293件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-06-13 令和元年 6月定例会(第 2日 6月13日)

行き詰った私立大学、市で運営される、あるいは鉄道会社セクターもあります。それは、大きくPPPです。  でも、新設の場合は、資金をどこで使うか、公共で使うか、公共を使ったら、公設民営なんです。資金を民間で使ったら、PFIです、上3つ。これをやめたら、公設民営しかないんですよ。  

米原市議会 2018-09-13 平成30年決算特別委員会(2日目 9月13日)

それから、セクターへの移行などが一つ。それからBRT、バス高速輸送システムといったようなことが検討されているということでございます。 ○委員長(中川松雄)  礒谷委員。 ○委員(礒谷晃)  私は、その三つに加えて、はっきり言いまして、米原彦根間というのは、JR西日本が京都線を走らせているわけなんです。近江鉄道を活用することは、何ら必要がないと。彦根市であっても恐らく、要らないんだろうと。

栗東市議会 2018-09-03 平成30年 9月定例会(第1日 9月 3日)

将来負担比率は、昨年の比率を下回り改善の方向に向かっておりますが、他市との比較におきましては、依然として非常に高い比率であり、セクター等改革推進債の償還財源の確保など、引き続き財政健全化に向けた取り組みが必要であると考えております。  また、資金不足比率につきましては、全ての公営企業会計において黒字となっており、資金不足は生じておりません。  

彦根市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第21号) 本文

公共性と企業性をあわせ持つセクターは、地域住民の暮らしを支える事業を行う重要な役割を担う一方で、経営が著しく悪化した場合には、地方公共団体財政にも深刻な影響を及ぼすことが懸念されることから、地方公共団体において、自らの判断と責任による効率化・経営の健全化に取り組むことが総務省から要請をされています。  まず、経営状況についてお尋ねをいたします。  

彦根市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第23号) 本文

この間に発行しました市債で主なものは、彦根市土地開発公社解散に伴うセクター等改革推進債や学校給食センター整備事業債、また直近の大型事業でいいますと、本庁舎耐震化整備事業債などがありますが、償還が終了する起債があったため、結果的に投資的な事業費に発行した市債残高は17億円の増加となったものです。  

草津市議会 2018-06-15 平成30年 6月定例会−06月15日-04号

ここからが、まちづくり会社のまちづくり会社たるゆえんのところではないかなというふうに考えてございまして、シティマネジャーもこの数年で民間感覚とそれからこういったセクター的感覚が養われたというふうに考えてございまして、今後、安定的な環境ができたことを好環境ととりまして、今後の新たなる積極的な活動について取り組んでまいりたいというふうに考えてございます。 ○議長(瀬川裕海)  伊吹議員

東近江市議会 2018-06-12 平成30年 6月定例会(第 2号 6月12日)

廃線を免れるために多くの鉄道路線を、セクターとして自治体も運営に参加しての支援がされているところが多数のようであります。  東近江市として近江鉄道に対してどのような支援が行えると考えておられるのか、お尋ねをいたします。  また、セクター方式で支援となった場合の内容や基準について、現在のお考えをお尋ねをいたします。  

彦根市議会 2018-03-16 平成30年 市民産業建設常任委員会 本文 開催日: 2018-03-16

押し問答にならないように、お互いが柔軟に考えて、この全体の中のどの区域ではどの法を適用させてどういう発展を見るのが全体のためにいいかというのを検討し、例えば私たちは考えていたんですけど、収用を通してセクターをつくるということも考えていたわけですし、南東の部分は都市公園になるわけですけれども、こういうふうに収用を通して何か発展させていこうというそのとき、セクターがしていいことと許されないことがありますから

栗東市議会 2018-02-27 平成30年 3月定例会(第1日 2月27日)

また、セクター等改革推進債の公債費負担低減の観点から、平成30年度に一部繰り上げ償還を行い、今後も土地開発公社解散に伴って、市有地となった用地の処分については着実に進めてまいります。  以上、平成30年度の主要施策の方針を申し上げましたが、歳入におきましては、国・県の負担金や補助金といった特定財源を最大限確保し、必要な施策に必要な予算が配分されるよう、配慮した予算といたしました。

栗東市議会 2017-12-22 平成29年12月定例会(第4日12月22日)

その後は、平成25年の秋に借り入れたセクター等改革推進債のルールによって、土地の売り払い収入については繰り上げ償還を行うこととなっている。繰り上げ償還のタイミングについては、平成30年9月末に借り入れから5年が経過し、償還利率の見直しがくるため、それに合わせて繰り上げ償還を行う予定である。  

栗東市議会 2017-09-04 平成29年 9月定例会(第1日 9月 4日)

両比率とも昨年の比率を下回り、改善の方向に向かっておりますが、他市との比較におきましては、依然として非常に高い比率であり、今後のセクター等改革推進債の償還財源の確保など、引き続き財政健全化に向けた取り組みが必要であると考えております。  また、資金不足比率につきましては、全ての公営企業会計において黒字となっておりまして、資金不足は生じておりません。  

栗東市議会 2017-03-06 平成29年 3月定例会(第2日 3月 6日)

最後に、セクター等改革推進債について、公費負担軽減を実施していただくことと併せて、今後の償還金の対応について、当初の5年間の償還期間を迎えることになります滋賀県市町振興資金を含め、財政確保についての考えをお伺いいたします。  続きまして、教育方針について質問いたします。  福原教育長におかれましては、昨年の3月末に退任された森本明教育長の後任として、4月2日付で就任されました。  

彦根市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会(第26号) 本文

その結果、塩漬けとなった土地が全国津々浦々にあふれ、企業の破綻を招き、自治体にあっては、土地開発公社不良債権セクター等改革推進債発行という奇策でどうにか逃れたことを忘れてはなりません。  さて、本日追加議案として上程されました補正予算案は、本年度一般会計の当初予算総額から考えますと、約1%にもなる3億4,000万円の不動産取得にかかわる案件です。