11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

守山市議会 2011-09-06 平成23年第3回定例会(第 2日 9月 6日)

先日の衆院厚労委員会での児玉龍彦参考人の話を聞き、国の持つ基準の不明確さ、実態にそぐわない法制度危機感を持ちました。県の見解でも示されている牛の識別番号の公開にしても、消費者は一々ホームページを見て、また番号を確認しての購入はどれだけの消費者が毎日確認するのか疑わしいものです。  

米原市議会 2011-07-15 平成23年第3回臨時会(第1日 7月15日)

議会が推薦する農業委員会委員に児玉正昭氏を推薦したいと思いますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。                 (賛成者起立) ○議長(音居友三君)  起立全員です。  よって、児玉正昭氏を推薦することに決定いたしました。  日程第6、推薦第3号 米原市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。  お諮りいたします。  

米原市議会 2008-07-16 平成20年第2回臨時会(第1日 7月16日)

推薦第2号 本議会が推薦する農業委員会委員に児玉正昭氏を推薦したいと思いますが、これに賛成の諸君の起立を求めます。                 (賛成者起立) ○議長(中野卓治君)  お直りください。  起立全員であります。  よって、児玉正昭氏を推薦することに決定いたしました。  日程第7、推薦第3号 米原市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。  お諮りいたします。  

米原市議会 2005-07-27 平成17年第2回臨時会(第1日 7月27日)

                           │ ├───┼───────┼────────────────────────────────┤ │  4│推薦第4号  │米原市農業委員会委員の推薦について(常喜 共三氏)       │ ├───┼───────┼────────────────────────────────┤ │  5│推薦第5号  │米原市農業委員会委員の推薦について(児玉

米原市議会 2005-02-21 平成17年第1回臨時会(第1日 2月21日)

児玉正昭君。伊賀並秀雄君。鹿取豊君。中西均君。吉川民雄君。宮川忠雄君。磯崎清君。堀川弥二郎君。和田倬也君の14名を指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。                (「異議なし」) ○議長(滝本善之君)  ご異議なしと認めます。  よって、ただいま指名いたしました諸君のご就任方よろしくお願いをいたします。  

大津市議会 2003-07-02 平成15年 6月定例会−07月02日-08号

保健室の整備については、衆議院予算委員会でわが党の児玉議員が、学校保健室の改善について取り上げたことから、文部科学省が徹底をすることを明らかにしたものです。  大津市でも不登校児童・生徒が増加しており、保健室への登校の生徒も増えています。教室への復帰の第一歩のためにも、また子どもたちが心と体の健康のために安心して過ごすことができる保健室存在は、子どもたちにとっても重要な場所です。  

草津市議会 1999-03-12 平成11年 3月定例会−03月12日-02号

我が党児玉衆議院議員が、1月27日の国会での質問で、宮下厚相は保険料が予想より高額になることを認め、あまり高額になると、この保険制度が成り立たなくなる可能性もあると答弁し、このままだと介護の必要経費の1割の利用料、保険料を支払うことをあわせた住民負担は耐え難い重さになるものとの不安が的中し、不安解消へ減免制度の重要性が鮮明になり、介護保険成立の際、参議院本会議が全会一致で「すべての国民が適切な介護

大津市議会 1993-03-12 平成 5年 3月定例会-03月12日-05号

いじめのいろいろな問題につきましては、先日もお答えいたしましたけれども、かって数年前に自殺いたしました鹿川君、それからこのあいだの児玉君、いずれの場合におきましても、周りからは全然そのいじめられている様子がわからないわけでございます。非常に陽気に振る舞っておりまして、彼らの心のうちはまったく逆でございまして、それがわからない。

大津市議会 1993-03-09 平成 5年 3月定例会-03月09日-03号

本年1月13日、山形県新庄市立明倫中学1年生児玉有平君が上級生7人のグループに暴行され、マットに頭から逆さに突っ込まれ、警察によれば「『止めてくれ、助けてくれ』と叫んだのも無視した残忍な犯行、死因は窒息死」との報道は未だ記憶に新しいところであります。死亡推定時刻は19時ないし20時の間。

  • 1