80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

甲賀市議会 2020-12-23 12月23日-08号

新型コロナウイルス感染症対策事業では、歳入において、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金について、国の一次補正、二次補正、全体からの配分内容、残りの見込み等について確認があり、歳出では、特別定額給付給付事業生活困窮者自立支援事業修学旅行キャンセル料等補助指定管理業務継続支援金コミュニティバス施設整備事業信楽高原鐵道利用促進事業について質疑があり、それぞれについて確認しました。 

東近江市議会 2020-12-11 令和 2年12月定例会(第 4号12月11日)

第一弾の特別定額給付事業では、8名の専任職員が配置され、ほぼ全市民に迅速に一律10万円の給付金が行き渡りました。市長をはじめ市職員の方々の懸命の作業のおかげと感謝する次第であります。  その後、第二弾、第三弾、第四弾、第五弾と矢継ぎ早にコロナ対策が、医療面経済面の両面から打たれていきました。  しかし、そのような状況下、私は町なかで耳を疑うような声を聞くことになります。  

甲賀市議会 2020-12-10 12月10日-05号

新型コロナ化で露呈をいたしました行政手続の遅さなどに対応するもので、1人当たり10万円の特別定額給付では、国と地方システム連携が不整合でうまくいかない原因になり、さらに各自治体振込口座を確認する作業に多大な時間を要したことなどで、給付が立ち遅れるというようなことがございました。このことは、記憶に新しいというふうに思うところでございます。 

守山市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例月会議(第 3日12月10日)

このことにつきましては、生活費確保目的とした緊急小口貸付家賃支援目的とした住居確保給付金実施はもとより、特別定額給付ひとり親世帯臨時特別給付金持続化給付金雇用調整助成金といった国によるコロナ対策、また、本市独自の生活支援施策としてのもりやまこども未来商品券発行水道料金軽減対策などの実施により、市民生活の下支えに一定の効果があったものと認識をしているものでございます。  

東近江市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会(第 3号12月10日)

これまでの施策の中には、新生児特別定額給付ももクロクーポン券発行など、市独自の対策もなされています。  農業においても、新型コロナウイルス感染症拡大影響を受けて、米の消費は落ち込み、米の在庫が増え、来年度の生産調整が危惧されています。  さらに、野菜においては、過去5年間の最安値を更新したと11月末の農業新聞に掲載されていました。  しかし、コロナウイルスに負けてはいられません。

湖南市議会 2020-12-09 12月09日-03号

先ほどもおっしゃっていただきましたけれども、この湖南市子ども未来助成金につきましては、新型コロナウイルス感染症対策として、国が令和2年4月27日を基準日として、基準日において住民登録のある市民に対して、1人当たり10万円の特別定額給付給付いたしましたが、基準日以降にお生まれになったお子様は対象になりませんでした。

守山市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例月会議(第 2日12月 9日)

新型コロナ禍で露呈した行政手続の遅さなどに対応するもので、1人当たり10万円の特別定額給付では、国と地方システム連携が不整合でうまくいかないことが原因となり、各自治体振込口座を確認する作業に多大な時間を要したことなどで給付が立ち遅れる一因となったことは記憶に新しいところであります。  

東近江市議会 2020-12-09 令和 2年12月定例会(第 2号12月 9日)

様々な理由がある中で、個人の問題であるとはいうものの、コロナウイルスにより仕事を失うおそれ、収入が減る、生活が大変、不安であるといったことに、どう手を差し伸べるのか、行政として何ができるのかを考えたときに、国としては、特別定額給付などがありましたし、また本市も六弾にわたる支援策を打ち出すことにより、生活等への不安を少しでも減らすことにより、自殺のリスクを抱えた人が気持ちを楽にすることができたとも考

近江八幡市議会 2020-12-08 12月08日-03号

そこで、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した近江八幡市新生児特別定額給付施策実施し、国の特別定額給付基準日令和2年4月27日を過ぎて出生した新生児を育てる世帯に対して、新生児1人当たり10万円を支給し、各家庭経済的負担を軽減し、次世代を担う子ども福祉の増進を図っているところでございます。 

米原市議会 2020-12-02 令和 2年第4回定例会(第2号12月 2日)

このうち、1人10万円の特別定額給付事業などの国県補助金を除きます、これまでに措置をしました一般財源予算総額につきましては、8億7,000万円となっております。  決算見込額といたしましては、今後の年度末までの未確定要素がございますが、現時点におきましては、全体でおおむね9割程度の執行を予定をしているところでございます。  

彦根市議会 2020-11-01 令和2年11月定例会(第24号) 本文

これは新型コロナウイルス感染症影響仕事を失う人が増えるなどしたためだとのことでしたが、その後は、現金10万円が一律に給付されました特別定額給付や、当面の生活費を借りられる緊急小口資金などの支援制度利用が広がったことで、7月を除いて申請件数減少傾向にあったとのことでした。しかしながら、9月分の生活保護申請件数は1万8,998件で、前月8月から1,547件も増えたということです。  

彦根市議会 2020-11-01 令和2年11月定例会(第25号) 本文

なお、主な相談内容といたしましては、特別定額給付に関するお問合せ、また、金銭面でのお困り事の相談や市の各支援制度に関する問合せ等であり、それぞれの相談問合せ内容に合わせて、国、県、市の各種支援施策、また、社会福祉協議会貸付制度等の案内を実施してまいりました。  以上でございます。

草津市議会 2020-09-23 令和 2年 9月23日予算審査特別委員会−09月23日-01号

        建設部部長総括)    生田 英樹         建設部部長プール整備事業担当)                       島田  稔         教育部部長総括)    南川  等         教育部部長中学校給食整備担当)                       宇野 秀樹         教育部部長図書館担当) 武村  彰         特別定額給付推進室長