18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

彦根市議会 2017-09-01 平成29年9月定例会(第18号) 本文

厚生労働省は、死亡率を下げる効果が確認されたといたしまして、40歳以上の女性には2年に1回、マンモグラフィーを使った検診を推奨しており、全国の自治体が公費助成をしております。  彦根市におきましても、40歳以上の女性には乳がんのワンコイン検診を実施していただいております。私も8月に乳がん検診を受けました。500円で乳がん検診をしていただきまして、本当にありがたいと思いました。  

彦根市議会 2017-02-01 平成29年2月定例会(第4号) 本文

次に、がんになったとしても早期発見・早期治療が非常に重要となってくるわけでありますが、彦根市ではがん健診のワンコイン化を実施し、子宮頸がん、乳がん検診検診無料クーポンを配付したりと受診率向上に力を注いでおられます。過去5年のがん検診受診率はいかがでしょうか。

彦根市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会(第24号) 本文

昨日の本会議で、大項目2、彦根の玄関口である「彦根駅周辺」の早期整備をもとめ、中項目2、誰にもわかりやすく、観光客などに親切な駅前トイレの表示を、細項目1、彦根駅前のトイレ表示はわかりやすい大きさ、わかりやすい位置に掲示されているかとの質問の中で、私は「ポリボックス」と発言しましたが、これを「交番」に訂正させていただきたいと思います。  

彦根市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会(第25号) 本文

次に、成人健診(がん)の大幅な負担軽減と無料化の拡大につきましては、平成26年度には全ての検診を500円のワンコイン化し、自己負担の大幅な軽減を図ったところです。その結果、平成27年度における5大がんの検診受診率が、平成24年度と比較して平均6.12ポイント伸びたところです。  

彦根市議会 2016-09-01 平成28年9月定例会(第15号) 本文

次に、駅前ロータリー整備についてです。東口ロータリーの現状は、旧駅舎ロータリーの南側に仮ロータリーを設置していただき使用していますが、東口のロータリー工事の進捗に当たり、車や歩行者の通行量の変更等が起きる可能性があろうかと推測しています。現時点での計画について、イメージが持てるように、できるだけ具体的にご説明をお願いいたします。  

彦根市議会 2015-11-01 平成27年11月定例会(第20号) 本文

本市では、乳がんと子宮がん検診ワンコインの500円で受診できるようになっております。しかし、乳がん検診の対象は40歳以上となっており、30歳代から増加し始める乳がんの実態とかみ合っていないのではないかと思っています。  

守山市議会 2015-09-02 平成27年第5回定例会(第 2日 9月 2日)

北部市街化区域がある速野学区を初め、多くの市民が通勤・通学はもとより、買い物など琵琶湖大橋を利用されている実態を、市長は十分承知をしていただき、通行料金の低減化、いわゆる普通車のワンコイン化など半額料金の実現について提唱され、御努力をいただいていますが、その後いかに折衝していただき、今後の実現への見通しはいかがか。

彦根市議会 2015-03-01 平成27年3月定例会(第2号) 本文

釈迦に説法と言いますが、当然のことながら、市長は市の顔として、公約の実現や市民福祉の向上に関して大所高所からそれぞれの分野で自らの考えを指示することが重要で、市長相対の対応はその場で結論が求められることから、ワンクッションを置くために副市長が設置されているという現実もあります。  

栗東市議会 2014-12-09 平成26年12月定例会(第2日12月 9日)

三つ目の、健康づくりに関する市民意識の向上に係る取り組みにつきましては、「第2次健康りっとう21」の中でも、健康はつくるものという視点に立ち、「健診」を新たな領域として位置付けており、特定健診だけでなく、広く市民を対象とするがん検診やその他検診の案内等の送付の機会を捉え、まずは「自分の体の状態を知る」ことの大切さについて啓発を進めます。  

彦根市議会 2014-03-01 平成26年3月定例会(第1号) 本文

特にがん検診では、新たに検診負担金の大幅な軽減を行い、500円のワンコイン化を実施するとともに、個別勧奨を行い、早期発見・早期治療の推進を図ってまいります。健康診査では、肝炎ウイルス検診について、40歳から60歳までの5歳刻みの節目年齢の方に全額公費負担による検診を実施してまいります。また、各種がん検診や不妊治療に対する助成を引き続き行ってまいります。

大津市議会 2008-06-10 平成20年 6月定例会−06月10日-09号

したがって、検診による感染の有無を知ることが重要であります。  そこで、いくつかお尋ねをいたします。  まず、検査について、本市の実施する生活習慣病健診の受診券には、過去に肝炎ウイルス検査を受けていない方は同時に肝炎ウイルス検査を受けることができますとの項目がありますが、過去5年間の年度ごとの本市が実施する生活習慣病健診受診者数と、そのうちそれぞれ年度の肝炎ウイルスの検査受診者数を伺います。  

  • 1