6602件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

近江八幡市議会 2023-12-11 12月11日-04号

青写真できっちりと事業費、これに幾ら、これに幾ら、あれに幾ら、わかった段階でこれは策定委員なり、いわゆる市庁舎基本計画策定委員ですか、あるいは議会の特別委員そこに諮っていただく。それまでは諮らないという理解でいいでしょうか。 ○議長北川誠次君) 回答を求めます。 小西市長。 ◎市長小西理君) 議員の再問にお答えをいたします。 

近江八幡市議会 2023-06-26 06月26日-03号

     日 岡   昇 君  教育部長    小 林 一 代 君   水道事業所長  乾   直 樹 君  総合医療センター事業管理者                              宮 下 浩 明 君   総合医療センター事務長        選挙管理委員委員長           井 田 喜 之 君          安 川 正 樹 君   選挙管理委員事務局長        財政課長

湖南市議会 2022-12-09 12月09日-02号

校内委員で検討をしまして、その後、必要な児童生徒については相談機関にかけて、そしてケースに応じて専門機関連携できる、そういう不登校の対応システムをとっている。スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、「ことばの教室」、ふれあい教育相談室医療機関等連携をいたしまして、子に応じた支援ができるような態勢を整えているところでございます。 

長浜市議会 2022-06-26 06月26日-05号

それでは、議案第77号につきましては、総務教育常任委員付託いたします。ついては、総務教育常任委員開催に当たり、委員条例第21条により関係説明員の出席を求めます。 総務教育常任委員開催のため、暫時休憩をいたします。    (午前10時24分 休憩)    (午前11時23分 再開) ○議長松本長治君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

長浜市議会 2021-12-06 12月06日-04号

今後の過疎化に対する更なる対応強化につきましては、現在総務省の懇談でありましたり、政府・与党の過疎対策特別委員におきまして議論がなされておりまして、新たな対策が検討されているというふうに認識をしているところでございます。 

長浜市議会 2021-11-25 11月25日-01号

今期定例会期につきましては、去る11月18日に開催されました議会運営委員におきまして、既に配布いたしております会期予定表のとおりご協議をいただきました。 お諮りいたします。 今期定例会期につきましては、本日から12月18日までの24日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長西邑定幸君) ご異議なしと認めます。 

湖南市議会 2020-12-20 12月20日-05号

に関する条例制定について(総務常任委員長報告)  第4.議案第90号 湖南社会体育施設条例の一部を改正する条例制定について(福祉教育常任委員長報告)  第5.議案第91号 湖南災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例制定について(福祉教育常任委員長報告)  第6.議案第92号 湖南介護保険条例の一部を改正する条例制定について(福祉教育常任委員長報告)  第7.議案第93号 湖南水道事業給水条例

湖南市議会 2020-12-11 12月11日-04号

3点目の地域支えあい推進員設置について、どれだけの団体に説明したのかということについてですが、地域まちづくり協議会長会議にて、平成31年度からまちづくり協議単位に地域支えあい推進員を1名配置していただきたい旨の説明をさせていただき、その後、区長健康推進員会議民生委員児童委員総務部会説明をさせていただきました。

近江八幡市議会 2020-12-10 12月10日-03号

今回、11月末に、学校施設であるということで、この施設設備については教育委員担当かなと私が思い違いをしまして、教育委員にお尋ねしたら、現場を見に行ってくださったんです。で、そのクローザーというものがちょっと液だれがあって、また調整していただいたというふうにお聞きしました。それと、老朽化してるので取りかえが必要やというようなことも聞いております。 

湖南市議会 2020-12-10 12月10日-03号

また、本市の審議等の委員に占める女性割合につきましては、当面の目標値令和2年度までに40%としているところでございます。この目標値の達成はもちろんでございますが、審議ごとの女性参画割合につきましても考慮していく必要があると考えております。例えば、現状では90%以上が女性という審議等がある一方で、女性が0%という審議等もございます。