641件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

彦根市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第11号) 本文

さらに、胃がん検診におきましては、胃視鏡検査の令和2年度実施に向けて体制整備を行ってまいります。  また、健康診査では、肝炎ウイルス検査につきまして、40歳から60歳までの5歳刻みの節目年齢に達する方に、全額公費負担による検診を引き続き実施いたしますほか、予防接種における各ワクチン接種について、予防接種法に基づく乳児等を対象にした定期接種を引き続き全額公費負担で実施いたします。

草津市議会 2019-04-24 平成31年 4月24日総務常任委員会-04月24日-01号

この職員アンケートにつきましては、平成28年4月にイクボス宣言を行った後に、職員家庭の状況や勤務状況など、6項目についてアンケートを実施したものでございます。  今回の資料はアンケートの結果を受けまして、その当時取りまとめを行いましたそれぞれの項目についての課題と、それに対する取り組み案を記述したものでございます。  

米原市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第4号 2月28日)

さて、本日は、子ども家庭相談室からいただきました、この黄色いリボンを身につけまして、子供虐待の防止アピールをしながら質問をさせていただきたいというふうに思っております。田中こども未来部長もいつもおつけになっております。  さて、ことし1月に千葉県野田市で小学4年生の女児が死亡する児童虐待で両親が逮捕されました。女児は小学校で行われたアンケートに「お父さんに暴力を受けています。

米原市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3号 12月 6日)

まず一つ目は、米原市のひとり親家庭等の支援についてお伺いします。いまや子育てが大変な時代になっています。ひとり親等の家庭ではさらに厳しさが増してきています。  そこで、一つ目、米原市内での母子家庭や父子家庭などのひとり親家庭等はどれぐらいありますか。把握されている数値をお答えください。 ○議長(鍔田明)  田中こども未来部長

東近江市議会 2018-09-28 平成30年 9月定例会(第 5号 9月28日)

面談につきましては、宅配時間が1件15分ぐらいかかりますので、おむつを届けたときに、玄関先で声がけをしていただき、家庭環境や子どもの発育・発達に関する相談などを聞いておりますとの答弁がありました。  委員から、学校給食での地場野菜使用率が41.8%だが、今後どれくらいまで広げようとしているのかとの質問や、東近江あぐりステーションとの連携が必要であるとの意見がありました。

米原市議会 2018-09-05 平成30年第3回定例会(第2号 9月 5日)

放課後児童クラブは、子供たちが家庭に帰る前の大切な時間、第2の家庭として過ごす場所、として大切なところです。しかし、決して環境がいいとは言えないところもありました。もう少し何とかいい環境にならないものだろうかと感じながら拝見させていただきました。  スタッフの皆さんからも、幾ら頑張っても頑張っても思うようにならない歯がゆさを感じながら、日々奮闘しておられる現状を聞くこともできました。  

甲賀市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−06号

この発電量は一般家庭に換算しますと、約1,500軒分の年間消費量に相当するものと試算しているところであります。  以上、答弁といたします。 ○議長(林田久充) 市民環境部長。 ◎市民環境部長(岡根芳仁) 御質問にお答えします。  太陽光発電の一般的な有効性についてであります。  

守山市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第 3日 6月14日)

また、部活動についてはいじめや暴力の温床というマイナスイメージとも無縁ではありませんでしたが、子どもたちの体力や社会性、協調性、コミュニケーション能力が低下していると言われる今日だからこそ、日本の文化ともいえる部活動の重要性は増していると考えます。  今後、顧問教育のフォロー体制や指導育成などを積極的に支援していくことが必要と考えますが、所見をお伺いして私の一般質問を終わります。

守山市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第 2日 6月13日)

先に開催をいただきました環境施設対策特別委員会におきましても、庁の関係部局の部長職から課長職までの全ての職員が出席をさせていただくなど、平成30年度におきましても、引き続き本市の最重要課題である環境施設の更新事業に、地元の負担を単なる負担に終わらせない覚悟で、期限に事業を完遂させることを目標に、庁一丸となり、全力で事業に取り組んでまいります。