270件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

守山市議会 2020-09-30 令和 2年 9月定例月会議(第 4日 9月30日)

昨年10月からは、本市議会において通年議会導入、また、議員定数も2名削減いただく中、各委員会の運用などよりよい市議会を目指す中で、何かとご苦労をいただいたことと存じ上げます。  特に今年度は記念すべき市制施行50周年を迎える中、本来なら小西議長様、また西村副議長様の下、様々な記念イベントを開催する予定でございました。

湖南市議会 2020-09-29 09月29日-05号

そうした中で、一つだけ心残りがあるとすれば、平成25年に議員報酬が引き上げられて以降、議員定数の削減問題が議論されてこなかったことです。その際、議員報酬は4人分上乗せいたしましたが、定数は2人分しか削減されておらず、その後、この問題は市民の前で議論されてきませんでした。この17年半では、議員報酬引上げ問題に振り回されたことが思い出として強く残っています。

守山市議会 2019-12-19 令和元年12月定例月会議(第 4日12月19日)

主なものは、平成28年9月定例会から運用開始されたタブレット等導入について、議員定数を22人から20人に削減したこと、地方自治法による通年議会令和元年10月の臨時会議から実施すること、常任委員会所属について定数を10人以内とし、2つの常任委員会に重複所属することです。  

草津市議会 2019-06-13 令和 元年 6月13日議会改革推進特別委員会−06月13日-01号

第19条、第20条の議員定数議員報酬につきましては、前期のときに一旦結論を見ておりますので、今後時機を見て、また議論を行っていく必要があるとしております。  以上で、資料説明とさせていただいておりますので、皆様方から、この検証(案)につきまして御意見をいただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。  棚橋委員

草津市議会 2019-01-24 平成31年 1月24日議会改革推進特別委員会−01月24日-01号

ただ、予算決算特別委員会は、これはもう将来的には、今現在は委員定数議員定数半数ずつでやってますけど、当時予算決算特別委員会をつくるときに全国調べたら、半分の自治体委員定数は全議員数、もう半分の自治体委員定数議員定数半数ずつやったんですね。そこまで考えていくと、またこれ意味が違ってくるので、今あえて特別委員会複数年制を決める必要はないとは思いますけれどもね、意見として。

草津市議会 2018-12-21 平成30年12月21日議会改革推進特別委員会-12月21日-01号

まず、調査の内容といたしましては、まず、1ページでは、議員定数、正副議長任期監査委員任期、役職と所属委員会に関する申し合わせ等について、2ページ以降では、議会運営委員会常任委員会特別委員会、その他委員会の各委員会について、委員定数委員任期、正副委員長任期、正副委員長選出方法を御解答いただいております。  

草津市議会 2018-09-06 平成30年 9月 6日議会改革推進特別委員会−09月06日-01号

議員定数および議員報酬につきましても、ある程度の答えを出したということと、常任委員会および特別委員会につきましては、ちょっと課題が残っているかなということで、次の委員会に引き継ぎながら、私たちの期でどこまで答えが出せるのか。また、出して、それが次の期の方にどこまで引き継いでいけるのかということを、しっかりとあと一年間は頑張りたいと思うということで報告書をまとめさせていただいております。  

草津市議会 2018-08-10 平成30年 8月10日議会改革推進特別委員会−08月10日-01号

第7章の議員定数および議員報酬は、あえて条文を読みませんが、この前のときに皆さんと議論をいたしまして、議員定数維持と、それから議員報酬に関しましては、しっかりと市長に口頭で申し述べ、あとは、報酬委員会に委ねるということで結論をいただいたわけでございます。  ざっくり、中心にやっておりますけど、こういう感覚でよろしゅうございますか。  

草津市議会 2018-07-02 平成30年 7月 2日議会改革推進特別委員会−07月02日-01号

では、続きまして、本日の最大の時間をとるかなを思うわけでございますが、続きまして、次第3、議員定数議員報酬についてを議題といたします。  4月11日の委員会におきまして、議員定数議員報酬の考え方についてを説明申し上げまして、委員間討議を行いましたところ、委員会での協議内容をもとに各会派意見を取りまとめていただくということになりました。  

守山市議会 2017-12-14 平成29年第7回定例会(第 4日12月14日)

決定事項については、議員定数、タブレット導入が決定したことの報告を行いました。  保留事項については、議員報酬役員手当があり、議員報酬については報酬審議会に委ねることとしました。委員長手当については、今期に改めて協議項目としていくかを検討いたしました。  申し送り事項については、通年議会予算特別委員会がありましたが、今期協議項目としていくかを検討することといたしました。