益田市議会 > 2007-12-03 >
平成19年第453回12月定例会-12月03日−01号

ツイート シェア
  1. 益田市議会 2007-12-03
    平成19年第453回12月定例会-12月03日−01号


    取得元: 益田市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-19
    DiscussNetPremium 平成19年第453回12月定例会 − 12月03日−01号 平成19年第453回12月定例会 − 12月03日−01号 平成19年第453回12月定例会               第453回益田市議会定例会会議録                           招集年月日 平成19年12月3日                           招集場所  益田市議会議場               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  本日の議事日程 第1 会議録署名議員の指名 第2 会期の決定 第3 報第 25号 専決処分の報告について 第4 議第109号 平成19年度益田市一般会計補正予算第6号 第5 議第110号 平成19年度益田市介護保険特別会計補正予算第2号 第6 議第111号 平成19年度益田市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号 第7 議第112号 平成19年度益田市老人保健特別会計補正予算第3号 第8 議第113号 平成19年度益田市飲料水供給施設事業特別会計補正予算第2号 第9 議第114号 平成19年度益田市簡易水道事業特別会計補正予算第2号 第10 議第115号 平成19年度益田市国営土地改良事業特別会計補正予算第3号 第11 議第116号 平成19年度益田市造林受託事業特別会計補正予算第3号
    第12 議第117号 平成19年度益田市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号 第13 議第118号 平成19年度益田市公共下水道事業特別会計補正予算第1号 第14 議第119号 平成19年度益田市益田駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算第1号 第15 議第120号 平成19年度益田市土地区画整理事業特別会計補正予算第1号 第16 議第121号 平成19年度益田市水道事業会計補正予算第2号 第17 議第122号 益田市の議会議員及び長の選挙における選挙運動用自動車使用及び掲示場用ポスターの作成についての公費負担に関する条例の一部を改正する条例制定について 第18 議第123号 益田市職員給与に関する条例の一部を改正する条例制定について 第19 議第124号 益田市立匹見健康センター基金条例制定について 第20 議第125号 益田市立旧割元庄屋・美濃地屋敷整備基金条例制定について 第21 議第126号 益田市立へき地保育所設置等に関する条例を廃止する条例制定について 第22 議第127号 益田市後期高齢者医療に関する条例制定について 第23 議第128号 益田市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例制定について 第24 議第129号 益田市営住宅設置条例の一部を改正する条例制定について 第25 議第130号 市道路線の廃止について 第26 議第131号 市道路線の認定について               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  会議に付した事件 本日の議事日程のとおり               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  出席議員(28名) 1 番   安 達 幾 夫 君          2 番   河 野 利 文 君 3 番   安 達 美津子 君          4 番   久 城 恵 治 君 5 番   中 島   守 君          6 番   松 原 義 生 君 7 番   井 藤 章 雄 君          8 番   岡 崎 宇 顕 君 9 番   永 見 おしえ 君          10 番   弘 中 英 樹 君 11 番   林   卓 雄 君          12 番   大久保 五 郎 君 13 番   福 原 宗 男 君          14 番   宮 内 智 士 君 15 番   野 村 良 二 君          16 番   寺 井 良 徳 君 17 番   山 根 哲 朗 君          18 番   平 谷   昭 君 19 番   澁 谷   勝 君          20 番   石 田 米 治 君 21 番   波 田 英 機 君          22 番   岡 田 正 隆 君 23 番   佐々木 惠 二 君          24 番   久 保 正 典 君 25 番   長谷川   昇 君          26 番   大 畑 茂三郎 君 27 番   前 田   士 君          28 番   山 崎 一 美 君               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  欠席議員(0名)               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  出席した議会事務局職員 局長       岩 本 清 治        次長       福 原   司 係長       永 岡 克 広               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  説明のため出席した者 市長       牛 尾 郁 夫 君    副市長      齋 藤   眸 君 教育長      陶 山   勝 君    会計管理者出納室長事務取扱                                下 瀬 俊 明 君 総務部長     盆子原   崇 君    地域振興部長   領 家 貞 夫 君 福祉環境部長   石 本 建 二 君    保健センター長  岩 本 のりこ 君 農林水産部長   永 岡 幸 三 君    商工観光部長   島 田   修 君 建設部長     石 川   保 君    水道部長     渡 辺 一 馬 君 美都総合支所長  澄 出 正 義 君    匹見総合支所長  渡 辺   隆 君 教育次長     寺 戸 紳 児 君    消防長      原 田   博 君 総合政策課長   柳 井 孝 雄 君    財政課長     田 中   敦 君 人事課長     堀 部 利 幸 君    地域振興課長   長 戸 保 明 君 保険課長     原   伸 二 君    生活福祉課長   大 畑   強 君 介護福祉課長   村 上 三恵子 君    子育て支援グループ長                                田 原 佳 子 君 健康増進グループ長福 原 義 貞 君    環境衛生課長   篠 原 栄 次 君 企業誘致課長   斎 藤 清 一 君    商工振興課長   堀 江 勝 幸 君 都市整備課長   田 中   健 君    土木課長     下 瀬 茂 美 君 建築課長     石 田 佳 夫 君    下水道課長    吉 部 和 志 君 水道業務第2課長 田 庭 友 美 君    教育総務課長   林   秀 輔 君 文化振興課長   安 達 正 美 君    市民学習センター長領 家 哲 也 君 農委事務局長   岩 本 雄 三 君    選管事務局長   大 達   務 君 監査公平局長   梅 津 博 之 君    美都総合支所住民福祉課長                                塩 道 和 則 君 匹見総合支所経済課長            美都総合支所建設課長          斎 藤 芳 文 君             河 野 正 憲 君               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜               午前9時0分 開会 ○議長(安達幾夫君) 皆さん、おはようございます。  これより第453回益田市議会定例会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第1 会議録署名議員の指名 ○議長(安達幾夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則の規定により、議長において6番松原義生君、7番井藤章雄君を指名いたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第2 会期の決定 ○議長(安達幾夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。  本件につきましては、議会運営委員長の報告を求めます。  委員長、報告願います。  24番 久保正典君。               〔議会運営委員長 久保正典君 登壇〕 ◆議会運営委員長(久保正典君) 議会運営委員会委員長報告。  第453回益田市議会定例会会期につきましては、去る11月26日に議会運営委員会を開催し、執行部出席のもと、慎重に協議をいたしました結果、本定例会会期は、本日12月3日から17日までの15日間といたそうとするものであります。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  委員長の報告に対し、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  ただいま委員長の報告は、今期定例会会期は、本日3日から17日までの15日間とするものであります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会会期は本日3日から17日までの15日間といたします。  この際、暫時休憩いたします。  全員協議会を開きますので、大会議室にお集まりください。               午前9時3分 休憩               午後3時45分 再開
    議長(安達幾夫君) 休憩前に引き続きまして会議を開きます。  この際、時間延長を行います。  暫時休憩をいたします。  直ちに全員協議会を開催いたします。               午後3時46分 休憩               午後5時0分 再開 ○議長(安達幾夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第3 報第25号 専決処分の報告について ○議長(安達幾夫君) 日程第3、報第25号専決処分の報告についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました報第25号、地方自治法第180条第1項の規定による専決処分について、御報告を申し上げます。  本件につきましては、本年9月20日、益田市匹見町匹見地内において発生した公用車運転中の接触事故に関して、その相手方に対します損害賠償の額の決定を10月26日付専決処分をもっていたしたところでございます。  したがいまして、同条第2項の規定に基づき、議会に御報告を申し上げる次第でございます。 ○議長(安達幾夫君) 以上で、報第25号の報告を終わります。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第4 議第109号 平成19年度益田市一般会計補正予算第6号 ○議長(安達幾夫君) 日程第4、議第109号平成19年度益田市一般会計補正予算第6号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第109号平成19年度益田市一般会計補正予算第6号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、特別職及び一般職の人件費、議員報酬、地場産業育成経費、基金創設費等を措置するほか、所要の経費について精査をいたし、歳入歳出それぞれ4,715万2,000円を追加いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ231億2,833万2,000円と相なる次第でございます。  また、第2条におきまして繰越明許費を、第3条におきまして債務負担行為の補正を、第4条におきまして地方債の補正を行っております。  詳細につきましては、総務部長から御説明申し上げますので、よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) 盆子原総務部長。               〔総務部長 盆子原 崇君 登壇〕 ◎総務部長(盆子原崇君) それでは、平成19年度益田市一般会計補正予算第6号につきまして、細部説明を申し上げます。  まず第1条、歳入歳出予算の補正では、歳入歳出それぞれ4,715万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ231億2,833万2,000円とし、補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額を2ページから6ページにおきまして「第1表歳入歳出予算補正」として定めております。  第2条、繰越明許費では、緊急地方道路整備事業において、年度内に事業完了が見込めない状況となりましたことに伴い、7ページにおきまして「第2表繰越明許費補正」として定めています。  第3条、債務負担行為の補正では、ホームページ管理システム整備に係る債務負担行為の追加を7ページにおきまして「第3表債務負担行為補正」として定めております。  第4条、地方債の補正では、事業費の増減に伴い、地方債の追加及び変更を8ページから9ページにおきまして「第4表地方債補正」として定めております。  それでは、事項別明細につきまして、主要事項等を御説明申し上げます。  まず、歳出について御説明いたします。  人件費につきましては、それぞれの款において計上しておりますが、一般会計総額では給料は5,068万8,000円の減額、職員手当等は4,600万1,000円の追加措置、共済費は300万3,000円の減額措置としています。また、退職手当負担金につきましては、2,705万3,000円を措置しています。  それでは、職員人件費以外の補正について御説明いたします。  議会費では議員数の減に伴う報酬の減額など、7,872万6,000円を減額措置しています。  総務費では、臨時職員、嘱託職員の雇用経費や市ホームページ更新経費など、合わせて4,170万6,000円を措置し、民生費では、老人施設児童施設の措置費や生活保護費など4,627万円を措置しております。  衛生費では、乳幼児医療費及び広域組合負担金など、合わせて1,846万2,000円を減額措置しております。  農林水産業費では、中山間地域集落支援、畜産認定農業者支援など、1,386万7,000円を措置しております。  商工費では、株式会社きのこハウスへの増資や匹見健康センター基金の創設など、4,960万8,000円を措置しております。  土木費では、県事業の確定、交付金事業の調整など、4,733万8,000円を減額措置しております。  消防費では、操法訓練中のけがによる公務災害補償費など、648万5,000円を措置しております。  教育費では、特殊学級開設工事費、学校統合対策費や美濃地屋敷屋根ふきかえに係る基金の創設など、6,274万2,000円を措置しております。  公債費では、起債の借入利率の確定に伴い、2,900万円を減額措置しております。  続きまして、歳入について御説明をいたします。  事業費の特定財源として国庫県支出金、特定目的基金繰入金、市債等を精査、計上し、一般財源の超過分につきましては、財政調整基金の取崩額の減額により調整を行っております。  詳細につきましては、お手元に配付をしております歳出事業一覧に記載しておりますので、御確認をお願いいたします。  以上、大変簡単ではございますが、細部説明を終わりといたします。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳出から款ごとに行います。後戻りのないよう議事進行に御協力をお願いいたします。  なお、質問に当たってはページをお知らせの上、質問をお願いいたします。  款1議会費について、22ページ、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で議会費を終わります。  款2総務費について、23ページから27ページまで、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で総務費を終わります。  款3民生費について、27ページから31ページまでであります。  質疑はありませんか。  17番 山根哲朗君。 ◆17番(山根哲朗君) 民生費の児童福祉費、予算書では30ページになりますが、1点だけお尋ねいたします。  児童福祉施設費で匹見保育所ですかね。遊具とか施設改修という予定になっておるようですが、ちょっと内容を御説明いただけませんか。 ○議長(安達幾夫君) 田原子育て支援グループ長。 ◎子育て支援グループ長(田原佳子君) 匹見保育所施設改修につきましては、10月から指定管理の運営に変わっておりますけれども、施設の整備の部分が残っておりますというか、必要なところがございまして、今回の補正では施設の外側のコンクリートの階段部分を中心とした舗装の改修、並びに遊具が設置してございますけれども、遊具の点検を行いまして、安全性の面から危険度の高いブランコ及び滑り台につきまして、改修を行う予定といたしているものでございます。 ○議長(安達幾夫君) 17番 山根哲朗君。 ◆17番(山根哲朗君) その遊具のことなんですけれども、大変いろいろ事故が起きるケースがあって、昨今ではそういうものを取り除くというところがふえていまして、その点のお考えをちょっとお聞きしたいんですけれども。 ○議長(安達幾夫君) 田原子育て支援グループ長。 ◎子育て支援グループ長(田原佳子君) 今回の点検に当たりましては、遊具の全般について点検をいたしまして、その結果、補修として対応すべき部分と、それから遊具の必要性といいますか、適切かどうかという面も含めまして、場合によっては撤去をしていくという可能性のものも全体の中では出てくるというふうに、今予定をしているところです。 ○議長(安達幾夫君) ほかにございませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で民生費を終わります。  款4衛生費について、32ページから34ページまで。  ちょっとお待ちいただきますようにお願いします。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で衛生費を終わります。  款6農林水産業費について、34ページから37ページまで、質疑はありませんか。  17番 山根哲朗君。 ◆17番(山根哲朗君) 1点だけお尋ねいたします。  予算書の35ページでございますが、農業振興費の中でたち上がる産地育成支援事業費が出ておりまして、畜産事業での取り組みへ変更というのが別添の資料で簡単に書いてございますけれども、いま少し御説明ください。 ○議長(安達幾夫君) 永岡農林水産部長。 ◎農林水産部長(永岡幸三君) 私の方からお答えいたします。  これは当初、ハウスのワサビ栽培実証圃の設置事業と、これを取り組んでいくという形の中で予算づけを行っておりましたけれども、これを取りやめをいたしまして、そして畜産の方におきまして、同じたち上がる産地育成支援事業の中で事業を行っていくと、こういうことでございます。 ○議長(安達幾夫君) ほかにありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で農林水産業費を終わります。  款7商工費について、38ページから40ページまで、質疑はありませんか。  23番 佐々木惠二君。 ◆23番(佐々木惠二君) 1点だけお尋ねをしたいと思います。  7月にも議論があったとこでございますけども、地場産業育成事業についての歳出事業一覧の中で、市債を過疎債ということで財源内訳があるわけでございます。周辺地域のことにつきまして過疎債を使うということの役割の中で、21年度で過疎債が終わろうかというような議論もあるわけでございますが、合併して美都、匹見が一緒になりまして、過疎債という起債が益田市において発生したわけでございます。当初、合併特例債も3分の1ということも議論にあったわけでございますけども、そうした中で、有利な過疎債があるのでというふうに執行部の皆様方からもまた説明を受けたところもございますし、7月にもそうした過疎計画のあり方について、市としてどうなのかという御議論もあったわけでございます。  少し疑問視するところが、過疎債を利用するということがどんどんあって、地域周辺に対してお金がないと言いながらも過疎債を使うということにつきまして、今後の周辺のことをどういうふうに考え、そしてまた御配慮をされ、過疎計画を進められるのか、1点だけお尋ねを申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) 盆子原総務部長。 ◎総務部長(盆子原崇君) 周辺の地域振興といいますか、活性化対策について、そのあたりの過疎債を適用しながらどのように進めていかれるのかということに対しては、粛々として過疎計画に基づいた執行計画を立てていかねばならないというふうに思っております。  一方では、ああやって財政再建の3カ年計画をつくっております。この議会におきましても、活性化プラン等を中日に御説明をする準備をしておりますけれど、そういった中でもやはり3カ年プランにのっとった中での起債というものを一定程度、3年間においては上限をかけながら計画をしております。  しかし、一方ではそういった中山間地対策基本的にはやっていかねばならないという市の思いといいますか、決意もございますので、そういった中で、全体的な予算の中でのやっぱり執行を考えていかざるを得ないかなというふうに考えておりますが、今後の執行については十分精査をし、進めてまいりたいというふうに思っております。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(安達幾夫君) 以上で商工費を終わります。  款8土木費について、41ページから45ページまで、質疑はありませんか。  17番 山根哲朗君。 ◆17番(山根哲朗君) 1点だけお聞かせください。  予算書の44ページの住宅管理費の中で、家賃収納対策事務費が173万2,000円、△になっておりますけれども、これについて御説明をお願いします。 ○議長(安達幾夫君) 石田建築課長。 ◎建築課長(石田佳夫君) この家賃収納対策事務費でございますが、これは今現在建設中の、美都町にあります川西団地の件でございます。これは一応来年の2月末が竣工というところでございまして、当初、これ総合評価方式という入札で行いましたので、工事着手がちょっとおくれた関係で、家賃収納対策が来年の3月1月分ということに今なろうということで、減額ということになっております。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で土木費を終わります。  款9消防費について、45ページ、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で消防費を終わります。  款10教育費について、46ページから51ページまで、質疑はありませんか。  16番 寺井良徳君。 ◆16番(寺井良徳君) 49ページの文化費で、益田氏城館整備事業費ということで2,200万円上がっております。いよいよ来年春から移転に向けて動き出すというふうに聞いておるところでございますけども、補償費のこれ説明ということで、補償費の追加ということで載っておりますが、具体的にどういうことなのか、説明をお願いいたします。 ○議長(安達幾夫君) 安達文化振興課長。 ◎文化振興課長(安達正美君) では、私の方から説明をさせていただきます。  この件につきましては、建物移転補償費、山門とか鐘楼等につきまして補償を実施するに当たり、再評価を実施させてもらっております。それに伴いまして、積算単価及び積算方法の改定並びに文化財的価値の付加等々があります関係上、事業費の増額になったということでございます。よろしくお願いいたします。 ○議長(安達幾夫君) ほかにありませんか。  17番 山根哲朗君。 ◆17番(山根哲朗君) 2点だけお尋ねします。  まず46ページの中で、事務局費の学校統合対策費で1,150万円が載ってまして、その後の活用というふうに説明書に書いてありますが、その状況について、いま少し御説明ください。  それと、もう1点は49ページに、社会教育総務費の中で、放課後子ども教室推進事業で116万5,000円が追加されておりますけれども、この内容について、いま少し御説明をお願いします。 ○議長(安達幾夫君) 林教育総務課長。 ◎教育総務課長(林秀輔君) それでは、私の方から最初の学校統合対策経費について御説明を申し上げます。  まず、この統合対策経費の部分につきまして、本年4月に学校統廃合ということで、北仙道小学校の方が安田小の方へ統合いたしました。それで、この旧北仙道小学校跡地につきまして、地元との跡地利用の協議を進めてまいったところでございます。それによりまして、平成20年の4月から施設全体を社会教育施設として位置づける中で、地区振興センター、公民館の機能も移転いたしたいというところでございます。それで、この移転に係ります施設の改修等、本年度におきまして、事務室、トイレ、玄関、若干スロープ等の修繕も行いたいというふうに今考えておるところでございます。  それで、現在の計画の中では、当面すべての整備ができないというところで、今、本年、来年、さらにもう1年ということで、一応3カ年で整備をしたいというふうに考えておるところでございます。  また、もう1点ございまして、これが工事請負費として、1,100万円の追加ということでございます。  もう1点が、来年4月に戸田小と統合いたします飯浦小学校につきまして、地元対策協の方で閉校記念事業を行いたいということがございました。これに伴います補助金といたしまして、今年度50万円の支出を行いたいという内容でございます。  以上です。 ○議長(安達幾夫君) 領家市民学習センター長。 ◎市民学習センター長(領家哲也君) 放課後子ども教室推進事業費の追加について御質問があったわけでございますが、御存じのように放課後子どもプラン、今年度から実施がされて、この事業について新たな取り組みということで、国が3分の1、県が3分の1、市町村が3分の1ということで、当初事業費を組んできたわけでございますが、現在、各小学校区単位に12のボランティアハウスが開設されているところでございます。現在これについて、当初3人で運営していこうということで計画をいたしておりましたが、なかなかボランティアハウスの子供参加者が多いところについて、何とかできないだろうかというようなことがございまして、国・県の方も新規事業ということで追加申請を認めるということになりまして、市内の6校について3人体制を4人体制にするということで、追加申請を行うめどが立ったということで、今回補正で追加をさせていただくということでお願いしております。  以上です。 ○議長(安達幾夫君) 17番 山根哲朗君。 ◆17番(山根哲朗君) まず、北仙道小学校は何か3年の続きものみたいな御説明ですけども、全容ちゅうのはどういうふうに考えておられるんですか。簡単で結構ですが。  それと、今の子供教室の関係ですけれども、それで、いわゆる、どう言うんでしょうか、地元の教室の要望にきちんとこたえることができたということなんでしょうか。 ○議長(安達幾夫君) 林教育総務課長。 ◎教育総務課長(林秀輔君) 本年4月に廃校となりまして、今現在は利用がされていないという状況です。そうは言いましても、体育館の部分につきましては利用の方がありますので、これは地区振興センターを通じて使用の方の許可をして、現在も使用しておるのが現状でございます。  その他の教室等については、今現在は使用はされておりません。これは改修いたしまして、来年の4月に機能移転を図りたいというところでございます。 ○議長(安達幾夫君) 領家市民学習センター長。 ◎市民学習センター長(領家哲也君) ボランティアハウスにつきましては、各ボランティアハウスの代表者等にお集まりいただいて、調整会議等、教育委員会主体にして実施をいたしているところでございますが、その中でそういった増員要望等が出てきたということで、市内、特に大きい小学校については、そういうボランティアハウスの世話をしていただけるボランティアの皆さんの人数をふやすということで今協議を進めているということで、これで御理解いただけると思っております。 ○議長(安達幾夫君) ほかにありませんか。  24番 久保正典君。 ◆24番(久保正典君) 47ページですが、学校管理費の中で、スクールバス運行経費というので420万円入札減とありますが、これ420万円も入札減して、実際に運行しとるんでしょうか。 ○議長(安達幾夫君) 林教育総務課長。 ◎教育総務課長(林秀輔君) 教育委員会といたしまして、当初、現在の予算額によりまして、入札の方を執行させていただいたところでございますが、結果といたしまして420万円の減額というところでございますが、現在、仕様どおり、種地区、北仙道地区、両地区とも往路1便、復路2便ということで、一応年間215日以内の運行ということで、順調に運行をしておるところでございます。 ○議長(安達幾夫君) 24番 久保正典君。 ◆24番(久保正典君) これ420万円も減額ということで、入札で落とされたと思いますが、もともと見積もりはどうなっとったんですか。420万円も大丈夫ですか、これ。 ○議長(安達幾夫君) 林教育総務課長。 ◎教育総務課長(林秀輔君) 420万円の減額ということで、これ、年間にいたしますと、種地区、北仙道地区、両地区で1,000万円程度になるわけでございます。これ、単価の設定等をいたしてやっておるわけでございますが、特に今現在、この契約の内容によりまして、業者さんの委託先の方と、今回の補正に当たりまして執行見込額等もすべて精査をいたしましても、一応420万円は減額しても支障がないという状況でございます。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で教育費を終わります。  ここで石田建築課長より発言を求められております。それを許します。  石田建築課長。 ◎建築課長(石田佳夫君) 先ほど、44ページの住宅管理費の中で家賃収納対策事務費でございますか、山根議員から御質問ありましたが、家賃低減対策事業とちょっと間違えておりましたので、訂正させていただきます。  この家賃収納対策事務費でございますが、これは公営住宅法施行令等の一部改正という、これ所得階層の変更なんですが、これが20年度予定で、今年度住宅管理施設の法改正の対応委託業務を予定しておりましたが、これが次年度以降に延びたということで、今回減額という形にしたものでございます。  おわびして、訂正申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) 款12公債費について、51ページから52ページまで、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) 以上で公債費を終わります。  これにて歳出の質疑を終わります。  次に、歳入につきましては一括して行います。  12ページから21ページまで、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第109号については、総務常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第5 議第110号 平成19年度益田市介護保険特別会計補正予算第2号 ○議長(安達幾夫君) 日程第5、議第110号平成19年度益田市介護保険特別会計補正予算第2号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第110号平成19年度益田市介護保険特別会計補正予算第2号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を措置するほか、保険給付費に係る見込額を精査するとともに、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ838万9,000円を減額いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ42億1,421万4,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第110号については、文教厚生常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第6 議第111号 平成19年度益田市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号 ○議長(安達幾夫君) 日程第6、議第111号平成19年度益田市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第111号平成19年度益田市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を措置するほか、医療制度改革の実施に係る国民健康保険税賦課及び保健事業のシステム改修に伴う経費並びに制度変更の周知に必要な経費等を措置いたすとともに、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ527万8,000円を追加いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ60億7,547万7,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。 ○議長(安達幾夫君) 6番 松原義生君。 ◆6番(松原義生君) 10ページの医療費適正化対策事業費の中身を少し教えていただけませんか。 ○議長(安達幾夫君) 原保険課長。 ◎保険課長(原伸二君) 10ページの医療費適正化対策事業費でございますが、これは医療制度改正によりまして、平成20年4月から行われる特定健診にかかわりまして、一応特定健診の資料を国保連合会の方にお送りして、その資料を国保連合会でまとめて、それをうちのパソコンとインターネットでつなぎまして、それを閲覧するシステムになっておりまして、それに係る経費でございます。 ○議長(安達幾夫君) ほかにありませんか。  3番 安達美津子君。 ◆3番(安達美津子君) 9ページの徴税費の中の賦課徴収事務費というのは、中身は何でしょうか。
    議長(安達幾夫君) 原保険課長。 ◎保険課長(原伸二君) これも来年度の制度改正に伴いました、今システム改修をしておりまして、その一環として、来年度から発送する督促状でありますとか、そういうのを圧着シール化というんですか、圧着はがき化するということでございまして、それに係る経費を載せております。一応20年度からの発送でございますが、テストと合わせて1年分をここで措置しております。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第111号については、文教厚生常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第7 議第112号 平成19年度益田市老人保健特別会計補正予算第3号 ○議長(安達幾夫君) 日程第7、議第112号平成19年度益田市老人保健特別会計補正予算第3号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第112号平成19年度益田市老人保健特別会計補正予算第3号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を精査いたすとともに、後期高齢者医療制度に係る事務費を措置し、また所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ89万6,000円を減額いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ65億1,628万1,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第112号については、文教厚生常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第8 議第113号 平成19年度益田市飲料水供給施設事業特別会計補正予算第2号 ○議長(安達幾夫君) 日程第8、議第113号平成19年度益田市飲料水供給施設事業特別会計補正予算第2号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第113号平成19年度益田市飲料水供給施設事業特別会計補正予算第2号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を精査いたすとともに、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ55万2,000円を減額いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ7,869万9,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第113号については、建設常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第9 議第114号 平成19年度益田市簡易水道事業特別会計補正予算第2号 ○議長(安達幾夫君) 日程第9、議第114号平成19年度益田市簡易水道事業特別会計補正予算第2号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第114号平成19年度益田市簡易水道事業特別会計補正予算第2号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を措置するほか、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ134万6,000円を追加いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ2億8,003万6,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第114号については、建設常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第10 議第115号 平成19年度益田市国営土地改良事業特別会計補正予算第3号 ○議長(安達幾夫君) 日程第10、議第115号平成19年度益田市国営土地改良事業特別会計補正予算第3号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第115号平成19年度益田市国営土地改良事業特別会計補正予算第3号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、国の制度改正による計画償還助成事業の拡充に伴い、国県補助金等について所要の措置をいたすとともに、財源調整を行い、歳入歳出それぞれ36万5,000円を減額いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億339万1,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第115号については、経済常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第11 議第116号 平成19年度益田市造林受託事業特別会計補正予算第3号 ○議長(安達幾夫君) 日程第11、議第116号平成19年度益田市造林受託事業特別会計補正予算第3号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第116号平成19年度益田市造林受託事業特別会計補正予算第3号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を精査いたすとともに、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ19万5,000円を減額いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億3,250万1,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第116号については、経済常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第12 議第117号 平成19年度益田市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号 ○議長(安達幾夫君) 日程第12、議第117号平成19年度益田市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第117号平成19年度益田市農業集落排水事業特別会計補正予算第1号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を措置するほか、つなぎ込み促進事業費及び公債費について所要額を精査いたすとともに、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ133万2,000円を追加いたそうとするものです。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億7,495万4,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第117号については、建設常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第13 議第118号 平成19年度益田市公共下水道事業特別会計補正予算第1号 ○議長(安達幾夫君) 日程第13、議第118号平成19年度益田市公共下水道事業特別会計補正予算第1号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。
                  〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第118号平成19年度益田市公共下水道事業特別会計補正予算第1号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を措置するほか、下水道整備事業費及び公債費に係る所要額を精査いたすとともに、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ1億750万4,000円を減額いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ15億2,976万3,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第118号については、建設常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第14 議第119号 平成19年度益田市益田駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算第1号 ○議長(安達幾夫君) 日程第14、議第119号平成19年度益田市益田駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算第1号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第119号平成19年度益田市益田駅前地区市街地再開発事業特別会計補正予算第1号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、財産収入及び公債費の所要額を精査いたすとともに、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ138万円を減額いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ9,728万1,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。  3番 安達美津子君。 ◆3番(安達美津子君) 6ページの建物家賃収入についてお伺いいたします。  歩合での家賃収入もある契約をされておられるところがあると思いますけれども、この家賃収入については、歩合が入っとるんでしょうか、どうでしょうか。 ○議長(安達幾夫君) 堀江商工振興課長。 ◎商工振興課長堀江勝幸君) 今回の補正につきましては、新規の賃貸借契約1件と継続の賃貸借契約1件ということで財産収入の方を上げさせていただいておりますので、歩合の方はちょっとこの補正とは関係はないということでございます。 ○議長(安達幾夫君) ほかにありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第119号については、経済常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第15 議第120号 平成19年度益田市土地区画整理事業特別会計補正予算第1号 ○議長(安達幾夫君) 日程第15、議第120号平成19年度益田市土地区画整理事業特別会計補正予算第1号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第120号平成19年度益田市土地区画整理事業特別会計補正予算第1号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額を措置するほか、保留地の売り払いに伴う基金積立金を追加し、土地区画整理事業費等に係る所要額を精査いたすとともに、所要の財源調整を行い、歳入歳出それぞれ3億3,921万7,000円を追加いたそうとするものでございます。  その結果、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ10億6,488万1,000円と相なる次第でございます。  また、第2条におきまして、地方債の補正を行っております。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は歳入歳出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第120号については、建設常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第16 議第121号 平成19年度益田市水道事業会計補正予算第2号 ○議長(安達幾夫君) 日程第16、議第121号平成19年度益田市水道事業会計補正予算第2号を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第121号平成19年度益田市水道事業会計補正予算第2号について、提案理由の御説明を申し上げます。  今回の補正につきましては、一般職人件費に係る所要額の精査をいたすとともに、県事業の変更等による建設改良費の措置等を行うものでございます。  まず収益的収支につきましては、簡易水道事業収益を28万2,000円追加いたし、水道事業費用を1,650万7,000円減額し、簡易水道事業費用を14万2,000円追加いたそうとするものでございます。  その結果、総収入額は9億5,276万3,000円、総支出額は8億9,087万3,000円と相なる次第でございます。  次に資本的収支につきましては、資本的収入を450万円追加し、簡易水道資本的収入を190万4,000円減額し、資本的支出を440万3,000円、簡易水道資本的支出を135万8,000円、それぞれ追加いたそうとするものでございます。  その結果、総収入額は1億9,436万4,000円、総支出額は6億5,164万7,000円と相なる次第でございます。  また、資本的収支における不足額4億5,728万3,000円は、消費税資本的収支調整額、減債積立金及び過年度分損益勘定留保資金をもって補てんいたそうとするものであります。  以上、よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑は収入支出一括して行います。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第121号については、建設常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第17 議第122号 益田市の議会議員及び長の選挙における選挙運動用自動車使用及び掲示場用ポスターの作成についての公費負担に関する条例の一部を改正する条例制定について ○議長(安達幾夫君) 日程第17、議第122号益田市の議会議員及び長の選挙における選挙運動用自動車使用及び掲示場用ポスターの作成についての公費負担に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第122号益田市の議会議員及び長の選挙における選挙運動用自動車使用及び掲示場用ポスターの作成についての公費負担に関する条例の一部を改正する条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。  本案につきましては、公職選挙法の一部改正により、指定都市以外の市の長の選挙において、有権者が候補者の政策等を知る機会を拡充するため、候補者が選挙運動用ビラを頒布することができるようになったことから、法改正の趣旨に沿って、その作成費用の公費負担をいたすための所要の改正を行うとともに、規定の整理をあわせて行おうとするものでございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第122号については、総務常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第18 議第123号 益田市職員給与に関する条例の一部を改正する条例制定について ○議長(安達幾夫君) 日程第18、議第123号益田市職員給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第123号益田市職員給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。  本市の職員給与につきましては、従来から地方公務員法の趣旨に基づき、人事院勧告による国家公務員に対する措置に準拠して改定をしてまいったところでありますが、昨年10月に総務省から、地方公共団体においては国における取り扱いを基本として、地域における民間給与等の状況を勘案し適切に対処することという通知を受けていることから、本年は島根県人事委員会勧告も考慮しての改定といたしました。  本年の人事院勧告及び島根県人事委員会勧告は、若年層に限定した俸給月額の引き上げ、子らにかかわる扶養手当の引き上げという勧告となっており、このことを受け、本市の職員給与等の改定に当たったところであります。  改正の内容といたしましては、給料表の1級から3級までの一部を引き上げにより改定することとし、子らに係る扶養手当を月額500円引き上げようとするものでございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第123号については、総務常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第19 議第124号 益田市立匹見健康センター基金条例制定について ○議長(安達幾夫君) 日程第19、議第124号益田市立匹見健康センター基金条例制定についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。
                  〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第124号益田市立匹見健康センター基金条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。  本案につきましては、匹見健康センターにおいて将来必要となる維持管理等に要する経費に充当するため、地方自治法第241条第1項の規定に基づき、基金の設置をいたそうとするものでございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第124号については、経済常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第20 議第125号 益田市立旧割元庄屋・美濃地屋敷整備基金条例制定について ○議長(安達幾夫君) 日程第20、議第125号益田市立旧割元庄屋・美濃地屋敷整備基金条例制定についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第125号益田市立旧割元庄屋・美濃地屋敷整備基金条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。  本案につきましては、匹見町道川にございます益田市立旧割元庄屋・美濃地屋敷につきまして、歴史的資料の保存経費及び将来必要となる維持管理に要する経費に充当するため、地方自治法第241条第1項の規定に基づき、基金の設置をいたそうとするものでございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第125号については、文教厚生常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第21 議第126号 益田市立へき地保育所設置等に関する条例を廃止する条例制定について ○議長(安達幾夫君) 日程第21、議第126号益田市立へき地保育所設置等に関する条例を廃止する条例制定についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第126号益田市立へき地保育所設置等に関する条例を廃止する条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。  本案につきましては、益田市立二川へき地保育所児童数の減少に伴い、保育環境に及ぼす影響を考慮し、保護者地域の皆様と認可保育所への統合について協議を行ってまいりましたが、このたび協議が調いましたことから、今年度末をもって二川へき地保育所を廃止いたそうとするものでございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第126号については、文教厚生常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第22 議第127号 益田市後期高齢者医療に関する条例制定について ○議長(安達幾夫君) 日程第22、議第127号益田市後期高齢者医療に関する条例制定についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第127号益田市後期高齢者医療に関する条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。  本案につきましては、医療制度改革に伴いまして実施される後期高齢者医療制度に係る事務について、法令等で定めるもののほか、市において行う事務及び保険料の徴収等について所要の定めをいたそうとするものでございます。  なお、詳細につきましては担当課長から御説明申し上げますので、よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) 原保険課長。 ◎保険課長(原伸二君) それでは、益田市後期高齢者医療に関する条例の内容につきまして、御説明を申し上げます。  第1条につきましては、本条例の趣旨について定めております。  第2条につきましては、島根県後期高齢者医療広域連合が行う業務のうち、申請書の受付等、市が行う事務について定めております。  また、3条において保険料を徴収すべき被保険者について定めており、4条においては、普通徴収の方法によって徴収する保険料の納期等について定めております。  次に、第5条につきましては、保険料納付額の通知について定め、第6条につきましては、保険料の納付について、納期前においても納付できる旨を定めております。  また、7条において督促状に関する規定を置き、第8条においては、延滞金に関する規定を定めております。  第9条につきましては罰則等について定め、第10条におきましては、条例に定めるもののほか、この条例施行に必要な事項は市長が別に定めるものとしております。  以上、簡単ではございますが、説明を終わります。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第127号については、文教厚生常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第23 議第128号 益田市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例制定について ○議長(安達幾夫君) 日程第23、議第128号益田市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第128号益田市国民健康保険税賦課徴収条例の一部を改正する条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。  本案につきましては、医療制度改革に伴う地方税法の一部改正により、平成20年4月から65歳以上の国民健康保険保険者のみの世帯に係る保険税が原則として特別徴収となり、年金給付から天引きされるようになることから、所要の改正をいたそうとするものでございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第128号については、文教厚生常任委員会に付託をいたします。  この際、柳井総合政策課長から発言を求められております。これを許します。  柳井総合政策課長。 ◎総合政策課長(柳井孝雄君) 大変恐れ入ります。  先ほどの議第127号益田市後期高齢者医療に関する条例制定についての中の条例案につきまして、2枚目です、附則2号の中の下から3行目、読みますと、「した割合をいう。以下同じ。)が年7.3%の割合に満たないときに」ということで、そこで漢字の合という字が1字入っておりますが、これの削除をお願いしたいと思います。大変申しわけございません。よろしくお願いします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第24 議第129号 益田市営住宅設置条例の一部を改正する条例制定について ○議長(安達幾夫君) 日程第24、議第129号益田市営住宅設置条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第129号益田市営住宅設置条例の一部を改正する条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。  本案につきましては、平成18年度から建てかえを進めてまいりました市営川西住宅が、平成20年2月末に完成の運びとなりましたことから、同年3月1日から供用を開始いたしたく、所要の改正をいたそうとするものでございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第129号については、建設常任委員会に付託をいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程第25 議第130号 市道路線の廃止について △日程第26 議第131号 市道路線の認定について ○議長(安達幾夫君) 日程第25、議第130号市道路線の廃止について、日程第26、議第131号市道路線の認定について、議案2件を一括議題といたします。  提案理由の説明を求めます。  牛尾市長。               〔市長 牛尾郁夫君 登壇〕 ◎市長(牛尾郁夫君) ただいま議題となりました議第130号及び議第131号、市道路線の廃止及び認定について、一括して提案理由の御説明を申し上げます。  市道路線の廃止につきましては、益田道路建設に関連する1路線を廃止いたそうとするものでございます。  また、市道路線の認定につきましては、住宅団地造成によるもの1路線、益田道路建設に関連するもの2路線の合計3路線を認定いたそうとするものでございます。  以上の廃止及び認定がなされますと、市道路線の総数は2路線増の1,558路線、総延長は96.6メートル増の90万8,117.33メートルと相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(安達幾夫君) これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(安達幾夫君) これにて質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議第130号及び議第131号の2件については、建設常任委員会に付託いたします。  以上で、本日の日程は終了いたしました。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(安達幾夫君) 本日はこれにて散会いたします。大変御苦労さんでございました。               午後6時15分 散会...