195件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長浜市議会 2022-09-13 09月13日-04号

敦賀市さんのいわゆる脱原発というようなところのスタンスのときに、どういう産業振興がよいかということを敦賀市さんのほうでいろいろ検討されまして、敦賀市さんの弱みの部分近隣の市で賄おうということで、長浜市内大手企業のコンサルテーションも向こうサイドでされた中で、敦賀市として近隣の市の産業をどういう形でうまく結び付けられるかという視点でつくられておったり、あるいは水素エネルギー利活用に国の支援を受けるために

栗東市議会 2019-06-24 令和元年 6月定例会(第3日 6月24日)

特に、2004年のやつは水素爆発している状況とかがね、写真が出ているんですが、平成30年度には一切載っていません。原発写真も一枚も載っていません。  それが、一番最初からあるのは、「原子力は」「放射線について知ろう」とかね、「レントゲンってこんなものだよ」とか、確かにお世話になっていますよ、原子力には。レントゲン使ったり、電気もありがたい話ですよ。

米原市議会 2019-03-06 平成31年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号 3月 6日)

公用車の考え方についてお尋ねをしたいんですが、例えば滋賀県知事はトヨタの水素で動く車を活用されていらっしゃいます。やっぱり行政が率先して、プリウスのときもそうだったんですが、行政が主導してきて、省エネルギー化の車、ハイブリットカーを推し進めてきたと私は思っています。  最近、水素の車が、それが普及が余りされていないように思うんです。確かに初期投資大変高こうございます。

栗東市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会(第3日 3月 7日)

加えて、水素関連の企業誘致をしていただくとありがたい。これはぜひ私の意見でございます。お願いしたいと思います。  次に、栗東市の計画には、農業振興をしますと書いておきながら、心から農業を振興しようと思っていないのではないかなというふうに感じる事象が起きております。  ご承知のように、国1バイパスの事例です。  

彦根市議会 2017-12-15 平成29年 市民産業建設常任委員会 本文 開催日: 2017-12-15

日本の焼却炉の排ガス中の規制が、対象項目ばいじん硫黄酸化物窒素酸化物、塩化水素、ダイオキシンの5項目に新たに水銀が加わって6項目になるということになりますけれども、この来年4月からの規制に対して当市の野瀬町地先にある施設での対処、どのように準備をされているのかお伺いをいたします。  三つ目です。

東近江市議会 2017-12-11 平成29年12月定例会(第18号12月11日)

特に、古い流域下水道管は、硫化水素などによりコンクリート管腐食道路荷重による継ぎ目の損傷などにより、不明水の増加が続いているものと思われます。  そこで、市が管理する道路に占用されている流域下水道管周辺空洞調査不明水に起因する路面のわだちなどについて、道路メンテナンス会議でどのような協議を重ねられているのか、お伺いいたします。  

米原市議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第2号 9月 6日)

その際、ニュージーランドの行使から、米原市は持続可能なまちづくり取り組みとしてどのようなことをしているか、具体的には水素自動車電気自動車を使っているか、こう尋ねられて答えに窮してしまいました。環境への取り組みについて、しっかり答えらえる町であるかを問われたのだと思いますが、行政として車や地域エネルギーの問題について、踏み込んだ取り組みが十分できていないと実感しました。

甲賀市議会 2017-09-06 09月06日-07号

9月3日、北朝鮮ICBM--大陸間弾道ミサイル--搭載水素爆弾の実験を成功させたと主張しています。 北朝鮮核実験は、世界地域の平和と安定にとっての重大な脅威であり、国際社会が追及している対話による解決に逆行する行為であり、核兵器禁止条約の採択など、核兵器のない世界を求める世界の流れに逆らうものであります。 

栗東市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会(第2日 6月19日)

それから、最後にというか、先日の連絡協議会の中で、自治会の委員さんの中から、甲賀市のクリーンセンター滋賀においてですね、RD最終処分場問題が発生したときの大きなあれで、硫化水素発生したという部分について、あの当時2万2,000ppmでしたか、その辺のところが発生したことによって、こういう大きな問題に発展していっているのですけれども、今回、甲賀市のクリーンセンター滋賀において6万5,000ppmという

長浜市議会 2017-03-13 03月13日-02号

それが下水に流れる中で、とどまっている中で硫化水素発生します。その硫化水素が酸化して硫酸を生成します、硫酸を。その硫酸コンクリートを破損します。腐食します。そこに、腐食したところから地下水が流入しまして周りが空洞化します。で、だんだんと土が落ちて空洞が大きくなってくる。これがそのメカニズムでございます。

米原市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2号 3月 8日)

腐食しやすい箇所マンホールポンプ上のマンホールや、ポンプ圧送吐出口マンホールでは、硫化水素発生をしやすいため、防食塗装を行っているところであります。しかし、全てのマンホールにおいては対応ができておりません。腐食した箇所でございますが、平成27年度に防食塗装マンホールの交換を3カ所行いました。

栗東市議会 2017-03-06 平成29年 3月定例会(第2日 3月 6日)

次に、旧RD最終処分場問題については、先に微量の硫化水素が測定されたときに、市や周辺自治会への連絡がおくれた反省から、県において進められている2次対策工事が、周辺生活環境に十分配慮され円滑に工事が進むためには、地元自治会と県の信頼関係の維持が不可欠であると考えます。この事例を教訓に、県との連携について市の見解を伺います。  

栗東市議会 2016-12-13 平成28年12月定例会(第3日12月13日)

硫化水素とは、水素硫化物のことで、天然には火山ガス、温泉などに含まれ、卵白の腐敗によっても生じる。また、各種汚泥中の硫酸イオン腐敗菌などによって還元されて生成し、大気中に含まれる。工業薬品、農薬、医薬品の製造蛍光体製造などに用いられる。極めて毒性が強く、許容濃度10ppm。500ppm以上で生命に危険が生じ、1000ppm以上になると急死するという恐ろしいものです。