14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

草津市議会 2018-09-28 平成30年 9月28日決算審査特別委員会−09月28日-01号

検定事業やALT、JETの配置は、学力向上のための有効な手法として評価できる。学力学習意欲を高める取り組みを進めるとともに、子どもたちへの心の教育などバランスのとれた取り組みをさらに展開されたい。  小学校少人数学級編制事業についてのコメントです。  平成29年度は実績はなかったが、きめ細かな教育指導により、教育効果は大きい事業であることから、今後も継続されたい。  

米原市議会 2018-03-05 平成30年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号 3月 5日)

教育部次長生涯学習課長(口分田剛)  学校関係でよくALTとかいらっしゃいますね、外国の、その関係のJETプログラムと通しまして、SEAという候補者を探しているんですけども、現在そこから今ニュージーランド日本大使館のほうで公募をしていただいている状況でございます。 ○委員長・分科会長(中川雅史)  山脇委員。

米原市議会 2017-03-13 平成29年予算特別委員会(2日目 3月13日)

生涯学習課長補佐(花部正人)  委員おっしゃっていただいているのは、SEAのスポーツ国際交流員のことかと思いますが、これにつきましては、語学指導を行う外国青年招致事業のJETプログラムというものの中の一つのメニューということで、スポーツ指導も一緒に行える専門家ということで、スポーツのトレーニング方法や事業の立案等をしていただく方でございまして、この制度につきましては、JETプログラムへ御応募いただいて

大津市議会 2016-09-14 平成28年 9月通常会議-09月14日-11号

また、国は、語学指導等を行う外国青年招致事業であるJETプログラムによる外国語指導助手の配置について所要の地方財政措置を講じる。地方公共団体は、JETプログラムの積極的活用を図るとともに、学校や教職員をサポートする英語の専門人材に対する支援の充実を検討するとしています。  そこで、本市の外国語教育の推進について、現状と今後の取り組みをお伺いいたします。  

大津市議会 2015-12-11 平成27年12月11日予算常任委員会生活産業分科会-12月11日-01号

◎川島 観光振興課副参事  現在、国際交流員の方が来られている派遣に関しては、JETプログラムというところに、御本人がどこに行きたいかということを自推といいますか、希望されまして、今回来られているエミリーさんについては、大津に一番行きたいということで、大津のほうにお越しになっておられます。

米原市議会 2011-06-03 平成23年第2回定例会(第3日 6月 3日)

3点目の派遣会社方式体制は、指導助手の定着、コミュニケーションのとり方等で問題化しているが、当市の場合はいかがかということでありますが、当市におきましては、外国語指導助手の任用は、「語学指導等を行う外国青年招致事業」(JETプログラム)によるあっせんによって外国語指導助手を任用しており、教育委員会担当者が、生活面や職務に関する窓口となり、外国語指導助手が働きやすい環境づくりを行っており、派遣会社とは

守山市議会 2010-09-15 平成22年第4回定例会(第 2日 9月15日)

守山市においても、平成19年までは、国がかかわる国際交流事業「JETプログラム」で日本に来た、幼児期から英語を話しているネイティブスピーカーと言われる青年2名を守山市が直接雇用し、ALTとして学校現場において教員とともに英語教育に携わってこられました。平成20年度からは、雇用形態は直接雇用ではなく、業務委託に変更になっています。

大津市議会 2009-06-12 平成21年 6月12日生活産業常任委員会-06月12日-01号

(2)国際交流員招致事業でございますが、国のJETプログラムに基づきまして外国青年を1名招致しておるところでございます。4代目となります今は、ドイツ人の女性が当課のほうに勤務をしております。  12ページをお願いをいたします。  多文化共生推進事業でございます。そちらのほうにも記載してございますが、本市人口の約1.3%、5月末現在で4,259人の外国籍市民大津市内に居住をしてございます。

大津市議会 2008-03-07 平成20年 3月 7日教育厚生常任委員会−03月07日-01号

ただ、昨年度と比べまして1名増で、合わせてJETプログラムのALTが1名おりますので、今年度、7名から8名ということで、ALTについては配置を充実したいというふうに考えております。  子育て支援については。 ◎吉田 学校教育指導監  子育て支援事業についてお答えいたします。大きくは変わっていないと思うんですけれども、各園の子育てコーディネーター、年間140時間の報償費で配置しております。

彦根市議会 2002-09-17 平成14年 市民福祉常任委員会 本文 開催日: 2002-09-17

あるいは、英語プログラムの場合には、やっぱりJET職員を市にも置きましょう。あるいは、そのほかでも、ちょっとやっぱり勉強したいということであれば、湘潭から国際協力員という形で勉強に来てもらおうと。それは市が受けましょうと。こういう言えば国際協力的なことは、それは公共団体が率先してやらなならんと。だけど、交流はやっぱりできるだけ市民の方にやってもらうというのが基本姿勢で持っていかなあかんと思います。

彦根市議会 1998-09-01 平成10年9月定例会(第14号) 本文

いずれにいたしましても、本市外国人登録者の過半数を占めますブラジル国籍市民の相談に応じるためには、ポルトガル語通訳ができる人材の確保が不可欠でありますので、JETプログラムによる国際交流員の活用などを含めまして、今後、外国人住民に対する施策の充実に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 1