35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

草津市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-04号

もう1つ、心の健幸で心配なのが、健幸のほうの健幸じゃなくてほんまの健康のほうで、ある大手の製薬会社禁煙補助剤を販売するに当たっての注意点として、薬飲む飲まへん関係なく、禁煙するに当たっては、治療の有無にかかわらず気分が落ち込む、焦りを感じる、不安を感じる、死んでしまいたいと感じるというような感情が症状が出てまいります。

米原市議会 2018-09-14 平成30年決算特別委員会(3日目 9月14日)

5番の印刷業法人というのは恐らく大阪シーリングさん、6番目の製薬法人というのはアストラゼネカさん、7番目の機械製造販売法人というのはヤンマー中央研究所さん。それに旧の神崎高級工機がヤンマーに昇格していますので、それとの合算だと思います。8番目に化学製造法人、サカタインクスさん。これが8番目に入っています。  この7番目と8番目で特異とせないかんのは都市計画税です。

大津市議会 2016-06-15 平成28年 6月通常会議-06月15日-05号

これらの町家は、表具店や伝統的製薬業やカフェ等として使われ、多くの動産文化財歴史資料を内部に所蔵しています。誇りある家業を伝えたい所有者たちは、応急の倒壊防止、所蔵文化財保護対策に追われつつ、今家屋の保存修理の見通しを切実に必要としています。このエリアは、歴史的な石橋や河川等の社会インフラとともに、市民江戸時代以来の伝統文化を継承し、都市景観として有形無形の記憶を蓄積してきた貴重な場所です。

栗東市議会 2015-06-19 平成27年 6月定例会(第2日 6月19日)

○4番(小竹庸介君)  もう一点ですけれどもね、ある製薬会社ですけれども、要は、百周年に向かってトイレを、全国で100個なのですけれども、そういった形で寄贈をされているという製薬会社もあるのです。そういったところもですね、調べていただいたら、ほかにもあるのではないかなというふうに思うのです。

米原市議会 2015-05-29 平成27年第2回定例会(第1号 5月29日)

取得する財産につきましては、取得金額を1,521万1,083円とし、取得の相手方を有川製薬株式会社 有川吉孝 代表取締役とするものです。  議案第67号 財産の取得については、米原市地域包括医療福祉センターのリハビリ器具類を財産取得したいので、議案第65号、議案第66号と同様に、議会議決を求めるものです。  

栗東市議会 2014-06-16 平成26年 6月定例会(第2日 6月16日)

そして、現在、世界では既に導入済みですが、「音」や「色合い」などを商標として登録できる動きが広がっており、パソコンを起動した際に流れるメロディーや、久光製薬テレビコマーシャルなどで流れる、わずか4つの音でできている皆さんご承知の「♪ヒサミツ♪」のメロディーは、既に12カ国でサウンド商標として登録されており、さらに7カ国に出願しているとのことで、今後、こういった知的財産権保護権利化は進んでくるでしょうし

湖南市議会 2013-12-18 平成25年 12月 定例会-12月18日−05号

知的財産の分野では、アメリカ製薬企業の利益を確保するため、特許保護期間の延長を新興国に迫っています。新興国にとっては、特許の切れた薬と同じで安価な後発医薬品、いわゆるジェネリックの利用は死活問題となっています。  アメリカは、アメリカ日本にも100%の関税撤廃を迫っていることが、改めて明らかになっています。

米原市議会 2013-09-04 平成25年第3回定例会(第2号 9月 4日)

今おっしゃっている遺伝子組み換え食品でありますとか、残留農薬食品ですね、これらは私が承知している限りでは、かなりアメリカの大手のそういったいわゆる製薬会社、あるいは肥料会社等の関係を含めて、世界的な規模での食糧の問題を一元支配をしている状態の中で、このTPPの議論もされているというのは私は承知をしておりまして、そういった点で御指摘の内容で、学校給食という現場にそういう発がん性であるとか、残留農薬等の

草津市議会 2013-06-17 平成25年 6月定例会−06月17日-02号

市内では1件の報告が医師からあって、軽度で入院もないということでございましたが、定期予防接種で副反応があった場合、医療費障害者年金などを支払って、それを補償するのは製薬会社ではなく国の審査で始まるわけですけれども、この国の審査で認められなかったときには、やはり被害者個人検証をして立証していかなくてはならないという大変困難なことになっています。  

守山市議会 2009-09-16 平成21年第5回定例会(第 2日 9月16日)

そういうことと、現状の課題につきまして、市販後の製薬会社での安全性の調査や検証の実施、供給体制の整備、任意接種にかかる費用助成の明確な基準がないなどの点、それと先ほど答弁させていただいた内容等々の理由により、公費助成の制度を創設する予定はございませんということでございますので、よろしくお願いいたします。  以上、再度のご答弁とさせていただきます。

守山市議会 2009-03-23 平成21年第1回定例会(第 4日 3月23日)

薬害C型肝炎訴訟では、血液製剤によるC型肝炎ウイルス感染被害について、国と製薬会社責任が認められ、薬害C型肝炎救済法が成立いたしました。  しかし、血液製剤投与の証拠となるカルテ等が入手できず、給付金を受けられずにいる患者がまだまだ多いのが実情です。また、予防接種によるB型感染被害について、国の賠償責任を認める判決が下されており、国は被害者救済に全力で取り組むことが求められております。  

大津市議会 2006-09-25 平成18年 9月定例会-09月25日-14号

また、大阪地裁では、C型肝炎訴訟判決が出され、フィブリノゲン製剤における安全対策の不備を認定し、国・製薬企業損害賠償を命じた。これらの二つの判決は、ウイルス性肝炎感染が国の医療行政の誤りによるものであることを明らかにしたものであり、製薬業界への天下りなど官業癒着についても、厳しく指摘されてきたことである。  

彦根市議会 2003-03-01 平成15年3月定例会(第5号) 本文

非常に要約しますと、政府の来年度予算の中で、製薬会社に対する研究開発減税制度が提案されておりまして、それを試算しますと、例えばトップメーカーの武田薬品は減税額が120億円にもなると。ずっと20社ぐらい一覧表が私どもの試算では出ているんですけども、これで530億円もの減税をするというのが試算として出てきます。

  • 1
  • 2