27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

米原市議会 2018-06-11 平成30年第2回定例会(第2号 6月11日)

隣の彦根には、滋賀県出身の御英霊が祭られている滋賀縣護國神社がございます。市長は、参拝されたことはございますでしょうか。そして、参拝に対するお考えをお伺いいたします。 ○議長鍔田明)  平尾市長。 ○市長平尾道雄)  戦没者の追悼について御質問いただきました。滋賀縣護國神社参拝についてお答えをいたしたいと思います。  私自身は残念ながら、この滋賀縣護國神社参拝したことはございません。

湖南市議会 2015-09-08 09月08日-02号

私は、毎年実施されています平和祈念のつどいで、英霊といわれる戦没者はもちろんのこと、今次の戦争によるすべての犠牲者思いをはせて黙祷を捧げています。私の戦後70年についての一端を述べましたが、戦前、戦中というよりも、戦後の物のない時代、特に食糧難の時代のこと、生活が大変苦しかったときの教訓がよみがえります。 

甲賀市議会 2014-09-30 09月30日-07号

改めて、英霊のみたま安かれと祈ると同時に、不戦の誓いをいたしました。 愛する家族と引き裂かれ、10代後半から20代、30代の前途洋々若者が、殉国のため何よりも大事な命を失ったのです。その方々のはらわたがちぎれるほどの無念さを私たちは決して忘れてはなりません。こんなことが二度と再びあってはならないのです。 ところが、今、戦争を体験した多くの国民が、この道はいつか来た道という危険性を感じています。

守山市議会 2012-12-03 平成24年第5回定例会(第 1日12月 3日)

慰霊祭では、私自身、みたまを心よりお慰め申し上げますとともに、今日の日本繁栄があるのは英霊のおかげであることに深甚なる感謝を申し上げてまいりました。  今回の訪問を通じまして、戦争の悲惨さと、あのような戦争を二度と起こしてはならないことを後世にしっかりと伝承し、平和の実現に尽力することが私の責務であると改めて強く認識をいたしました。  

守山市議会 2011-09-06 平成23年第3回定例会(第 2日 9月 6日)

そのかげには、遠きは日清日露の戦役、近きは先の大戦に散華された幾多のとうとい英霊犠牲となっていることは決して忘れることはできません。  先の大戦で我が国は三百十万有余の多数の戦没者ならびに被爆者を出しました。また、守山市内においても、千五十有余のとうとい犠牲者を出し、大きな悲しみや苦しみをもたらしたのであります。

東近江市議会 2010-09-10 平成22年第5回定例会(第14号 9月10日)

今、市長も、ちょっとどこかで忘れましたけれども、この祈念館のことを通して、戦没者英霊の会のときだったと思いますけれども、お話しされたのは、「この祈念館を通して、子供たち平和教育をしっかりと教えていきたい」ということをおっしゃっていましたけれども、今もそのような御答弁でしたけれども、もう少しどのような思い子供たちにそういう平和教育をしようとされるのか、もう一度御答弁をお願いします。

甲賀市議会 2010-08-31 08月31日-01号

戦後65年という歳月を節目に決意を新たにして、英霊幾多犠牲の上にある今日の平和を揺るぎないものして、不戦を誓う場にしていかなければならないと存じます。 次に、甲南第二小学校・第三小学校中部小学校児童を対象として、杉谷旧公民館を借り受け運営してきました甲南なかよし児童クラブは、甲南中部小学校敷地内に専用施設が完成いたしましたので、7月20日から新施設で運営を開始いたしました。 

東近江市議会 2009-09-10 平成21年第5回定例会(第16号 9月10日)

ただコスト面を追求するだけではなく、心を磨く教育施設として考えていただきたい、そうでなければ、さき大戦一途祖国のことを信じて亡くなられた戦没者英霊に対して、平和と繁栄だけを享受して、私たちはいまもって英霊に何もこたえていないということになります。このことについて市長答弁を求めたいというふうに思います。 ○議長小林優) 市長

東近江市議会 2008-09-12 平成20年第4回定例会(第15号 9月12日)

そうでなければ、さき大戦で親、いとしい我が子、妻・兄弟を残し、ただ一途祖国のことを信じて亡くなられた戦没者英霊に対して平和と繁栄だけを享受している私たちは、今もって英霊に何もこたえていないことになる。このことについて、最後に市長答弁を求めて、私の質問を終わりたいと思います。 ○議長小林優) 市長

東近江市議会 2007-06-14 平成19年第3回定例会(第 8号 6月14日)

『誇り』は、若くして戦死した靖国の「英霊が現代にあらわれて、自分の子孫である女子高校生に「一緒に靖国神社に行ってみない」と誘い、日本戦争は「自衛のための戦争」「アジアの人々を白人から解放する戦争」だったとする一方的な戦争観を語りかけるものです。  さらに、アニメを見た後、靖国史観のテキストで、大人たちが加わって、手引によりグループ討論を行わせるものです。  

東近江市議会 2007-03-09 平成19年第2回定例会(第 3号 3月 9日)

中村市長におかれましても、私たち東近江市民クラブ、そして今までの議員が取り組み、そして英霊にこたえる会、遺族会が長年誘致活動を行い、平成20年着工、平成22年の開館を目指して、市が建設中の布引運動公園と一体的な整備に向け、測量調査も実施し、計画どおり開館のスケジュールに合わせておりましたが、嘉田知事が既存の施設と大きく変更されようと思っておられるが、どのように対応していくのか、お聞かせください。  

大津市議会 2007-03-05 平成19年 2月定例会-03月05日-02号

先の大戦で尊い命をお国のためにささげられた英霊の顕彰と、そしてまた平和の希求のために積極的な行動をされた市長に対し、心より敬意を表するところでございます。  このように、積極的な行動というものは非常に大切なものでありますが、そのとき現地へ足を運ばれて市長は感きわまって大粒の涙を流されたと、このように遺族会皆さん方からも聞かせていただいています。

近江八幡市議会 2006-03-16 03月16日-04号

とうとい命をささげられた英霊を祭る忠魂碑の移転について、その敷地を市が勝手に売っておきながら、地元にその移転費用を負担せよとは言語道断であると思います。市の責任において適切なる解決をお願いし、回答を求めます。 2つ目に、幼・保一元化についてお尋ねします。 就学前の幼児教育保育を一体化した、いわば保育所と幼稚園の機能をあわせ持つ施設であります。

草津市議会 2005-12-14 平成17年12月定例会-12月14日-02号

たまたま私の職業が石屋ということで、やっぱし霊をなぐさめるとか鎮魂するというのは人一倍私も思っておりますので、私だからこそ、こんだけのこの思いが言えるんではないかということでございますので、今も部長がおっしゃっていただきましたように、これは何とかせないかんということでございますので、そんな早々にはいかないとは思いますけれども、ぜひとも近いうちに、立派な、強固な、やはり滋賀県人が行って、「ああ、ここに英霊

甲賀市議会 2005-09-20 09月20日-03号

靖国神社の宮司は、有終感使命英霊の検証、近代史の真実を明らかにすることだと言っています。日本は正義の戦争を戦ったという立場で、その戦争で天皇のために死んだ軍人を英霊として祭り、戦争行為そのものを褒めたたえる、これが靖国神社使命です。そして、戦争賛美戦争観国民に広げることを使命としています。 

東近江市議会 2005-09-16 平成17年第6回定例会(第15号 9月16日)

次にソフト的な面でということでございますが、今検討しておりますのは、平和祈念館市民みんなで歓迎をする、もり立てていく、そういうふうな形でですね、応援団とでもいいますか、そういうような組織を関係の遺族会でありますとか英霊にこたえる会、あるいは商工会議所とか、そういうようなさまざまな団体の方々に呼びかけていって平和祈念館を守り立てる、あるいは利用・活用する、そういうふうな機運を東近江市の中で醸成するような

近江八幡市議会 2003-12-18 12月18日-05号

かつて、侵略戦争犠牲となった若者英霊として、そのみたまを静めるためだといって戦争をとめどもなく拡大していった歴史の過ちを繰り返してはなりません。 岩手県議会では、イラク特別措置法に基づくイラクへの自衛隊派兵に反対する意見書が賛成多数で可決されたと聞いています。イラクへの自衛隊派兵は絶対反対や慎重論も含めると8割を超える国民世論を無視したものです。

  • 1
  • 2