891件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2021-06-29 令和3年 議会改革特別委員会 本文 開催日: 2021-06-29

続いて、「議会ICT化の取組」です。  こちらについては、もともとタブレット端末導入という項目であったのが、文言整理され、導入後も引き続き多種多様なICT化の取組について研究を進めていくということで、これまでタブレット活用方法オンライン会議システムの使用について議論してきており、今後も必要なテーマです。

彦根市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会 目次

………………………………… 257 15番 森田 充君     質問 ……………………………………………………………… 257  万全のコロナ対策について …………………………………………………………………… 257 和田市長         答弁 ……………………………………………………………… 258 速田福祉保健部参事    答弁 ……………………………………………………………… 259  ICT

草津市議会 2021-03-25 令和 3年 2月定例会−03月25日-05号

先ほど御挨拶をいただきました川那邊教育長には、平成26年より7年間にわたり私を支えていただき、全国に先駆けたICT教育推進など、本市教育充実に心血を注いでいただきましたことに深く感謝しております。今後とも、その厚い思いを大切に受け継ぎながら、教育行政充実に取り組んでまいります。  間もなく令和3年度が始まります。

守山市議会 2021-03-25 令和 3年 3月定例月会議(第 5日 3月25日)

守山市でも新年度、ICT活用充実のための組織を充実させるとのことです。今どの自治体でも競い合ってデジタル化対応しようとしていますが、国の旗振りの仕方も含めて、日本全体があまりにもデジタル化に前のめりで性急な取組になることを大変心配しています。  全国自治体デジタル化推進することは、情報漏えい報道も多々なされているように、様々に不具合が生じるのではないか。

湖南市議会 2021-03-23 03月23日-06号

介護分野ICT活用を引換えにして、いかに少ない人数現場を回すかという発想の議論が政府でされていて、現場思いとかけ離れています。ふだんから非常に厳しい勤務体制で気持ちに余裕がなく、非常事態対応は、やはりメンタル面でも重圧だと考えます。コロナ禍でますます仕事量が増えているケア労働者の方は疲弊してしまいます。このことは、利用者の方にも影響を及ぼします。

草津市議会 2021-03-18 令和 3年 3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

具体的な充当事業につきましては表に記載のとおりでございますが、11の市長が必要と認める事業につきましては、子育て世帯経済的負担軽減のための小中学生医療費助成や、本市強みの一つでございますICT教育推進していくための必要な学習環境整備、また、令和3年度に供用開始を予定をしております、中学校給食センターの財源として活用させていただこうとするものでございます。  

草津市議会 2021-03-11 令和 3年 2月定例会−03月11日-04号

次に、子どもの目の健康についてですが、私は慶応大学の研究チームの報告から、ICT教育推進してきた市教委としても留意して、先進的な対応をするように求めてきました。NHKの報道スペシャルでも取り上げられましたが、市教委の目の健康と、この際、電磁波過敏症などに対する取組について問いたいと思います。 ○議長西田剛)  畑教育部理事

守山市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例月会議(第 4日 3月11日)

教育ICT化は、子どもたちのためには必要だと考えますが、懸念するべき点もあります。ICT活用が目的化して、かえって教育の質が落ちるということ、または現場の先生のスキルが追いつかないこと、それから、端末頼り切り学習で聞く力やコミュニケーションについての学びが薄くなることなどです。  教育行政が責任を持ってICT化を進めるためには、一律に「ICT活用しなさい」と言うだけではいけません。

東近江市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会(第 2号 3月10日)

人的基盤整備につきましては、介護職魅力発信を行い、介護サービスの安定的な提供ができるよう、職場見学会職場就職説明会実施、また養成研修介護ロボットICT導入支援等により、介護人材確保定着支援を図っていきたいと考えております。  続きまして、多種多様な連携による介護医療福祉充実についての現状でございます。  

草津市議会 2021-03-10 令和 3年 2月定例会−03月10日-03号

草津市は、全国に先駆けて、ICT活用した教育推進してこられました。昨今、子どもたち若者たちに多大な影響があるとされるスマホやネット、SNS等でございますが、何も悪い面ばかりではないと思っております。  草津市が推奨してきたICT活用したことで、不登校やいじめ、非行に対して何らかの成果を出せたことなどはあるのかどうか、お聞きいたします。 ○議長西田剛)  畑教育部理事

近江八幡市議会 2021-03-10 03月10日-06号

一方、新庁舎整備事業ワンストップサービス提供を可能とするとともに、ICT化を生かした行政サービス充実防災拠点としての機能を備えるなど、本市における重要施策として推進していく必要があると考えておりますので、ご理解のほどよろしくお願いを申し上げます。 加えて言いますと、市民の多くの方、健常の方含めて若い方含めて庁舎に来られることは私も含めて年に1回あるかないかと、これ実態でございます。

甲賀市議会 2021-03-10 03月10日-06号

それでは、小中学校でのICT教育についてお伺いします。 児童生徒1人に1台のタブレット導入されて、本格的に学校現場でもICTを使った教育実践が始まります。スマホタブレット日常生活の中で普及する中で、学校現場でもコンピュータなどを活用した情報技術が生かされて、これまでの教育実践に加えてタブレット端末活用した新しい授業の在り方が模索されます。