  先ほど、議案126号と127号のご説明があったわけでございますが、それとまた、説明資料が示されておりますが、これを見てみますと、私が非常に強く感じますことがあります。  それは、この予定価格、落札価格との差が非常に少ないということであります。いわば、市が考えておられた価格どおりの落札が行なわれておるということでございます。これをおそらく落札率にしてみますと、99%ぐらいになるのではないかという感じがいたします。非常に不自然な感じを抱くわけであります。この落札率は一体何%になるのか、お知らせいただきたいと思います。  それから、もう一つは、やはり制限価格、制限最低価格というのですか、私も正確な言い方を忘れましたが、制限価格というのがおそらくあっただろうと思います。想定をされておっただろうと思いますが、それが一体、幾らであったのか。もし、わかればお知らせいただきたいと思います。これは次の議案も共通することであります。  それで、私がもう一つ、お尋ねしたいと思いますのは、先ほど言いますように、予定価格と落札価格の差が非常に少ないということでありまして、この予定価格が事前にひょっとすれば、入札業者の方へ漏洩していたのではないかという疑念を抱くわけでありますが、ということは、官製談合があったのではないかという疑いを、私は持つわけでありますが、その辺については、どのようになっておったのか、お知らせいただきたいと思います。  以上。 ○議長(小谷正美)  大谷民生部長。 ○民生部長(大谷正幸)  お尋ねのまず1点目の入札の落札率でございますが、対予定価格に対しましては99.89%、対設計額につきましては97.66%ということになっております。  それから、最低制限価格でございますが、1億4,826万円ということで設定をいたしております。  それから、2点目のご質問で、事前に漏洩しているのではないかというご質問でございましたが、私ども入札は厳正かつ適正に執行しております。  以上でございます。 ○議長(小谷正美)  松村教育委員会総務課長。 ○教育委員会総務課長(松村淳真)  お尋ねの件でございますが、大田小学校の本体工事、建築主体工事につきましての予定価格に対する割合は、98.58%でございます。  さらに、最低制限価格は2億8,501万2,000円でございます。これは、予定価格に対し80%の比率でございます。  次の予定価格の漏洩というふうなことは、あり得ないものと考えております。  以上でございます。 ○議長(小谷正美)  21番、下迫議員。 ○21番(下迫紀弘)  ただいまのご答弁は、ご答弁としてわかりますけども、それは、必ずしも私に言わせれば、そういう私が言います疑念に対してきちっとした調査が、あるいは査察と申しますか、そういったことが行なわれてのことではない、という感じを持つわけであります。そういうふうに信じておると、信じざるを得ない。予定価格の漏洩はないと信じているということに過ぎないわけでありまして、それは主観的な問題でありまして、実際にはどうなのかということは、ただいまのご答弁では少なくともわかりません、私には。  それをここでどうだ、ということではありませんけれども、やはりこういう落札率、ただいま聞きますと99%、しかも、100%にごく近い、限りなく近い数字であります。教育委員会の場合も、ややそれに似た感じがするわけでありまして、これを見て、おそらく私に限らず、市民の皆さんは、なかなか先ほどのご答弁を、容易に理解することはできないだろうと思います。  私は、業者間の談合がどうであったかということは、必ずしもよくわかりませんけれども、先ほども言いますように、やはり予定価格の漏洩ということは、あるいはサゼッションといいますか、示唆というものがどこかであったに違いないというふうにしか思えない。そういう感じを持ちます。このことについて、もう一度、もしご答弁があればいただきまして、終わりにしたいと思います。 ○議長(小谷正美)  大谷民生部長。 ○民生部長(大谷正幸)  再度繰り返しますが、入札は厳正かつ適正に行なっております。  以上です。 ○議長(小谷正美)  ほかにありませんか。  19番、清水議員。 ○19番(清水 勝)  少し詳細にお知らせをいただきたいと思います。これは、議案2件について、126号と127号についてですけれども。  最初に、相愛保育園の関係でございます。随分と、平成14年度当初予算に計上されて以降、二転三転した本事業だと思います。  この中で、私は全体的に見てみますに、過般の3月の平成14年度の最終補正でございますね。この中で、解体経費の追加、並びに用地費等の減ということで、1,700万円マイナスの減額補正をなさっておられます。こういう状況、あるいは14年度の当初には、相愛保育園事業については、3億7,300万円計上なさっておられます。15年度当初では、遊具等を中心に600万円程度、予算が計上されております。  これは、126号につきましては、建築主体工事の金額であります。口頭でちょっと触れられましたけれども、機械設備工事、あるいは電気設備工事等々があると思います。懇切丁寧にお話がなるかなと思ったんですけれども、ご案内のとおり、本日だけの会議でございまして、委員会付託がないものですから、これはぜひ、詳細にご報告をいただきたいと思います。  これが1つであります。  併せて、今、申し上げましたように、解体経費の追加等あるいは用地費の減になった金額については、3月最終補正で数字だけは挙げておられますけれども、詳細な内容について、私もお尋ねしてなかったわけでございますけれども、お知らせをいただきたいと思います。これ、全体的なこの相愛保育園の建築工事の関係であると思いますから、詳細な説明を、お願いをいたしたいと思います。  次に、127号でございますけれども、これについても総体予算が14年度の当初、地質調査費等々含めまして、全体的に私が把握するところは、4億6,200万円程度の全体予算であったと思います。でありまして、建築主体工事で3億5,000万円程度の落札価格が出ておるわけでございますけども、機械設備なり電気設備工事なり、そのほか、約1億円程度の予算が使われていると思いますけれども、この詳細な内容についてお知らせをいただきたいと思います。  以上の点について、再度お願いいたします。
    ○議長(小谷正美)  大谷民生部長。 ○民生部長(大谷正幸)  建築主体工事のほかの入札の結果でございますが、まず、機械設備工事の契約金額は4,410万円、それから電気設備工事が2,105万4,000円、それから施工に際しましての監理業務、これが204万8,000円。  したがいまして、建築主体工事等含めまして、2億5,276万7,000円が建築にかかわる契約金額ということになります。  それで、詳細についてということでございますが、14年度に執行いたしましたのは、土地取得費、これ当初1億700万円の予算を組んでおりましたが、結果的に8,650万9,000円で14年度執行いたしております。  15年度への繰越しで、先ほど申し上げました建築主体の関係で2億6,941万8,000円の繰越しをお願いをいたしております。それと15年度当初予算で、大型遊具あるいは厨房備品等で605万3,000円。これで予算的には総計が3億6,198万円という総計になります。  ところが、今回の入札執行によりまして、ちょっと解体もおっしゃいましたが、先ほど言いました15年度の繰越しの中には、解体経費これが925万1,000円、浄化槽の手数料8万1,000円、水道加入負担金49万4,000円、これを含んでおります。それで、2億6,941万8,000円と申し上げましたが、建築にかかわる部分、これにつきましては2億5,959万2,000円、これは予算額に対しまして、入札の結果、2億5,276万7,000円になりました。  したがいまして、予算から現時点で682万5,000円の減という結果になっております。  以上でございます。 ○議長(小谷正美)  松村総務課長。 ○教育委員会総務課長(松村淳真)  清水議員お尋ねの大田小学校に係る他の件でございますが、解体工事、井口建設が落札をいたしまして、3,696万円でございます。電気設備工事は、中国電気工事が落札いたしておりまして、2,572万5,000円で落札でございます。機械設備工事、これ水道に係るものでございますが、有限会社 松田水道、1,554万円の落札でございます。さらに、工事監理業務委託、杉本建築設計事務所、514万5,000円でございます。  さらに、国有地等の土地の調査等ございましたけれども、これ、今、手元に細かい資料、手持ちしておりません。さらに今、それらの数字のトータルをしたものも、今、持っておりませんので、ご容赦いただきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(小谷正美)  19番、清水議員。 ○19番(清水 勝)  もう少し、お聞かせをいただきたいと思います。  大田小学校の屋体の改築工事の関係でございます。全体予算が4億7,500万円程度だと思います。それによりまして、それぞれの請負契約なり入札業務が行われる中で、予算に対します予算減ですね。これはどのぐらいになっておるのか、再度お聞かせをいただきたいと思います。もろもろの数字をおっしゃいましたですが、併せまして、両方とも解体工事があります。それぞれ予算の数字をおっしゃいましたですけども、解体工事につきまして、私は少なくとも、建築主体工事の皆さんがおやりになると思うんですけれども、正直申し上げまして、この建築主体工事を請けられた皆さんが、直接解体等について、どこまでおやりになるのか。例えて言いますと、丸投げということは、これはもうならんわけですから、そっくりほぼ、全体的に下請けに出す実態が私は出てくるんじゃないかな、というような気がしておるわけでございまして、どういう方向で話がなされているのかね。それぞれの専門的な業者がおられるわけですけれども、今おっしゃいますように、建築主体工事の中でもやられるんだなと、私は受け止めたところでして、そういう状況は、実態はどうなるのか。あるいは、他の部分についても結構、下請的な状況が出るように感じは、私はするわけでございますけど、そういう状況はどういうぐあいに、契約業者との話し合いになっているのか、再度お聞かせいただきたいと思います。 ○議長(小谷正美)  大谷民生部長。 ○民生部長(大谷正幸)  相愛保育園の解体につきましては、園児が、新園舎が完成するまで、そこに入っていないといけませんので、解体は引越しをしてからということになります。  したがいまして、今、私ども、努力目標といたしまして、園児さんには今、1年待っていただいておりますので、現在の卒園される園児さんには、できるだけ長いこと新園舎で入ってもらいたいという気持で、来年の2月には引越しをして新園舎で、ということを考えておりますが、したがいまして、1月末までは旧保育園での保育ということになります。その後、これは解体につきましては、まだ契約はいたしておりません。その時期になりましたら、産業廃棄物の指定業者、処理の許可業者ですね。これらを中心にまた指名をいたしまして、入札を執行したいというふうに考えております。  以上です。 ○議長(小谷正美)  松村総務課長。 ○教育委員会総務課長(松村淳真)  先ほどお尋ねの予算総額に対する入札残等の数字につきましては、今、手元に持っておりませんので、後ほどご返事をさせていただきたいと思います。  それから、解体工事は連合運動会、5月10日予定されておりまして、その後に、行う予定にしておりますけれども、これはご指摘のように複数業者によってなされるものと聞いておりまして、詳細についてはまだ、今、手元に資料を持っておりません。また、後ほどご報告いたします。  以上でございます。 ○議長(小谷正美)  ほかにありませんか。………ないようでありますので、以上で本案2件に対する質疑を終結いたします。  続いて、議案第128号、損害賠償の額の決定について、及び議案第129号、平成15年度大田市病院事業会計補正予算(第1号)の2件を一括議題といたします。  本案2件についてご質疑はありませんか。  21番、下迫議員。 ○21番(下迫紀弘)  1つお尋ねしてみたいと思います。  この議案第128号でございます。  損害賠償の額の決定についてということでありまして、1,000万円提示されております。先ほどの事務部長のご説明ですと、この賠償額をこの議会に提示する。それを議決をしてもらうということではあったわけでありますけれども、最後のところ、これを決めた後、示談交渉に臨むというお話が、たしかあったと思います。もし、そうなるとしますと、事前にこの相手方に、これしか賠償はできませんよというふうな感じを持たせる働きがあると思います。  そうなりますと、示談交渉がこれから先、どのように行われるかは知りませんけれども、結局、相手方は、これまでしか要求できないのではないだろうかというイメージを持つわけでありまして、非常に何かこの示談交渉そのものを規制してかかる。抑制してかかるというような、私は、ことになりはしないかという疑いを持つわけでありますが、手続上、こうなったということかもしれませんけれども、なぜ、こんなことを示談交渉に先駆けてやらねばならないのか。その辺、私の聞き違いであったかもしれませんけれども、お聞かせをいただきたい。お尋ねもしてみたいと思うわけであります。 ○議長(小谷正美)  盛川市立病院事務部長。 ○市立病院事務部長(盛川弘行)  下迫議員ご質問の件でございますけれども、大田市病院事業の設置等に関する条例の第6条によりまして、議会の議決を要する負担金附きの寄附の受領等という条文でございますけれども、これに損害賠償の額の決定で、当該決定に係る金額が10万円以上のものについては、議会の議決を経てから、ということになっておりますので、このたび、損害賠償の額の決定につきまして、議会の議決をお願いするものでございます。  なお、限度1,000万円というふうに相手方が考えられて、交渉が難しいんではないかというご質問かと思いますけども、これにつきましては、この額の範囲内で示談を成立したいというふうに考えてはおりますけども、これまで何回か足を運びまして、相手方、保険会社等との話の交渉の中から、この金額をお願いをするものでございます。  以上でございます。 ○議長(小谷正美)  21番、下迫議員。 ○21番(下迫紀弘)  ご答弁がありましたように、手続上、こういう議決を経なければならないということはわかります。それがたまたま示談交渉のまだ成立前であったと。示談の成立前であったということではわかりますけれども、これが示談中に示されることによって、先ほども言いますように、やはり相手方にやっぱりプレッシャーを課することになりはしないかという気が、私はするわけであります。交渉の内容がどうなのかということは、私も詳しくわかりませんけれども、その辺について、何の配慮もなく手続上、決まりがこうなっとるから、こうしておりますというふうなことだけでは、私は済まされないという気がいたします。  その辺については、私が思うような、私が言っておりますような懸念は、全く持たず、これからもそういった示談交渉をしていくということなのか、どうなのか。その辺について、お尋ねをしてみたいと思います。  それから、示談交渉は、今の雲行きですと、いつごろというと、ちょっとわかりにくいかもしれませんけれども、近いうちに成立する可能性があるのか、どうなのか。今、どの辺まで、どういう段階までいっているのか、内容ではなくて、どの段階までいっているのかという、そのお考えをお示しいただきたいと思います。  以上。 ○議長(小谷正美)  盛川市立病院事務部長。 ○市立病院事務部長(盛川弘行)  先ほどもご説明をさせていただきましたけれども、これまで相手方とお話をする中で、この額で決定ができるという見込みがありましたので、こうして議会にお願いをしているというふうに、先ほど説明をさせていただいたというふうに思いますので、この金額が相手方に与える制限というか、そういうことにはならないというふうに思いますし、この額で議決をいただきましたら、登壇しても申しましたけれども、ただちに示談書を交わしたいというふうに考えているものでございますので、早い時期、できましたら今週中にでも、というふうに考えているものでございます。  これで、示談は成立するというふうに考えております。  以上です。 ○議長(小谷正美)  ほかにありませんか。  11番、福田佳代子議員。 ○11番(福田佳代子)  亡くなられた方には、心からのお悔やみを申し上げるものですが、お聞きしたいのは、この1,000万円という金額について、その根拠ですか。どういう根拠でこうした1,000万円という金額が出されたのかどうなのかというのを、ひとつお聞かせいただきたいと思います。  2つ目には、市立病院として共済組合ですか。年間の保険料が幾ら払われているのか。この保険料が払われているのか。それで、こういう事故が起こったことによって、来年度からの保険料がアップされるという、そういうようなことがあるのかどうなのかというのも、お聞かせいただきたいと思います。  それと、そのほかにも例えば、火災保険だとか、そういったものも多分入っておられるんじゃないかなと思っていますので、そういった保険料関係の負担というのは、年幾らになるのか、併せてお聞かせいただきたいと思います。  以上、お願いします。 ○議長(小谷正美)  盛川市立病院事務部長。 ○市立病院事務部長(盛川弘行)  福田佳代子議員からのご質問の1点目の金額の根拠ということでございますけれども、先ほども少し触れましたけども、保険会社、相手方、当院、病院ですね。の話し合いの中からということでございまして、保険会社の方に事故報告をいたしまして、それに基づいて保険会社が査定したところで金額が決定をするということになろうかと思います。  それと、その保険料でございますけれども、平成14年度で約500万円でございまして、これにつきましては、病院の設備、施設等につきましての賠償といいますか、責任がかかるものにつきまして、すべてがこの金額でございます。  以上でございます。 ○議長(小谷正美)  ほかにありませんか。  14番、林議員。 ○14番(林 仁)  1点だけ、お聞かせいただきたいのは、示談ということになりますと、病院当局は医療事故であったということを認めたということになるんですね。私のこの件に関しての今までの経過を聞いてみますと、一番疑念に思うのは警察がどういうふうな判断をしたかと、司法解剖。その結果というものが公表されてないわけですね。示談ということになると、もう医療事故ということを認めたということなんですが、このことに関して、最終的な報告がなされてないんですが、特に司法解剖といいますか、警察云々というのは1カ月、2カ月かかるんだ、というような答弁だったと思うんですが、最終的な病院当局の見解をちょっとお聞きしたいと思うんです。 ○議長(小谷正美)  盛川市立病院事務部長。 ○市立病院事務部長(盛川弘行)  この件につきましては、病院は医療事故というふうに、これまでもご報告を申し上げてきておりますので、医療事故でございます。  警察との関係につきましては、これは刑法上の責任の追及ということでございますので、これまでも機会があるごとにご報告申し上げておりますけども、現在も警察の方は捜査中でございます。まだ、捜査が終了したということはお聞きしておりません。実地検証等、これからなされるというふうには聞いております。  今の損害賠償につきましては、これは民事での賠償責任ということでございますので、ご理解いただきたいと思います。 ○議長(小谷正美)  ほかにありませんか。………ないようでありますので、以上で本案2件に対する質疑を終結いたします。  これより本案4件について討論、表決を行います。  まず、議案第126号について討論はありませんか。………討論なしと認め、本案を採決いたします。  本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。              [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(小谷正美)  ご異議なしと認めます。  よって、議案第126号は原案のとおり決しました。  続いて、議案第127号について討論はありませんか。………討論なしと認め、本案を採決いたします。  本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。              [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(小谷正美)  ご異議なしと認めます。
     よって、議案第127号は原案のとおり決しました。  続いて、議案第128号について討論はありませんか。………討論なしと認め、本案を採決いたします。  本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。              [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(小谷正美)  ご異議なしと認めます。  よって、議案第128号は原案のとおり決しました。  続いて、議案第129号について討論はありませんか。………討論なしと認め、本案を採決いたします。  本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。              [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(小谷正美)  ご異議なしと認めます。  よって、議案第129号は原案のとおり決しました。  以上で、本臨時会に付議されました事件は、すべて議了いたしましたので、第396回大田市議会臨時会を閉会いたします。      午前9時53分 閉会  以上、会議のてんまつを記録し、その内容の正確なることを証するためここに署名する。  平成15年5月8日           大田市議会議長           大田市議会議員           大田市議会議員...