1667件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-25 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月25日-05号 保育環境の充実にかかわる予算が計上されておりますけれども、保育所待機児童は解消できておりません。2年ほど前に、待機児童は一時的に解消できましたが、それでも保留児童は解消できていませんでした。それからさらに、待機児童数が大幅にふえています。今年度は4月の段階で、80名以上の待機児童が生まれると予想されております。 もっと読む
2019-03-13 彦根市議会 平成31年 福祉病院教育常任委員会 本文 開催日: 2019-03-13 要するに、お尋ねしたいのは、直近の待機児童数、それから、需要が増えるということで今まで話が進んできていますけれども、大体その需要が7.9ポイントぐらい増ということだったと思うんですけれども、それは彦根でいうと実際待機児童数がどうなるのかというところをまず教えていただけませんか。 もっと読む
2019-03-12 彦根市議会 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-12 52 ◯生涯学習課長(都築養子さん)   今、放課後児童クラブで学校内の部屋を利用させていただいていますが、児童数が増えるということで、そちらの方は普通教室に変わるということです。今、放課後児童クラブでお預かりしている方の居場所がなくなりますので、専用棟の建設をさせていただくということでございます。 もっと読む
2019-03-11 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月11日-04号 ◎子ども家庭部長(田中祥温)  待機児童の見込みについてでございますが、現在、2月末の2次調整を終えまして、入所希望先変更等を踏まえた3次調整を行っているところでございますので、4月1日現在の待機児童の見込みは、現状では明確にお示しをできませんけれども、大変厳しい状況となっているところでございます。   もっと読む
2019-03-08 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月08日-03号 ◎子ども家庭部長(田中祥温)  計画策定の会議につきましては、子ども・子育て支援法及び児童福祉法、その他の子どもに関する法律による施策の推進に関し必要な措置についての調査審議を行う附属機関である子ども・子育て会議に諮問し、通常は年4回程度のところでございますけれども、来年度は6回程度御審議をいただく予定といたしているところでございます。   もっと読む
2019-03-06 草津市議会 平成31年 2月定例会−03月06日-02号 しかし、待機児童の解消と多様な保育・幼児教育を実現しますということにつきましては、道半ばと言わざるを得ません。幼稚園・保育所の認定こども園化がほぼ計画的に進められており、多様な保育・幼児教育を実現し、定員増による待機児童の解消を図ろうとする姿勢は評価いたします。しかし、結果として、年間を通じて待機児童ゼロを実現することができていないのは非常に残念なところでございます。   もっと読む
2019-02-28 長浜市議会 平成31年 2月28日 議会運営委員会 それと、鬼頭議員の4の2の大項目3でございますが、保育における待機児童と保育士の確保についてということで、これも予算計上の中でうたわれているわけでございますが、質疑にならないのかという部分でございます。 皆さん方のご意見等、よろしくお願い申しあげます。 まず、藤井登議員の、4の1ページの(2)でございますが、いかが取扱いをさせていただきますか。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2019-02-25 草津市議会 平成31年 2月定例会−02月25日-01号 しかしながら、保育所や認定こども園、児童育成クラブにおける待機児童の解消など、子育て世代を中心とした人口増加による喫緊の課題への対応、並びに人口減少や高齢化が進む地域の活性化など、本市特有の政策課題にも向き合っていかなければなりません。   もっと読む
2019-02-25 草津市議会 平成31年 2月定例会−02月25日-目次 9)働き方改革の推進と組織機構について  …………… 42  (10)元号の変更とGWの10連休の対応について  …… 42  (11)橋川市政の総仕上げについて  ……………………… 43 土肥浩資議員  予算編成における優先順位について  ……………………… 70  (1)施策・事業の優先順位付けの観点について  ……… 71  (2)総合窓口事業の優先順位について  ………………… 72  待機児童問題 もっと読む
2019-02-01 彦根市議会 平成31年2月定例会(第3号) 本文 次に、本市における放課後児童クラブについて、平成31年度待機児童は目標を達成できるのでしょうか。もしできないとすれば、何が問題で、どのように解決するお考えなのか。また、放課後児童クラブの時間延長策は進んでいるのか。さらに、放課後児童クラブの年次的な施設整備の状況は現在どのようになっているのか。受け入れの拡大と充実とありますが、計画どおりに進んでいるのか。 もっと読む
2019-02-01 彦根市議会 平成31年2月定例会(第5号) 本文 6 ◯教育長(善住喜太郎君) いじめの定義につきましては、いじめ防止対策推進法第2条第1項に、「いじめ」とは、「児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。) もっと読む
2018-12-21 湖南市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−05号 主だった施策は、認定こども園振興事業、これは待機児童解消へのつながる施策です。また、市道側溝補修工事や、三雲駅周辺整備と市民皆様の生活に身近な場所での事業の予算が計上されています。特に小学校の空調整備事業では、石部南、三雲東、下田、菩提寺北小学校のエアコン設置工事を早い段階での完成を目指して、今回12月の補正予算の計上になっています。 もっと読む
2018-12-21 米原市議会 平成30年第4回定例会(第4号 12月21日) また、まいばら認定こども園では、利用定員165名に対し実利用人数は187名となっており、弾力運用で定員をオーバーしても待機児童を出さない方針は理解できるが、今後の伸びを勘案すると50人程度の保育所が必要と考えるがとただしたのに対して、米原地域の人口増加が著しい中で、今回の届け出の関係も米原地域が一番多く、米原地域および近江地域を合わせた中で利用調整をしているが、住宅開発が進んでいく中で、送り迎えの距離 もっと読む
2018-12-20 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 4日12月20日) ところが今、県下で最も待機児童の多い守山市は、その対策として、家庭的保育や小規模保育所などの地域型保育と、保育園の民営化など公的保育を充実するのではなく、民間保育の増設で対応しようとしています。 もっと読む
2018-12-18 米原市議会 平成30年予算常任委員会(第2号 12月18日) また、米原認定こども園での利用定員数が165人、利用人数187人、弾力運用で定員オーバーしても待機児童を出さないという措置をしていただいております。今後の伸びを考えると、50名程度の保育所がすぐにでも必要になるのではないかという質疑に対し、米原地区での人口の伸びが大きい状況、今回の届け出も米原地区の要望が多く、利用調整という中で米原近江地区とひとくくりとして利用調整させていただいております。 もっと読む
2018-12-17 彦根市議会 平成30年 福祉病院教育常任委員会 本文 開催日: 2018-12-17 議会答弁にもありましたとおり、待機児童の解消が大変厳しくなるのではないか、受け入れ態勢の確保、処遇改善や人材確保、課題が残るのではないか。まるで他人事のようなご答弁だったので、すごく心配になりました。保育無償化になって待機児童が増えたら、よけい保護者の方は怒られます。何でただなのに入れないのかという話になります。 もっと読む
2018-12-12 東近江市議会 平成30年12月定例会(第 4号12月12日) まずは、先ほど御答弁申し上げましたように、多くは民生委員・児童委員の皆さん方から情報が入ってくる。 もっと読む
2018-12-12 守山市議会 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日) このことにつきましては、平成24年の社会保障と税の一体改革の議論の中で、幼児教育・保育の無償化についての付帯決議が行われましたことをきっかけに、平成26年度の幼稚園におけます第2子半額・第3子以降の無償化の実施から段階的に進められてきたところでございますが、現在、全国的に待機児童の解消が急務となっております中、無償化を先行して進めることで保育ニーズに拍車がかかることや、年度の途中から始まることによる もっと読む
2018-12-11 湖南市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 また、全校児童生徒に、また保護者を対象に養護教諭が保健室の通信等を利用いたしまして、特にインフルエンザや食中毒の流行しやすい時期に啓発をさせていただいておるところでございます。  以上でございます。 ○議長(松原栄樹君)   5番、細川ゆかり議員。 ◆5番(細川ゆかり君)   今、ご答弁をいただきました。 もっと読む
2018-12-11 東近江市議会 平成30年12月定例会(第 3号12月11日) カウンターで待機をしておられました。  ちなみに、市町村も会員になることができまして、県内で会員になっているのは、唯一東近江市だけだと、県との温度差を感じたところでございます。  滋賀県の展示コーナーでは、会員である本市の情報を優先的に陳列していただいてはおるんですけれども、本当に膨大な数の資料が並んでおります。 もっと読む