5020件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湖南市議会 2024-06-18 06月18日-02号

各市とも高齢介護者から年間6、7件の申請があり、介護マークを貸与または配付しているとのことでございます。 また、障がいのある人の介護者からの申請もあり、介護マーク高齢介護者だけに向けられたものではないと認識しております。 一方、滋賀県では、認知症の人と家族の会滋賀県支部に委託して、認知症高齢介護者だけでなく障がいのある人の介護者対象として介護マーク普及活用を呼びかけております。

近江八幡市議会 2023-12-11 12月11日-04号

議員ご指摘のとおり、国の示す警戒レベル3は、避難準備高齢等避難開始情報発令時期であり、高齢など避難に時間を要する方は避難を開始いただき、その他の方は避難準備を整えていただく時期でございます。 この情報発令に当たっては、コミュニティセンター避難場所として開設した後に、避難準備高齢等避難開始情報発令することといたしております。 

近江八幡市議会 2023-12-09 12月09日-02号

戦前・戦後を経験されてきた高齢は、日本社会復興発展のために寄与してきた世代です。しかし、この間、毎年公的年金の引き下げの影響もあり高齢貧困は深刻です。一人暮らしの高齢貧困も問題視されており、高齢世代の27%が貧困状態とも言われています。75歳以上の医療費負担の2割化は医療機関へのアクセスを阻害し、高齢の命を脅かす制度の見直しになりかねません。 

近江八幡市議会 2023-06-27 06月27日-04号

また、高齢ひとり暮らし世帯及び高齢夫婦のみ世帯増加認知症高齢増加等に伴って、在宅生活及び在宅介護が困難な方も将来的に懸念されることから、第7期計画期間中である平成30年度から令和年度までの3年間で、介護老人福祉施設90床、地域密着型介護老人福祉施設29床、グループホーム2ユニット18室等の基盤整備を進めることとしています。 

湖南市議会 2022-12-09 12月09日-02号

こういった現状高齢ドライバー事故を根本から防げない原因になっているようです。 このような事故が相次いでいるとはいえ、自分に限っては大丈夫と考えがちで、簡単に免許を返納するといっても、難しいのが現状ではないでしょうか。特に地方の高齢にとって、車はまさに自分の足。特に交通の不便な場所では必要不可欠なものです。今後10年間で高齢ドライバーはさらに増えます。

湖南市議会 2020-12-20 12月20日-05号

の一部を改正する条例制定について(福祉教育常任委員長報告)  第6.議案第92号 湖南介護保険条例の一部を改正する条例制定について(福祉教育常任委員長報告)  第7.議案第93号 湖南水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について(産業経済常任委員長報告)  第8.議案第94号 令和元年度湖南一般会計補正予算(第4号)(予算常任委員長報告)  第9.議案第95号 令和元年度湖南後期高齢医療特別会計補正予算

湖南市議会 2020-12-11 12月11日-04号

質疑)  第6.議案第91号 湖南災害弔慰金支給等に関する条例の一部を改正する条例制定について(質疑)  第7.議案第92号 湖南介護保険条例の一部を改正する条例制定について(質疑)  第8.議案第93号 湖南水道事業給水条例の一部を改正する条例制定について(質疑)  第9.議案第94号 令和元年度湖南一般会計補正予算(第4号)(質疑)  第10.議案第95号 令和元年度湖南後期高齢医療特別会計補正予算

湖南市議会 2020-12-02 12月02日-01号

お元気な高齢皆様からパワーをいただきますとともに、皆様のご長寿をお祝いしてまいりました。また、26日に東京で開催された音健協セミナー官民連携自分らしく暮らす』地域包括ケアを考える」に出席し、高齢保健事業介護予防連携に関する先進事例として、こなんTHEボイスプロジェクトについて報告してまいりました。 

近江八幡市議会 2020-11-28 11月28日-01号

次に、議第112号平成31(令和元年度近江八幡介護保険事業特別会計保険事業勘定補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算額に変更はなく、第1表債務負担行為補正につきましては、令和年度在宅高齢紙おむつ支給事業で、令和年度当初からの事業実施に向けました契約手続のための債務負担行為につきまして、期間及び限度額を設定させていただくものでございます。 

長浜市議会 2020-09-16 09月16日-04号

高齢等に対する注意喚起の徹底について。 気象庁によると、今年8月の平均気温は、西日本で平年より1.7度高く、3か月予報によると、秋の気温も平年より高くなる見通しで、残暑が見込まれ、引き続き熱中症にならないよう体調管理が必要と発表されています。 市や厚生労働省ホームページ等では、特に高齢や子ども、しょうがい者、しょうがい児は熱中症になりやすいので、特に注意が必要と呼びかけられています。 

長浜市議会 2020-09-14 09月14日-02号

あと、今、初問で質問しましたけども、病院とかそれから福祉職場とか、高齢しょうがい者、学校等、そういうクラスターが発生しやすい、リスクの多いところ、それについての答弁がなかったように思うんですけども、してもらったか、よう分からんのやけども、もし、再問しますので、それについての見解を述べていただきたいのと。