637件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

保険者としての東近江市の裁量でできることは最大限実行をし、「ついの住みかは、この東近江市で」と言われる介護保険制度にすべきであります。  以上、決算の認定に反対を表明し、討論を終わります。 ○議長(大橋保治) 10番、森田議員。 ○10番(森田德治議員) 私は、議案第50号、平成30年度東近江市介護保険特別会計決算の認定について、賛成の立場で討論いたします。  

彦根市議会 2019-09-17 令和元年 予算常任委員会 本文 開催日: 2019-09-17

最近、このような複数年にわたる事業についての債務負担行為予算提案が頻発していますが、これでは理事者側に相当の裁量を白紙委任するがごときであって、議会市民から負託されている議案審議の権限租借することになり、さらには今後、現市長の任期までの影響が次の市長にまで及ぶケースもあると考えます。  私は、以上のような結論におきまして、議案第78号に対しては反対の立場でございます。  

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第20号) 本文

また、会見内容の報道は、報道機関裁量に委ねられていますが、本市としましても、できるだけその内容を正確に配信していきたいと考えております。  なお、動画の公開に至るまでには、幾つかの課題を解決していく必要があると考えているため、公開時期につきましては、早くても令和2年度以降になるものと見込んでおります。

彦根市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第21号) 本文

雇用問題は別として、外部委託に関しましては、外部側への管理運営の裁量を可能な限り拡大し、外部事業者のノウハウを最大限に活用した新たな提案を引き出すことができるというふうに思っております。より魅力な彦根城のエリアの創出より、まさに目的である来城者の増加につなげ、地域経済活性化につなげていくとできると思っております。  しかしながら、今のひこにゃんだけでは、やはり80万人は私は無理だと思っております。

彦根市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第13号) 本文

各部局において事業の優先順位を決めていただいて、そして、できるだけ市民ニーズに応じた政策、施策を展開していただくこと、これは従来の1件査定方式ではできなかった、枠配分方式で各部局の裁量で事業を見直していただいたという成果であったと思っています。  

彦根市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第12号) 本文

行政サービスの実施を可能にするためには、先ほどから言っている弾力性のある資金、自由に使える資金が必要であり、今後の財政計画でその自由裁量が可能な資金の増減を伺いたく質問をいたします。  今回、それに当たりまして、義務的経費以外の歳出の項目「その他」に着目をし、その中でも物件費が自由裁量の可能な項目と考えました。  

草津市議会 2019-05-29 令和 元年 5月29日総務常任委員会-05月29日-01号

そこがないまま、単に副部長としておって、市の方針であったりとか、計画に基づいてやらなあかんから、やらなあかんのやというのでも、スルーパスみたいな感じでそのままおろしてたら、結果的に同じようになるわけで、そこの裁量がどこまで、裁量というか、権限が副部長にあるかによっては、マネジメントがきいてくる、きいてないというのは出てくると思うんですけれどもね。だから、それによるんと違いますか。

草津市議会 2019-04-24 平成31年 4月24日総務常任委員会-04月24日-01号

自分の裁量で仕事をするように、自分のペースで仕事をしてるように勘違いしてる職員もいるかもしれませんけど、あくまで時間管理で賃金をもらって仕事をしてるんやということを自覚して、それができてないと、時間外の労働は「自分でこんだけやらなあかんのやから、しゃあないんや」というので勝手に進めていく。

守山市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第 2日 3月11日)

実際の国保税算定は市町の裁量であることは、政府も県も認めています。県が示した標準保険料額は8.54%の引き上げとなっていますが、高過ぎて払えないという人がいる中で、これ以上の負担増は家計を直撃します。基金一般会計からの繰り入れなどを活用して、少なくとも現行どおり据え置くべきではないかと考えます。また、引き下げのための努力を図るべきではないでしょうか。  

栗東市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第2日12月11日)

今、地方自治体日本地方分権改革により、独立して幅広く行政を行うために、財政的な独立姿勢とともにより多くの自由裁量権を手に入れました。将来どんなまちになりたいのかを自分たちで決められる権利を手に入れたとも言えますので、地方自治体職員には、より一層のリーダーシップとマネジメントの能力が求められるようになりました。

彦根市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第29号) 本文

これに関しまして、一般職の分限、懲戒審査委員会から意見具申をいただいて、この内容について、さらに弁護士からも意見具申をいただいたところでございまして、この内容が妥当であるという判断に立ちまして任命権者として、その裁量の範囲内において処分を行ったものでございます。こうした理由から処分内容は妥当であると考えております。  

彦根市議会 2018-10-05 平成29年度決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日: 2018-10-05

それから、さっき山田委員が質問しました、人事裁量能力別な評価というか、それについて、これは下手をすると医師を逃すし、うまく使うと、より多くの医師能力を高める、あるいはやる気にさせるという非常に大事なものでございますけれども、普通の企業とか、そういうこととは全然内容が違いますので、どういうところにポイントを置いているのかということを、もしよければお教え願いたいと思います。