121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

草津市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会−06月20日-04号

建設技監(東隆司)  踏み間違え防止装置の導入に関する先進事例といたしまして、東京都熊本の玉名市等でもう既に取りかかっておるとこはございます。そういった先進事例の調査を進めるとともに、導入についても検討してまいりたいと考えてございます。 ○議長(奥村次一)  西垣議員。 ◆14番(西垣和美)  いわゆる返納ということが本当にいいのかどうかという、多くの高齢者安全運転をされておられます。

東近江市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第 4号 3月11日)

広域化の事例として、岩手中部水道企業団、官民連携の先進事例としては、広島市熊本荒尾市がありました。  私たち日本人は、今まで高品質で安定供給される比較的安価な水道水を当然のように利用してきましたが、その恩恵の尊さを改めて感じる出来事であります。  今まで公が行ってきたものは、何でもかんでも「民営化」「民間活用」といった風潮にあります。しかし、これは譲れないという事業もあるように思います。  

草津市議会 2019-03-08 平成31年 2月定例会−03月08日-03号

先日、会派研修において、熊本の上天草市における6次産業化の取り組みについて研修してまいりました。  上天草市は、平成16年3月31日に4町が合併された市であり、面積は126.91平方キロメートルと草津市の約2倍ほどで、人口が、現在、2万7,009人である市であります。また、主要な産業としては、農業漁業海運業、そして観光サービス業であります。  

守山市議会 2018-12-13 平成30年第5回定例会(第 3日12月13日)

自治体が実証実験を行っている例としては、熊本天草市で行われている自治医科大によるスマホを使った高齢者見守りシステムがあります。お年寄りにスマホを配り、毎日、質問に簡易的に答えてもらって健康情報データとして収集します。これは安否確認なども兼ねていて、将来的には地域包括支援システムの中で、地域介護福祉分野での支援システムの構築を視野に入れています。

守山市議会 2018-12-12 平成30年第5回定例会(第 2日12月12日)

10月末に、会派の視察で熊本八代市に行きました。八代市平成17年に1市2町3村が合併しましたが、人口減少が進み、合併当時に比べて1万人以上、人口が減っています。路線バスは利用者の減少と長年変わらぬ交通体系で不採算が続き、市からの補助金平成22年度には1億9,700万円に上る状況でした。そこで、バス路線の再編と乗合タクシーの導入に踏み切り、現在に至っています。  

彦根市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第28号) 本文

議員ご提案のAIとLINEを活用した子育てに関する問い合わせへ自動応答してくれるシステムの導入につきましては、東京都渋谷区では既に実施されており、熊本でも実証試験をされておりますので、両自治体での活用実績や他市町での導入状況等を把握し、研究してまいりたいと考えておりますので、ご理解をお願いします。

彦根市議会 2018-10-03 平成29年度決算特別委員会(第1日目) 本文 開催日: 2018-10-03

61 ◯危機管理室長(疋田 敏君)   被災地派遣の職員人件費の戻し入れですが、これは平成28年に発生いたしました熊本地震鳥取県中部地震による被災地支援に係る災害救助法に伴う求償額ということでございまして、内訳といたしましては、熊本から12万6,000円、鳥取県から7万8,500円、合計20万4,500円を戻入してきたということでございます。  

湖南市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−05号

本市においても東日本大震災における宮城県仙台市岩手県大船渡市での緊急給水支援、福島県富岡町に対する被災事務支援や保健師の派遣、平成28年熊本地震における熊本益城町への避難所運営支援、鳥取県中部地震における鳥取県栄町への被災事務支援など、他の被災基礎自治体の支援に努めてまいりましたが、今月30日からは平成30年7月西日本豪雨災害において被災いたしました広島県竹原市に対しまして、被災事務支援のために

東近江市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第 3号 9月12日)

そこで、先般の台風の際の扱いについて、副市長の方から、今回は早い目の発令にして、そして避難所を設けたということをお聞きしたわけでございますけれども、こうした事態を防ぐために、私、調べておりましたら、一つの例として、熊本では、夜間に大雨警報が予想される際には、避難準備・高齢者避難、これの開始に先立ちまして、市町が夕方までの自主避難を呼びかける予防的避難に力を入れておられると、このようなことが書いてあったわけでございますけれども

守山市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第 3日 6月14日)

〔14番 奥野真弓議員 登壇〕 ○14番(奥野真弓) ふるさと納税というのは、熊本福島県のように災害に見舞われたところに返礼を求めない寄附という形で多くの善意が寄せられ、その復興に大いに役立っている一方、東京都のある区では、本来、税金として入ってくるはずの何十億円というお金が他市町に流出し、基金を取り崩して市政運営をしておられ、基金が底をつけば必要な市民サービスができなくなると心配もしておられました

彦根市議会 2017-10-04 平成28年度決算特別委員会(第1日目) 本文 開催日: 2017-10-04

寄附金といいますのは、100万円と書いてありますとおり、災害見舞金ということで、熊本に現金でお渡しいたしました。そのほかの支援としましては、人的支援として、職員の派遣が合計で9回、11名、延べ62日派遣しました。内容は、被災宅地の危険度判定士、被災建築物応急危険度判定士保健師、家屋被害認定支援業務、役場の窓口支援業務、そのほか家屋の被害の認定調査の二次調査に出務させていただいております。

東近江市議会 2017-09-25 平成29年 9月定例会(第15号 9月25日)

福祉教育こども常任委員会では、去る7月25日から27日の3日間、熊本熊本市福岡県大牟田市、佐賀県を訪れ、所管事務について行政視察を行いましたので、その概要を報告申し上げます。  まず、7月25日に熊本市にあるおとなの学校八角堂を訪れ、「高齢者を元気にする学校スタイルの介護サービス」について、担当者から説明をいただいた後、授業を見学いたしました。  

守山市議会 2017-09-14 平成29年第5回定例会(第 3日 9月14日)

熊本天草市では、今年度から市内の中学3年生を対象に、胃がんの主な原因とされるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染検査を無料で行っています。同市では、ピロリ菌の感染検査を中学生の健康診断で提出する尿検査と同時期(4月から5月)に実施、任意検査のため、希望者は保護者の申込書兼同意書とともに、別容器で採取した尿を学校に提出します。

草津市議会 2017-03-10 平成29年 2月定例会−03月10日-04号

この内容といいますのは、実際、今、草津市議会では今までは大規模災害にどういうふうに議員が対応したらいいか、行動指針がなかったんですが、それを大津市議会と栗東市議会もですが、いろいろと先進市議会の事例、そしてまた災害熊本は阿蘇市、西原村等の議会の対応なんかもいろいろ調査研究をさせていただきまして、この草津市議会として議員のとるべき行動というものを示した指針、要領でございます。

草津市議会 2017-02-10 平成29年 2月10日議会改革推進特別委員会-02月10日-01号

特に、うちの会派研修でも被災された熊本阿蘇郡西原村にも行きまして、議員にも聞きましたけれども、災害時の災害対策本部議員が直接連絡したり、意見をしますと、指揮系統がぐちゃぐちゃになるということですので、議員基本的には、直接災害対策本部執行部には口出しをしないほうが円滑に物が進むということは、どこに行っても皆こういう意見でございました。  

栗東市議会 2016-12-12 平成28年12月定例会(第2日12月12日)

平成25年4月に、熊本は全国に先駆けて家庭教育支援条例施行されています。この条例前文に、「家庭教育の原点であり、全ての教育の出発点である。基本的な生活習慣、豊かな情操、他人に対する思いやりや、善悪の判断などの基本的な倫理観、自立心や自制心などは、愛情による絆で結ばれた家族との触れ合いを通じて、家庭で育まれるものである。  

草津市議会 2016-12-08 平成28年11月定例会−12月08日-04号

先日11月19日に、熊本西原村へ3回目の被災地支援活動に、そして阿蘇市へ被災農家の現状調査を地元の自治連合会会長、そして、まち協の防犯防災部会長、民生委員の学区長、農家の方々、社協の役員さん、安協の会長さん、そして南草津防犯パトロール隊の代表者の皆さん、それぞれお連れして御案内をしてきたところでございます。また、11月20日には、草津市総合防災訓練が実施されたところでもあります。