運営者 Bitlet 姉妹サービス
81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-28 甲賀市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−08号 防衛によれば、アメリカのロッキードマーチン社製の最新鋭レーダーLMSRを含む本体だけで約1,340億円、計上可能な範囲だけでも導入経費が約4,664億円に達すると、このように言われています。これら費用に含まれない施設整備費や燃料費などのほかに、1発数十億円とされる新型迎撃ミサイルの調達費を含めれば、総額は6,000億円を超えると試算をされています。   もっと読む
2017-05-18 彦根市議会 2017.05.18 平成29年5月臨時会(第9号) 本文 そこで、まず細項目1の質問ですが、市の5月補正予算案の概要によりますと、ブルーインパルス展示飛行は、築城410年祭関連事業として防衛に依頼したということでございます。そこで質問ですが、防衛に依頼したのは彦根市だったのでしょうか。あるいは、国宝・彦根城築城410年祭推進委員会だったのでしょうか。お尋ねいたします。 ◯議長(西川正義君) 企画振興部参事。 もっと読む
2017-03-24 甲賀市議会 平成29年  3月 定例会(第2回)-03月24日−08号 まず、事故原因を特定しないまま6日目にはと述べられていますが、沖縄県名護市沖に不時着水したMV−22オスプレイについてのタイトルで、事故の概要、事故の状況及び原因、米軍がとった対策並びに飛行再開に係る情報について、12月19日、つまり事故後6日目には、在日米軍から情報提供を受けた防衛が発表されています。   もっと読む
2016-12-22 東近江市議会 平成28年12月定例会(第21号12月22日) 沖縄防衛局はじめ国・防衛は、沖縄県外から多くの機動隊員を動員して建設反対運動を強権的に排除しました。  そんなさなか、13日夜に、沖縄県の米海兵隊普天間基地配備の垂直離着陸機MV22オスプレイ1機が同県名護市安部の沿岸部に墜落をしました。  防衛は、国内初の重大事故を小さく見せかけようと「不時着」と発表しました。しかし、パイロットはパラシュートで脱出したと伝えられています。 もっと読む
2016-10-07 近江八幡市議会 平成28年 決算特別委員会-10月07日−02号 ◎市民課長(馬場真由美君) 続きまして、防衛が18歳の青年名簿を閲覧されることはあるのかというご質問ですけれども、毎年自衛隊からの18歳の方の住民基本台帳の閲覧請求はあります。 もっと読む
2016-09-13 栗東市議会 平成28年 9月定例会(第3日 9月13日) 時間をしっかりと把握するために、お話の中では、職員の方の意識付けということでされているようなのですけれども、担当部局としては、やはり、こうしてこの1時間後には何人が集まっているかという、状況を把握するための訓練というのは必要ではないかなと思うのですけれども、実際、国であったり、災害発生時ですね、危機管理の各実働所管省庁には、市ではなくて国のほうの実働機関のところ、警察庁、消防庁、国交省、海上保安庁、防衛 もっと読む
2016-09-08 甲賀市議会 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月08日−07号 防衛沖縄防衛局は、参議院選挙投票日の翌日、7月11日早朝以降、ヘリパッド工事再開に向け、全国各地から数百人規模の機動隊を高江に集結させる異常な事態となっています。  米軍のヘリパッドの建設は、2015年2月に2カ所を米軍に先行提供をしたことから、米軍によるオスプレイの訓練が急増しました。 もっと読む
2016-06-30 近江八幡市議会 平成28年第2回 6月定例会-06月30日−05号 会議では、検察庁や防衛から事件の経緯やこれまでの政府の対応をヒアリング、出席者からは夜間外出の禁止令など、過去の再発防止策にもかかわらず、犯罪が絶えないため、これまで以上に踏み込んだ対策を実施すべきとの意見が相次ぎました。   もっと読む
2016-03-22 高島市議会 平成28年  3月 予算常任委員会-03月22日−04号 委員長にここでお願いをしたいのですけれども、今の交付金の国庫支出金の防衛の補助金なのですけれども、その一番上に周辺整備調整交付金がございますけれども、この件につきまして、以前に市長が補助金を諸般の事情からいただいたというようなことをお聞きしたいのですけれども、その件がこの中に組み込まれているのかどうかということをお尋ねしたいのですけれども。 もっと読む
2016-03-22 高島市議会 平成28年  3月 予算常任委員会-03月22日−04号 委員長にここでお願いをしたいのですけれども、今の交付金の国庫支出金の防衛の補助金なのですけれども、その一番上に周辺整備調整交付金がございますけれども、この件につきまして、以前に市長が補助金を諸般の事情からいただいたというようなことをお聞きしたいのですけれども、その件がこの中に組み込まれているのかどうかということをお尋ねしたいのですけれども。 もっと読む
2015-12-08 草津市議会 平成27年11月定例会-12月08日-02号 これも防衛に聞きますと、平成12年ごろからオートマチック車を採用しているというお答えも聞いておりました。  では、草津市の危機管理に関する観点から、今後、約10年間における給水車の災害時の運用体制について御質問いたします。 ○議長(西田剛)  西岡上下水道部長。 もっと読む
2015-09-10 大津市議会 平成27年 9月10日総務常任委員会-09月10日-01号 この間、政府関係者からは法的安定性は関係がないといった発言がなされたり、本法案提出直後に防衛幹部が日米共同作戦の検討を行っていたという事実が明らかになるなど、法案の根幹に関わる矛盾が明らかとなってきています。一方で、ほとんど全ての憲法学者が本法案は憲法に照らしては違憲であるとの声を上げたり、全国各地で若者からお年寄りまで多くの国民による反対運動が高まってもきているところでございます。 もっと読む
2015-09-04 高島市議会 平成27年  9月 定例会-09月04日−03号 本市の人口が年々減少している今、防衛の大幅な改編が仄聞されております。本市の人口減少を食いとめる施策として、ぜひとも自衛隊の新部隊の誘致、例えば、教育部隊、補給部隊等の配置要請ができないか、担当部長に伺いたいと思います。  質問、3番目、梅原雨谷林道の未整備区間について。   もっと読む
2015-09-03 高島市議会 平成27年  9月 定例会-09月03日−02号 ◎市長(福井正明君)  ちょっとご質問の趣旨が定かではございませんけれども、先ほど申し上げましたように、中部方面総監部、これは防衛としての文書保存ルールがあっての判断であります。 もっと読む
2015-08-25 高島市議会 平成27年  9月 定例会-08月25日−01号 しかし一方、昨年県内のNPO法人からのお声がけがございまして、このいわゆる老朽化している、経年劣化している消防車について、ぜひとも東南アジアに寄附をしたいというふうなお声がけが昨年ございまして、防衛と確認をしましたところ、それであれば、寄附することについてはいささか問題はないというふうなお答えをいただきましたので、昨年そういう処分をさせていただいた事例がございます。   もっと読む
2015-06-24 甲賀市議会 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月24日−07号 全く合意を守られていないことを防衛もつかんでいるんです。  また、CV-22の訓練についても、日米合意では何と言っているか、原則として地上150メートル以上の高度で飛行する、このように言っているんです。中谷防衛大臣も、このことは認めています。   もっと読む
2015-06-23 大津市議会 平成27年 6月通常会議−06月23日-06号 防衛の深山延暁運用企画局長は「(オスプレイは)下降気流により直下では非常に強い風が起こるため、救助に難しさがあった」と認めている。  このように、オスプレイの配備拡大は、基地負担の増大が避けられないのみならず、非常に危険な訓練が行われることによって、住民の命と安全を脅かすことは明白である。   もっと読む
2015-06-22 栗東市議会 平成27年 6月定例会(第3日 6月22日) 2、海外に派兵された自衛官は、アフガニスタン、イラクの両戦争への派兵任務を経験、帰国後に自殺された自衛官が、2015年3月末時点で54人にのぼったと防衛が明らかにしました。栗東市に住んでおられる自衛隊員で、勤務されている方は何人いらっしゃるでしょうか。  3、何よりも、日本のこれからを担うのは若者と子どもたちです。 もっと読む
2014-07-31 高島市議会 平成26年  7月 臨時会(第2回)-07月31日−01号 また、国におきましては平成27年度の各省庁の概算要求が8月末の期限に設定されているところでございますが、来週にも国土交通省や防衛をはじめといたしまして、8月中には国の関係機関や県に対しましても必要な要望活動を展開してまいりたいと考えているところでございます。   もっと読む
2014-07-31 高島市議会 平成26年  7月 臨時会(第2回)-07月31日−01号 また、国におきましては平成27年度の各省庁の概算要求が8月末の期限に設定されているところでございますが、来週にも国土交通省や防衛をはじめといたしまして、8月中には国の関係機関や県に対しましても必要な要望活動を展開してまいりたいと考えているところでございます。   もっと読む