127件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲賀市議会 2018-03-09 03月09日-06号

続いて、意見書案第5号 相次ぐ沖縄県でのヘリコプター事故防止に関する意見書提案理由を説明いたします。 沖縄県でのヘリコプター事故は、昨年末から、東村高江でのヘリ炎上大破事故、宜野湾市の保育園と小学校へのヘリコプターからの部品や窓の落下事故、そして、年明けにも不時着事故が3件も立て続けに起こっています。 在日航空機事故は、余りにも多過ぎます。

米原市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第2号12月 6日)

農村地域には、私たちが生きていくために必要な、野菜がつくられている田んぼや畑があります。そして、たくさんの生物や美しい景観、美しい環境、各地域において伝統文化が育まれています。しかし、今、農家の減少、担い手不足高齢化などによって、豊かな農村の恵みを維持することが難しくなりつつあります。国・県・市において、このような言葉が何度となくいろんなパンフレットや、いろんなことで出てまいります。

彦根市議会 2017-09-01 平成29年9月定例会(第20号) 本文

これに対して北朝鮮側は、太平洋上での水爆実験を示唆する発言を行い、挑発の応酬で、朝の軍事的緊張が一気に高まっています。  朝間の軍事衝突を避けるためにはどうすればいいのか。歴史学者和田春樹東大名誉教授は、新聞のインタビューに次のように答えています。今、安倍政権は、圧力一辺倒北朝鮮と対峙しており、国連全体を制裁に導いています。日本唯一被爆国として、隣国の核開発反対するのは当然です。

甲賀市議会 2017-03-24 03月24日-08号

意見書では、アメリカ海兵隊所属MV-22オスプレイの2016年12月13日、沖縄名護市の東海岸浅瀬における不時着水事故墜落事故と断定し、さらに事故原因を特定しないまま、事故後6日目には飛行を再開し云々と述べられています。 この中で、大きな事実誤認がされていますので、そのことを指摘し、反対意見を述べさせていただきます。 

大津市議会 2016-09-23 平成28年 9月23日総務常任委員会-09月23日-01号

また、東村高江では、オスプレイが飛び交うヘリパッド基地強行建設が始まりました。今も、150人の小さな村に機動隊約500人が投入され、反対する住民や支援者に対して暴力的な排除が続いています。  1999年に改正された新地方自治法では、地方公共団体は国と対等協力関係で、独立した団体として自由に活動できることになりました。

近江八幡市議会 2016-06-30 06月30日-05号

会第3号軍属による女性死体遺棄事件に関する意見書提出について、賛成討論をいたします。 去る5月にまたもや起きた沖縄における関係者による二十の女性暴行殺人死体遺棄事件に、沖縄はもとより日本全国に怒りと悲しみの抗議の声が上がりました。 日本共産党は、繰り返されるこの種の事件再発防止を求めて意見書をまとめ、近江八幡市議会提出しました。 

大津市議会 2016-06-29 平成28年 6月通常会議-06月29日-07号

根本的な問題は、国土面積の0.6%の沖縄に74%の在日専用施設があることであり、海兵隊の削減を含む基地大幅縮小、撤去、日地位協定の抜本的な見直し辺野古基地建設計画の断念であります。よって、これらを求めた本請願を不採択とするという委員長報告反対をいたします。  以上で反対討論を終わります。 ○鷲見達夫 議長  12番谷 祐治議員

東近江市議会 2016-06-29 平成28年 6月定例会(第10号 6月29日)

○20番(西澤善議員) 意見書案第2号、沖縄普天間飛行場代替施設早期実現沖縄基地整理縮小及び負担軽減を求める意見書について、20番、西澤善三が反対討論をいたします。  第2次世界大戦の終戦から71年目を迎えますが、沖縄は戦後27年間、占領下でありましたから、日本復帰は44年目であります。太平洋戦争では、日本唯一地上戦が行われたところであります。  

甲賀市議会 2016-06-21 06月21日-06号

涙をこらえて訴えるその姿は、基地があるがゆえに苦しみ続けてきた沖縄県民の思いを象徴するものでした。 国防総省沖縄防衛局の資料によりますと、在日兵士約4万9,000人中、約2万7,000人が沖縄に駐留しています。一方、警察庁がまとめた関係者刑法犯罪検挙件数のうち、半数近い1,900件が沖縄に集中しています。 

東近江市議会 2016-06-16 平成28年 6月定例会(第9号 6月16日)

沖縄普天間飛行場代替施設早期実現沖縄基地整理縮小及び負担軽減を求める意見書についてを提出させていただきます。  まず、この意見書を上げさせていただきましたのは、昨年の12月、沖縄名護市議会の方から、こういった請願が上がってまいりまして、我々東近江市民クラブ勉強会をさせていただきまして、そして沖縄のことの勉強会をした後、沖縄の方に自費で行ってまいりました。  

近江八幡市議会 2016-06-15 06月15日-02号

私は、会第3号軍属による女性死体遺棄事件に関する意見書提出について提案説明を行いたいと思います。日本共産党井上佐由利です。 提案説明の前に、まずこのたび殺害されました20歳の女性に哀悼の意を表明したいというふうに思います。 それでは、提案説明をいたします。 このたび5月25日、沖縄県うるま市で20歳の女性遺体となって雑木林で見つかりました。軍属の男が殺人容疑で6月9日に再逮捕されました。

大津市議会 2015-12-22 平成27年11月通常会議−12月22日-18号

沖縄基地問題は、戦後70年を経過しても日本全土の0.6%の面積しかない沖縄在日施設の74%が集中をし、今なお沖縄県民を苦しめ続けています。沖縄県の翁長知事による名護辺野古埋め立て承認取り消しの是非を争う訴訟の審理が始まり、翁長知事は、歴史的にも現在も沖縄県民が自由、平等、人権、自己決定権をないがしろにされてきたと、県民が望まない基地を押しつけられてきた歴史を告発いたしました。