349件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草津市議会 2019-12-11 令和 元年11月定例会−12月11日-04号

◎総合政策理事[公社担当](松下正寿)  草津市における災害想定につきましては、本市では、平成26年度に防災アセスメント調査を実施しており、この調査によると、地震災害では、市域で最大震度7を観測する大地震が発生するとされ、人的被害では、死者約500人、負傷者約5,000人、全避難者はピーク時で約3万8,000人と想定されております。  

草津市議会 2019-12-09 令和 元年11月定例会−12月09日-02号

職員につきましては、災害初動期に前線基地班員初動特別支援要員を配置し、震度5弱以上の地震が発生した場合は、あらかじめ定められた任務分担に基づき、災害対応活動を開始するよう定めております。その職員の選任に当たっては毎年度見直しを行い、市役所災害拠点となる小学校の位置と職員の居住地を考慮し、速やかに参集できるよう職員を充てるなどの配慮をしているところでございます。 ○議長(瀬川裕海)  横江議員

米原市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第4号 6月28日)

また、18日には、山形県沖を震源とします地震が発生をし、新潟県などでは震度6強を観測しました。  本市におきましても、昨年の竜巻発生から、間もなく1年を迎えようとしています。いま一度、気を引き締め直して、今後の気象状況により十分な注意を払いながら、万全を期してまいりたいと存じます。  

東近江市議会 2019-06-26 令和元年 6月定例会(第 5号 6月26日)

また、同日、山形県沖を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、新潟県村上市では最大震度6強を記録しました。  この地震により、山形県新潟県などの震源に近い地域では、小規模な津波も観測されたところです。  これまでに30名を超える方が負傷され、住居の損壊などの被害も多数確認されております。  

米原市議会 2019-06-25 令和元年予算常任委員会(第2号 6月25日)

けさの8時半ごろですか、高島市震度2の地震が起きるという速報が流れてまして、常日ごろから備えが肝要ではないか、そのように思うところでございます。  それでは、ただいまの出席委員は全員でございます。定足数に達しておりますので、ただいまから米原市議会予算常任委員会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。  それでは早速議事に入ります。  

米原市議会 2019-06-19 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号 6月19日)

冒頭に、昨日晩、新潟沖で震度6の大変大きな地震が発生しました。死者のほうは報告されておりませんけれども、けがをされた方もおられるようで、そういった方のお見舞い、無事を祈るばかりであります。当市においても、そういった地震が発生した場合、果たしていかがなものかと考えるとぞっとする思いでありますし、またそういうことも構えて、ふだんから準備しておかなければならないなと思います。  

守山市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第 3日 3月13日)

和歌山で震度4の地震があったそうでございますが、市内には特段、今のところ大きな影響は出てないということですので、このまま議会を続けます。  それでは、市長。                 〔市長 宮本和宏 登壇〕 ○市長(宮本和宏) それでは、先ほど6点目の質問に対する答弁をしておりましたので、そこから再開させていただきたいと思います。  

草津市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会−03月08日-03号

今現在、大きく改正されておりますのは、阪神・淡路大震災のときの基準がベースになってございまして、大きな基準がされた後につきましては、それに応じた形での耐震設計に努めているところでございまして、これにつきましては震度6から7ぐらいに耐えられるような形での耐震が施されているところでございます。 ○議長(奥村次一)  中島議員。 ◆1番(中島美徳)  ありがとうございます。

彦根市議会 2019-02-01 平成31年2月定例会(第2号) 本文

総務部長(犬井義夫君) 私は今、手元に一覧表を持っておりますので、そこで申し上げさせていただきますが、今ほどサーバー室の関係で免震化ということを代表的な例として挙げさせていただいたところでございますけれども、これ以外にも電話交換機器の関係で、これももともとは存置したままの工事が可能と思っておりましたが、工事の状況から万一のことを考えて移設を行う費用であったり、あるいは震度

彦根市議会 2018-12-14 平成30年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2018-12-14

詳しい資料をちょっと手元に持ち合わせておりませんので明確にはお答えできませんけれども、我々もそうした状況を見極めて、本市では、南海トラフに関しましては最大級のものが発生した場合でも恐らく震度5から6、それも地域によりますが、そのあたりは彦根市防災マニュアルに掲載もさせていただいております。

草津市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会−12月06日-03号

また地震においても阪神淡路大震災後の耐震基準を満たしている建物が多い草津であれば、震度7においても倒壊のおそれはほとんどありません。  そのような現状から、火災地震における防災対策についても、戸建てとは異なる対応が必要になります。  しかしながら市の防災対策は、いまだにマンションが増加する以前からの対策基本となっており、戸建てとマンションを一くくりに考えておられるように思います。  

東近江市議会 2018-09-28 平成30年 9月定例会(第 5号 9月28日)

今後30年以内に起こる可能性が高まっている南海トラフ地震では、本市においても震度5強を超えると予想されており、地域に即した防災減災の取り組みや、地域防災リーダーの育成、また備蓄状況の確認など、災害への備えについて学ぶべきものがありました。  午後からは、兵庫県朝来市役所を訪問し、シティプロモーション事業について説明を伺いました。  

米原市議会 2018-09-26 平成30年第3回定例会(第4号 9月26日)

さて、今月6日未明、震度7を観測した北海道胆振東部地震では、これまでにない大規模な土砂崩れを初め、液状化による地面の隆起や陥没による家屋の倒壊など甚大な被害が発生をし、犠牲者は41人に上る歴史的な自然災害となりました。亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。  

草津市議会 2018-09-14 平成30年 9月定例会−09月14日-04号

そして、この発言通告締め切りの9月4日、その日は台風21号が、6日には北海道震度7の地震が発生するなど、自然の猛威に日本各地が翻弄されているところでございます。  このたびの災害におきまして亡くなられました皆様方に哀悼の意を表するとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。  そこで、今回は、草津市の豪雨対策について質問させていただきます。  

草津市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会-09月12日-02号

改めまして、最大震度7を記録した北海道胆振東部地震、また、台風21号、大阪での地震、そして、平成30年7月豪雨などによりまして亡くなられた方々に哀悼の意を表するとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  この夏は、今申し上げましたように大変、地震や豪雨災害がございまして、改めて防災減災意識が高くなっておると思っているわけでございます。