1761件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-06-26 令和元年 6月定例会(第 5号 6月26日)

①複数税率の導入に伴うインボイス制度の導入は、中小事業に多大な事務負担を負わせます。  また、インボイス制度の導入は、売り上げ1,000万円以下の消費税免税事業、全国の全事業所の約6割、500万事業所が相当すると言われています。

東近江市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第 3号 6月14日)

昨年の9月議会でも質問しましたが、災害が想定される状況で、住民への避難等の情報伝達は、防災情報告知放送システム戸別受信機による放送で行われます。  また、同システムは、有事だけでなく平常時においても、自治会、学校、警察消防や市役所などからのお知らせを放送し、伝達する手段としても大変有効です。  

東近江市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第 2日 6月13日)

1点目、当市では、小学校・中学校の普通教室へのエアコン整備は既に完了されていますが、特別教室、そして何より避難所となり得る体育館への整備が喫緊の課題であると考えますが、教育施設として、また防災施設の面から、今後の取り組みを伺います。  

米原市議会 2019-03-22 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第3号 3月22日)

直ちに、本日の会議を開きます。  本分科会に、会議事件説明のため出席を求めたは、教育長ほか、関係職員であります。  それでは、議事に入ります。  はじめに、総務部の審査を行います。付託を受けました議案第26号 平成30年度米原市一般会計補正予算(第10号)及び関連しますので、議案第27号 平成31年度米原市一般会計補正予算(第1号)中、総務部の所管に属する事項を議題といたします。  

守山市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第 3日 3月13日)

文部科学省の調査によりますと、精神疾患で休職している教員は、平成4年度から平成21年度にかけて17年連続して増加し、平成4年度は1,111人で、精神疾患による病気休職の在職に占める割合0.11%、平成21年度は5,458人で、精神疾患による病気休職の在職に占める割合0.6%。平成22年度は5,407人で、精神疾患による病気休職の在職に占める割合0.59%。

草津市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-04号

いまだに5万人以上の方々が避難生活を余儀なくされています。心からお見舞いを申し上げたいというふうに思います。  同時に、避難のうち4万人以上は福島第一原発事故からの避難であります。帰りたくても放射能で帰れない、このような実態を見るときに、日本の原発政策の早急な見直しが必要だと強く感じるところでございます。  それでは、議長の許可を得まして、通告に基づき一般質問を行います。  

守山市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第 2日 3月11日)

さらに、滋賀県が今月、1,000年に1度の大雨を前提とした琵琶湖の洪水浸水想定区域図を公表されますことから、要配慮利用施設を指定して当該施設の避難確保計画の作成等を支援、促進するとともに、避難場所や避難所の検証を行いまして、避難体制の充実、強化を図ってまいります。  

米原市議会 2019-03-08 平成31年健康福祉常任委員会・予算常任委員会健康福祉分科会(第1号 3月 8日)

続いて、議案18号については、今ほど申しました条例の関連もございますけれども、身体障害手帳障害の程度が3級に該当するに係る福祉医療費助成制度の拡充により、心身障がい(児)医療費助成制度から福祉医療費助成制度の対象に変更するため、条例の一部を改正するものです。  

東近江市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会(第 3号 3月 8日)

2点目の後期高齢医療加入にも人間ドックの助成をすることについてでございますが、現在、75歳以上の後期高齢医療保険加入の方は、巡回型人間ドックの費用の助成が受けられますが、医療機関での人間ドックの助成は行っておりません。  今後は、75歳以上の方についても医療機関での人間ドックの助成が受けられるよう、後期高齢広域連合に働きかけてまいりたいと考えております。  

草津市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会−03月08日-03号

また、避難所の運営につきましては、各避難所に本市の職員を配置し、避難の受け入れとして避難リストの作成や非常食等の生活用品の搬入、さらには、仮設給水活動の実施や仮設トイレの設置を行ってまいります。  また、避難所の運営といたしましては、避難や施設管理などで組織し共同生活を維持する上での重要な事項を決定する避難所運営委員会を設置し、運営を行ってまいります。  

米原市議会 2019-03-07 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第2号 3月 7日)

本委員会及び分科会に会議事件説明のため出席を求めたは、副市長、教育長ほか関係職員であります。  それでは、議事に入ります。  地域振興部の審査を行います。  付託を受けました議案第1号 平成30年度米原市一般会計補正予算(第9号)中、地域振興部の所管に属する事項を議題といたします。  提出の説明を求めます。  北村課長。

栗東市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第4日 3月 7日)

日本の高齢難聴は約1,500万人、65歳以上では、男性40%、女性30%、80歳以上は80%が補聴器を必要とする聴力になっていると言われています。  日本は、障害総合支援法に基づいて、1割の負担で高度・重度難聴への補装具支給制度による支給はされています。身体障害手帳6級(高度難聴)、これは会話が聞こえない状態でやっと支給対象となるのですから、その対象はごくわずかしかありません。

東近江市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第 2号 3月 7日)

ある論文で、「社会参加の高齢は元気」「自分の歯で食事ができる高齢は元気」「健康指導を受けている高齢は元気」「運動を毎日続けている高齢は元気」など統計学的に発表され、目にしたことがございます。  当然、個々の自己啓発と実践が必要なことではありますが、市が健康指導、介護予防に力を入れれば、東近江市の健康寿命を延伸させ、将来の社会保障費の抑制につながることでしょう。  

草津市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-02号

今後、整備を進めていく中にありまして、既に野村運動公園では整備されており、実際の広域避難所での設置や使用に関する運用ルールなど、どのように定めていくのかお聞かせください。  次に、(仮称)草津市第二学校給食センターについて。  

米原市議会 2019-03-05 平成31年産業建設常任委員会・予算常任委員会産業建設分科会(第2号 3月 5日)

避難路沿道に面し倒壊の危険のあるブロック塀等の除去・新設・改修費の一部を補助します。補助対象経費に3分の2を乗じて得た額で、10万円を上限に補助をいたします。  以上、耐震化促進事業として282万7,000円を計上いたします。主な財源としましては、木造住宅耐震改修事業、ブロック塀等耐震事業対策事業費等に係る国庫補助金及び県補助金です。  

栗東市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第2日 3月 5日)

質問時間につきましては、質問は45分以内、答弁も概ね45分以内といたしますのでご留意ください。  また、質問につきましては、1回目の発言は登壇して、2回目の発言は質問席から、答弁につきましては、1回目の発言は登壇して、2回目は自席からされますようお願いいたします。  それでは、公明栗東の代表質問を許します。  2番 野々村照美議員。 ○2番(野々村照美君)登壇  おはようございます。  

守山市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第 1日 3月 1日)

また、子どもの育ち連携の深化を図る観点からも、各学区単位での全世代型包括支援センター「(仮称)家族まるごとサポートセンター」の実現に向けまして、各分野の有識の意見を聞く中で、鋭意検討を進めてまいります。  続いて、2つ目の柱であります高齢・障害等が安心して生活できる環境づくりについてであります。  1点目は、高齢福祉についてでございます。  

米原市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第3号 2月27日)

○市民部長(的場市樹)  通告4点目の短期被保険証及び被保険資格証明書の交付世帯への相談と対応についてお答えします。  まず、短期被保険証は、有効期限が6カ月の被保険証で、前年度以前の保険税を滞納している世帯のうち、納付指導により定められた納付を誠実に履行している世帯、または、法に定める特別の事情に該当する世帯に対して交付しています。  

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第3号) 本文

次に、防災拠点としての役割につきましては、一時的に避難する指定緊急避難場所として、二つのアリーナと多目的ホールに約1,900人、駐車場に約1,100人、合わせて約3,000人の受け入れを想定しています。また、一定期間避難生活を送る指定避難所として、メインアリーナでは約1,100人の受け入れと、サブアリーナは物資配送拠点に、多目的ホールは救護・災害対策室を想定しています。