220件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草津市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-03号

高穂中学校調整について、雑木等が生い茂っており、雑木林のようだという声も聞かれますが、現状の管理状況で、調整としての機能に問題はないのか、専門的知見を持つ建設部の見解をお伺いいたします。 ○議長(奥村次一)  寺田建設部長。 ◎建設部長(寺田哲康)  高穂中学校内の調整につきましては、御指摘のとおり、草木が生えていることを確認いたしました。  

草津市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日予算審査特別委員会−03月20日-01号

◆西垣和美 委員  予算に関する説明書の49ページの真ん中の調整維持管理事業費の700万円余りの減の内容を教えてください。 ○遠藤覚 委員長  答弁求めます。  福井河川課長。 ◎福井 河川課長  45ページにあります調整維持管理事業費の減額されている770万4,000円の件でございます。

彦根市議会 2019-03-11 平成31年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-03-11

また、みちかわ作業員につきましては、市道の草刈りであったりとか調整掃除であったりという形で、ほぼ毎日、作業に当たっていただいている状況でございます。この削減によりまして、実際これに対応するためといたしまして、先ほども委員の方からもございましたが、私ども、一部職員の張りつけ等も考えていかなければならないかと考えております。  

米原市議会 2018-09-26 平成30年産業建設常任委員会・予算常任委員会産業建設分科会(第2号 9月26日)

次に、2目河川災害復旧費、15節工事請負費では、米原地先の米原駅東調整において土砂を含んだ雨水が大量に流れ込んできたことで、合流桝に設置してある水位計に当たり破損したため復旧に要する費用として130万円の補正をお願いするものです。  次に12、13ページをお開きください。分科会資料の裏面もごらんください。  

守山市議会 2017-12-07 平成29年第7回定例会(第 3日12月 7日)

地区計画の設定に際し、区域の整備、開発および保全の方針における土地利用の方針において、一級河川である法竜川や天神川の流下能力に鑑み、調整などの雨水排水対策を開発事業者に求めておられます。  当初、地区計画エリアは対象地区宅地面積の1.2倍を上限値として設定されておりましたが、なぜ1.5倍に変更したのでしょうか。

東近江市議会 2017-09-11 平成29年 9月定例会(第12号 9月11日)

今後の農業用水不足への対策についての御質問についてですが、水源対策として、ダム湖内の掘削による有効貯水量の増量、地下水揚水機や調整の設置等を対策の柱とした国営土地改良事業「湖東平野地区」と関連県営事業が実施されており、現在不足している農業用水が確保できることを期待しております。  

湖南市議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会-06月16日−02号

最後に、湖南市管理河川のしゅんせつ計画でございますが、特段の計画はなく、予算の範囲内で地元要望等を踏まえ、調整のしゅんせつも含めて対応をしております。  以上でございます。 ○議長(松原栄樹君)   5番、立入善治議員。 ◆5番(立入善治君)   庁舎の問題で再質問したいと思います。  

東近江市議会 2017-06-16 平成29年 6月定例会(第 9号 6月16日)

イメージ図によりますと、管理棟を設置し、1.4キロメートルの遊歩道と駐車場バス2台と普通車24台分、調整等が整備されて、出入り口は国道307号の道路改良をして、右折だまりもつくる内容となっています。  設置目的は、市が里山を生かして、環境学習を通じて自然と人をつなげる場としています。設置と運営の費用は東近江市が負担し、管理運営についても東近江市が負担する内容となっています。  

彦根市議会 2017-05-18 平成29年 予算常任委員会 本文 開催日: 2017-05-18

雨水調整公園というところがございまして、そこが約9,000平方メートルほどございますので、そこで400、500台がとまるかと思っておりますのと、あと、ちょっと遠いのですけれども、米原駅東口の県有地と、そして米原市有地というのがございまして、約3万5,000平方メートル程度ございますので、そこである程度の数がとまると考えています。

草津市議会 2017-03-23 平成29年 3月23日予算審査特別委員会−03月23日-01号

説明書の57ページの下のほうの河川費で、調整維持管理事業費が600万円ほど減になっておりますが、これについて教えてください。 ○山元宏和 委員長  答弁を求めます。  寺田河川課長。 ◎寺田 河川課長  調整の維持管理費につきましては、市内で開発行為等で調整が必要な場合に、調整を設置していただきまして、それを市に移管していただきまして、それを管理しているものでございます。  

東近江市議会 2017-03-10 平成29年 3月定例会(第 3号 3月10日)

船岡中学校は、グラウンド西側の吸い込み場所がなくなりましたが、冠水の緊急対応として、学校敷地内にある調整を利用した排水整備を今月に施工いたします。  今後、集中豪雨に対応できるよう、こども未来部と連携を図りながら、排水計画を見直し、雨水排水設備を整備する予定です。 ○議長(河並義一) 答弁は終わりました。  周防議員。 ○13番(周防清二議員) ありがとうございました。  

守山市議会 2016-12-08 平成28年第4回定例会(第 3日12月 8日)

うんですけど、もう少し今後この土地に対して、いろんなプランニングをするべきではなかろうかというふうに思いますし、今回の答弁につきましても、私はどういうのかな、答弁自体が議員にならせていただきまして、昨年この12月に、ちょっと話がずれますけども、一番初めに今回の地区計画等による河川の雨水整備を一日も早くしなければならないというようなことで質問をさせていただきましたときに、当時の答弁であります都市経済部長から、調整

栗東市議会 2016-09-27 平成28年 9月定例会(第4日 9月27日)

調整を設ける開発では、自然流下と宅盤の高さの協議を行う。開発に関しては、申請の段階で関係各課に要件を求め、事業に関する要件について協議が行われる。との答弁がありました。また、委員から、小野亥之子地区周辺のまちづくりはどのように考えているか。との質疑に対し、当局より、小野亥之子地区は地元要望による計画である。

大津市議会 2016-06-27 平成28年 6月27日公共施設対策特別委員会-06月27日-01号

3点目は、道路や橋梁、駐車場の人々の往来や経済活動を支えるもの、それから上下水道やガスといったライフラインとして生活を支えるもの、急傾斜地崩壊防止施設洪水調整等の人々を災害から守るもの、公園体育施設等まちの機能や魅力を高めるものなど、インフラ施設は、その役割はさまざまで、整備や運営、維持管理にはそれぞれに専門的かつ技術的な知識やノウハウが必要となるということでございます。  

大津市議会 2016-06-20 平成28年 6月20日予算常任委員会生活産業分科会-06月20日-01号

加えて、本題に当たります造成につきましても、測量調査、地盤調査、それから詳細設計ということで、状況を把握した上でもともと地盤改良についても計上はしておりましたが、やはり今回補正をかけているところが農業用の貯水池と、それから開発に伴う調整、大きなコンクリートの水槽構造物をつくる基礎部分でございまして、その部分がやはり通常の地盤改良ではとても持たないと。

栗東市議会 2016-06-09 平成28年 6月定例会(第1日 6月 9日)

橋梁、盛り土のいずれの構造になっても道路排水を池に流入される予定であることから、調整や油水分離等に関する構造協議を行っていく。との答弁がありました。  また、県道大津能登川長浜線(山手幹線)については、平成28年度に創設された地域規格道路インターチェンジアクセス道路補助事業に採択されたことから、平成36年に滋賀県で開催される国民体育大会までに暫定二車線で開通される予定である。