235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湖南市議会 2022-12-09 12月09日-02号

防災訓練についての最後は、東日本大震災をきっかけに注目されるようになったペットとの同行避難です。 過去の災害において、ペット飼い主と離れ離れになる事例が多く発生しました。災害後、ペット保護が難しくなり、負傷したり、衰弱、死亡することもたくさんありました。保護できなかったペットに不妊、去勢処置がされていないと、繁殖して住民の安全や公衆衛生の悪化を招きます。 

長浜市議会 2022-09-13 09月13日-04号

また、ペット、動物とともに避難されてきた場合の対応についても同様にお伺いしたいと思いますが、マニュアルに書いてあるようなことであれば結構です。簡単にお願いします。 ○議長西邑定幸君) 防災危機管理局長。 ◎防災危機管理局長山田昌宏君) 避難所の非常時におきます運営につきましては、避難所運営マニュアルをまとめておりますし、これ以外にも災害時要配慮者避難支援計画というのがございます。

長浜市議会 2022-06-12 06月12日-02号

市民生活部長江畑仁資君) 本市野犬対策につきましては、滋賀県動物保護管理センターと連携して、ペット販売店開業獣医との協力のもと、飼い主への正しい飼い方などの指導啓発を行っております。 ペットの飼育については、動物の愛護及び管理に関する法律において、動物の遺棄や繁殖制限についても所有者責任が規定されています。

近江八幡市議会 2020-09-11 09月11日-03号

全国的にはアライグマとの突発的な遭遇による咬傷被害もあり、ペットの犬や猫が襲われているとの報告もあります。アライグマ問題が深刻になるにつれ、早急な対策を求める声が強くなり、日本生態学会日本侵略的外来種ワースト100の一つに本種を選定しています。そして、2005年に外来生物法が施行されると同時に、特定外来生物に一次指定され、根絶が最終的な目標となり、駆除が解決手法として選択されています。 

草津市議会 2020-03-16 令和 2年 3月定例会-03月16日-04号

次の質問なんですが、特によくペットですね、もう家族同然やということで、これ災害被災地でもいろんなペットの居場所というか、考え方いろいろ今、議論もされてますが、次の質問ですが、現在の火葬場には、動物炉が設置されていませんが、ペット火葬などについて、市民ニーズがあると考えております。  そこでお尋ねしますが、県内で動物炉を併設している火葬場はどのくらいあるのでしょうか。

草津市議会 2020-02-17 令和 2年 2月17日総務常任委員会−02月17日-01号

遠藤覚 委員長  だから、例えば草津動物ペットが亡くなったとか、ペットが死んだ場合にどういう処分、処理というか、どういう埋葬のされ方をしておられるのか、だとは思うので。そこはちょっとまた整理できるようなものがありましたら。  済みません、ちょっとたくさん資料をお願いしましたけど、よろしくお願いします。  皆さん、活発な御意見をいただきありがとうございました。  

栗東市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第2日12月11日)

家族ともども車で行けるか、避難所避難先駐車場があるか、ペットの扱いはどうなるのかなど、避難所のあり方にも不安があります。こうした被災時の住民避難行動における不安や抵抗感避難を躊躇させ、行動を鈍らせる一因ともなっています。  市民に配布されている栗東市防災マップの中には、自治会市民が、自主的に要支援者高齢者、障がい者などの避難行動支援避難誘導を行うように呼びかけています。

草津市議会 2019-10-30 令和 元年10月定例会−10月30日-04号

それでですね、火葬場についてですが、家族の一員でもある動物――ペットですね、この火葬場についての考えを少しお聞かせ願えます。 ○議長瀬川裕海)  長まちづくり協働部長。 ◎まちづくり協働部長長源一)  本市におけます犬の登録、畜犬登録の数を見ますと、昨年度末で5,000匹を超えております。

湖南市議会 2019-03-04 03月04日-02号

近年、ペット人口が増加をしてる中、ドッグランについては比較的検討しやすいかなということでありまして、子どもたちにはできるかもしれないというふうにお答えをしたところでございます。

守山市議会 2018-12-13 平成30年第5回定例会(第 3日12月13日)

他にも遠隔医療遠隔手術農業用センサー、道路や橋梁の異常検知センサーセキュリティカメラおよびセンサー高齢者子どもの見守り機器、ペットの見守りアイテムなどがあります。  現在、各自治体でもIoTの活用に向けた取組がされています。自治体実証実験を行っている例としては、熊本県天草市で行われている自治医科大によるスマホを使った高齢者見守りシステムがあります。

彦根市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会 目次

…………………………………… 187 辻産業部長        答弁 ……………………………………………………………… 187  地域包括支援センターの現状と課題について ……………………………………………… 190 牧野福祉保健部長     答弁 ……………………………………………………………… 191 3番 北川元気君     質問 ……………………………………………………………… 198  ペット