運営者 Bitlet 姉妹サービス
648件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-19 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−06号 この発電量は一般家庭に換算しますと、約1,500軒分の年間消費量に相当するものと試算しているところであります。  以上、答弁といたします。 ○議長(林田久充) 市民環境部長。 ◎市民環境部長(岡根芳仁) 御質問にお答えします。  太陽光発電の一般的な有効性についてであります。   もっと読む
2018-06-18 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月18日−05号 近年、議員御紹介いただきましたとおり、携帯電話やスマートフォンの普及、さらに各家庭でのオール電化が進み、電磁波を発生する機器も増加している現状があり、電磁波の影響を未然に防ぐ手段も従来の方法から見直す必要があるものと考えております。   もっと読む
2018-06-14 守山市議会 平成30年第2回定例会(第 3日 6月14日) また、部活動についてはいじめや暴力の温床というマイナスイメージとも無縁ではありませんでしたが、子どもたちの体力や社会性、協調性、コミュニケーション能力が低下していると言われる今日だからこそ、日本の文化ともいえる部活動の重要性は増していると考えます。  今後、顧問の教育のフォロー体制や指導者育成などを積極的に支援していくことが必要と考えますが、所見をお伺いして私の一般質問を終わります。 もっと読む
2018-06-13 守山市議会 平成30年第2回定例会(第 2日 6月13日) 先に開催をいただきました環境施設対策特別委員会におきましても、庁の関係部局の部長職から課長職までの全ての職員が出席をさせていただくなど、平成30年度におきましても、引き続き本市の最重要課題である環境施設の更新事業に、地元の負担を単なる負担に終わらせない覚悟で、期限に事業を完遂させることを目標に、庁一丸となり、全力で事業に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-06-12 栗東市議会 平成30年 6月定例会(第2日 6月12日) なぜ栗東市だけなのかということで、食育の観点とか家庭でのそういった弁当をつくることによってというようなお話もよく聞くのですが、ほかの市町に関しては、やっておられるところはないと。 もっと読む
2018-06-04 甲賀市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月04日−01号 これまでから整備を進めております新町・貴生川幹線貴橋改築事業につきましては、昨年度に地権者の方々の御協力により一部、用地買収並びに物件移転が完了いたしました。今年度も引き続き用地取得に努め、河川区域における下部工工事を行う予定をしております。  続きまして、教育委員会所管事項を申し上げます。   もっと読む
2018-04-19 長浜市議会 平成30年 4月19日 総務教育常任委員会 △市民満足度調査にかかる庁案件等の把握について ○中嶌委員長 続いて市民満足度にかかる庁案件の把握についての説明を受けます。本件につきましては、当局からではなく、議会からの提案案件でございます。 ◎横尾課長 それでは市民満足度調査にかかります庁案件の把握ということで、資料3ページからの説明になります。 もっと読む
2018-03-12 草津市議会 平成30年 2月定例会−03月12日-04号 ○議長(瀬川裕海)  望月子ども家庭部長。 ◎子ども家庭部長(望月英司)  子ども家庭課へのヒアリングについての正確さにつきましては、先ほどお答えさせていただいたように、事案についての対応内容をその都度、記録に残しておりまして、一定正確さは保てるものと考えております。   もっと読む
2018-03-09 甲賀市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月09日−06号 そこには、どなたにも必要な地震が起きたときの行動や安否確認、情報共有のサバイバルカード、非常持ち出し袋の準備品や入浴中の地震に備えての内容、また女性用のお役立ちアイテム、女性にとっての避難所での問題、避難所生活での防犯と工夫、暴力被害の相談窓口などが書いてあります。  私も、今回、研修に参加して初めて避難所生活での暴力、性暴力が発生しやすいことを知りました。大きなショックでした。 もっと読む
2018-03-07 守山市議会 平成30年第1回定例会(第 3日 3月 7日) 子どもの頃に、このような困難な課題を抱えていた当事者の話をしますと、日常的に親から虐待を受けていた子は、学校の授業で家庭暴力のDVDを見て、初めて暴力を受けている日常が異常な状態であったことに気付き、学校にも親にも相談できず不登校になったとのことでした。この子の家庭は、親が医者で比較的裕福な家庭で育った子でした。   もっと読む
2018-03-02 湖南市議会 平成30年  3月 定例会-03月02日−02号 地域には、仕事されてる方、定年退職を迎えられた方など、いろいろなスキルをお持ちの方が眠っておられますので、地域活性化先進モデル事業交付金の事業メニューを進めるためにも、地域におられる、その事業に合った人材を発掘していただいて、それを育成していただくことが必要でございます。人材が集まるということで、まちづくり協議会の組織が強化され、後継者の育成にもつながるものと考えております。   もっと読む
2017-10-06 彦根市議会 2017.10.06 平成28年度決算特別委員会(第3日目) 本文 ◯学校教育課長(清水貴博君)   まず、就学援助の状況ですが、平成28年度におきまして、小学校では810人、うち9人は要保護の家庭の子どもです。中学校では553人、うち6名は要保護の家庭の子どもです。小学校の810人、中学校の553名というのは、年度によって多少の増減はありますけれども、小学校は800人台、中学校は500人台というのが、ここ3、4年の推移です。   もっと読む
2017-09-29 栗東市議会 平成29年 9月定例会(第5日 9月29日) との質疑に対し、当局から、2社についても対象区域であるため、特例奨励措置の対象となる。との答弁がありました。  質疑の後、討論もなく、採決の結果、全員一致で原案どおり可決すべきものと決しました。   もっと読む
2017-09-22 草津市議会 平成29年 9月22日決算審査特別委員会-09月22日-01号         危機管理監         河邊 芳次         総務部長          岸本 宗之         まちづくり協働部長     岡野 則男         環境経済部長        竹村  徹         健康福祉部長        西  典子         健康福祉部理事(健康福祉政策担当)                       冨安 知翔         子ども家庭部長 もっと読む
2017-06-19 湖南市議会 平成29年  6月 定例会-06月19日−03号 子どもの貧困は経済的に苦しい家庭の子どもたちが教育の機会を奪われないように家庭学習の場をつくったり、高校進学後も支援したりして、貧困の連鎖を断ち切る、このことが大切であるというふうに考えています。  そのためには学校だけで子どもを支えるのではなくて、家庭、地域と連携して子どもの学習を支えるということを中心に置いております。   もっと読む
2017-06-19 湖南市議会 平成29年  6月 定例会-06月19日−03号 子どもの貧困は経済的に苦しい家庭の子どもたちが教育の機会を奪われないように家庭学習の場をつくったり、高校進学後も支援したりして、貧困の連鎖を断ち切る、このことが大切であるというふうに考えています。  そのためには学校だけで子どもを支えるのではなくて、家庭、地域と連携して子どもの学習を支えるということを中心に置いております。   もっと読む
2017-03-10 草津市議会 平成29年 2月定例会−03月10日-04号 その意識改革に向けて、庁連携といったものをどのようにされるか、何かお考えであればお伺いいたします。 ○議長(中嶋昭雄)  太田健康福祉部長。 もっと読む
2017-03-07 守山市議会 平成29年第2回定例会(第 2日 3月 7日) 筈井議員も実体験の中で感じられましたとおり、三世代の同居・近居は、子育てや介護などをお互いに助け合うことによって、家庭や地域のきずなに育まれながら安心して過ごせるまちの実現につながる点においても有効であると考えております。  こうした中、これまではその促進策の一つとして、地区計画によります市街化調整区域の住居建築の規制緩和を行ってまいりました。 もっと読む
2017-03-06 彦根市議会 2017.03.06 平成29年2月定例会(第3号) 本文 また、公政会では、全国学力・学習状況調査において着実な成果を出されている福井県の大野市などへも視察に寄せていただき、家庭や地域との連携や家庭学習の重要性について認識を深めているところです。本市における家庭・地域との連携や家庭学習への取り組み状況についてお尋ねします。   もっと読む
2017-03-06 近江八幡市議会 平成29年第1回 3月定例会-03月06日−04号 男女共同参画推進本部は、夫、パートナーからの暴力、性犯罪、売春、セクシュアルハラスメント、ストーカー行為等、女性に対する暴力は女性の人権を著しく侵害するものであり、男女共同参画社会を形成していく上で克服すべき重要な課題であり、特に女性に対する暴力について早急に対応する必要がある。 もっと読む