3378件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2019-03-28 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-28

21 ◯委員(獅山向洋君)   私がこういうことを今聞いているのは、政策に欠かせないというか、教育に欠かせないという理由ならば委託料だって認めているわけですから、先ほど本会議で和田委員がお聞きになったように、ひこにゃんの問題でも、やっぱりこれは観光行政に欠かせないんですよ。

長浜市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日 予算常任委員会総務教育分科会

イベント開催に伴います交通警備等を施す対策経費と、湖北、高月、木之本、余呉及び西浅井地域におきます、地域及び観光振興のイベントの開催にかかります各実行委員会の助成経費を計上させていただくものでございます。なお、財源につきましては、電源立地地域対策交付金及びその他といたしまして、協働でつくる長浜まちづくり基金利子を計上いたしております。 続きまして、81ページの最下段5段目をお願いいたします。 

彦根市議会 2019-03-11 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-11

174 ◯観光企画課長(牛澤 淳君)   今、長崎委員は観光協会から200万円とおっしゃいましたけれども、市の方から観光協会の人件費に対して補助をしている補助率が3分の2ですので、近江ツーリズムボードも観光協会の補助率と合わせていただきましたという意味です。

彦根市議会 2019-03-08 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-08

先催市の例によりますと、設立総会実施の1カ月から3カ月ほど前にされているようで、参考までに、平成33年(2021年)に開催されます三重県の津市では、構成メンバーとしては、市長、市議会議長、教育長、商工会議所会頭、観光協会会長、市スポーツ協会会長などが構成メンバーとなっておられるようです。  

草津市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会−03月08日-03号

◎教育部長(竹村徹)  日本遺産、琵琶湖とその水辺景観−祈りと暮らしの水遺産としての追加認定を受けました芦浦観音寺及び草津のサンヤレ踊りにつきましては、今後、広く市内外の方々に知っていただくとともに、観光やまちづくりなど、地域の活性化につなげることが大切であると考えております。  

栗東市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第3日 3月 6日)

また、道の駅は、24時間無料で利用できる駐車場、トイレなどの「休憩機能」、道路情報、観光情報、緊急医療情報などの「情報提供機能」、文化教養施設、観光レクリエーション施設などの地域振興施設で、地域と交流を図る「地域連携機能」があります。駅ごとに地方の特色や個性を実現し、文化などの情報発信やさまざまなイベントを開催することで、利用者が楽しめるサービスも提供していますとされております。  

草津市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-02号

また、市有地ではございませんが、地域の活性化につなげるべく、独立行政法人水資源機構が保有する烏丸半島中央部の旧民活用地を観光レクリエーション施設として利活用することについて、市から土地開発公社へ取得の要請を行ったところでございますし、また、商業施設の誘致を目的に、新浜町財産区から、ため池を土地開発公社へ処分したところでございます。  

栗東市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第2日 3月 5日)

次に、観光施策について、本市においても大きな経済効果を期待されていますが、栗東市多言語観光案内を昨年の11月からスマートフォンより運用開始されました。外国人観光客の集客も含め、栗東の魅力として、何に重点を置いて観光振興に力を入れていかれるのかお伺いします。  

彦根市議会 2019-03-01 平成31年3月臨時会(第9号) 本文

特に、山田副市長は3年間、彦根城の現場で観光誘客、また、ひこにゃんに対していろんな形で活動していただきました。その現場が、これから4月、お客様が最初から出ないのがわかっていたらいいですけれども、来てからひこにゃんが出ないとなってきますと、そのあたりは非常にクレームの対象になる可能性もあります。  

草津市議会 2019-02-25 平成31年 2月定例会−02月25日-01号

次に、四つ目の柱である「『活気』があふれるまちへ」の取り組みは、農林水産や商工観光、コミュニティ活動、情報・交流関係の施策でございます。  まず、農林水産についてであります。  活力ある経営体の育成や農地の集約・集積化、草津産農水産物の消費拡大、農業基盤の整備や保全に向けた取り組みの支援を引き続き行ってまいります。  次に、商工観光であります。  

草津市議会 2019-02-25 平成31年 2月定例会−02月25日-目次

について  ………303  文化財活用について  …………………………………………304  (1)市内の文化財活用の現状について  …………………304  (2)野路小野山製鉄遺跡の整備と活用について  ………305  (3)野路公園と野路小野山製鉄遺跡の一体型整備について      ……………………………………………………………305  (4)文化財保存と災害対策について  ……………………306  観光客向

草津市議会 2019-02-13 平成31年 2月13日文教厚生常任委員会-02月13日-01号

続いて、2ページ目になりますが、2番目の観光部門との連携の考え方についてでございます。  これまでの連携については、観光関係では、宿場まつりの際に本陣と交流館の開館時間の延長とか、本陣の施設の特別公開などを実施しております。  そして、草津納涼祭のときに本陣街道交流館の開館時間の延長を行っております。  

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第2号) 本文

さらに、春の観光シーズンに慢性的な渋滞をしております彦根城周辺の渋滞対策としまして、パーク・アンド・バスライドによる自動車交通量を抑制するための社会実験を引き続き行ってまいります。  環境保全型社会の構築につきましては、第2期彦根市環境基本計画および地域行動計画が平成32年度で終了いたしますことから、次期計画の策定に着手をいたします。  

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第3号) 本文

二つ目の施策である「外国人観光客のニーズを捉えた環境整備」としましては、彦根観光協会において検討されている観光案内所や観光センターでの物産販売におけるQRコード決済の導入。四つ目の施策である「市民と来訪者の交流促進と観光振興に対する意識の醸成」として、ひこねの城まつりパレードへの一般参加者の募集により、市民と観光客の双方が楽しめる参加型・体験型のイベントとしての実施。

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第7号) 本文

このことに関して、今定例会の中で矢吹議員の代表質問の「観光事業における見直しと今後について」のうち「観光関係予算の見直し理由について」、辻議員の個人質問でございます「平成31年度一般会計当初予算について」のうち「花火大会を開催できないとする理由は」、それから、谷口議員からの個人質問の「議案第3号、新年度一般会計予算について」のうち「旧彦根夏の陣の開催事業について」の中での花火大会の見直し理由の中で、