20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

彦根市議会 2017-10-06 平成28年度決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日: 2017-10-06

行った箇所は、松江城熊本、松本城になります。松江城松本城は国宝5城の二つで、既に耐震診断を済まされていますので、その状況等視察させていただきました。熊本は、ご承知のとおり、昨年度に大きな地震があり、石垣が崩れたり、重要建造物が倒壊したりしましたので、大きな地震があった現状、これからの対策等について視察を行いました。

東近江市議会 2017-09-25 平成29年 9月定例会(第15号 9月25日)

次に、26日には、「震災後の熊本現地視察」を行いました。  震災から1年が経過し、現地復興状況観光ボランティアガイドから詳しく説明を受けました。  地震では、文化財である熊本石垣が大きく崩壊をしました。石垣修復には、巨額の予算と長期の年月が必要となることから、工事内容復興の過程を観光資源として活用することで、観光面が閉ざされることなく、多くの人々に勇気を与えてくれると思いました。  

彦根市議会 2017-03-14 平成29年 予算常任委員会 本文 開催日: 2017-03-14

今ほど、熊本お話が出たと思うんですけれども、確かに石垣の方も崩れておりました。ただ、彦根城で同じ地震があれば大丈夫かということは、それは大丈夫だと言い切れる部分はないのですけれども、若干、熊本石垣がある部分彦根城天守のある石垣部分の岩盤の強さは彦根城の方が強いかということもあります。それと、耐震につきましては、石垣については耐震補強というのが難しい。

湖南市議会 2017-03-08 03月08日-04号

熊本や益城町のボランティアセンター、そして熊本市内尾ノ上小学校現地の話を聞いてきました。尾ノ上小学校は、住民主体避難所運営をしたことでもニュースで取り上げられた学校です。 震災直後はもちろん物資はうまく届かず、避難者みずから物資を調達して調理することになったそうですが、自校方式給食室の調理場は地震被害で使えず、プロパンガスが使用可能だった家庭科室で調理をしたそうです。

大津市議会 2016-12-06 平成28年11月通常会議-12月06日-17号

その卓越した技術は、異国の地で輝きを放ち始めていると掲載され、戦国時代安土城、大阪城、名古屋城、江戸城など、数多くの城で石垣を築いてきた穴太衆積み技術が用いられており、熊本地震で被災した熊本修復に大きく期待が持たれていると報道されています。  ここで、実際に産経新聞の記事を御覧いただきたく投映させていただきます。お願いします。  

彦根市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会(第24号) 本文

昨今、熊本で起きました地震では、熊本県や市民のシンボルである熊本が大きな被害を受けました。石垣も崩れ、テレビで内部公開されたのを見ますと、天守の中も非常に大きな被害で、破損した内部の映像が飛び込んでまいりました。我々、同じ城を持つ市民としましても、非常に心痛む映像でした。幸いなことに、閉館時に起きた地震であり、けが人等熊本ではありませんでした。

甲賀市議会 2016-06-16 06月16日-03号

ほかにも、熊本阿蘇神社といった文化財の破損や、阿蘇山の湯布院温泉郷といった観光地への影響など、さまざまな面で被害が出ており、今後の復興に向けた道のりも長時間になることが懸念されます。 では、自治体が行う具体的な支援からお尋ねをしますが、現地では、被災者を支援すべき行政職員被災者であり、衣食住が不十分な状態の中で住民のニーズに対応しなくてはならず、心労が絶えないことは想像にかたくない。

大津市議会 2016-06-15 平成28年 6月通常会議-06月15日-05号

先の熊本地震では、熊本をはじめ多くの文化財が被災しました。修復に向けた取り組みは始まりつつありますが、復元の見込みが立たないものも少なくありません。  文化遺産保護に関わる国際的な非政府組織である国際記念物遺跡会議、ICOMOSの国内委員会は、熊本地震で被災した文化財等の保存に向けた緊急アピールを発表しています。

甲賀市議会 2007-09-11 09月11日-06号

数年前より、全国では築城400年を記念した事業が各地で行われており、ことしは県内の彦根城や九州の熊本で、市を挙げての大イベントが行われております。それぞれ、現在も継続中でありますが、百万人単位の集客があり、大変にぎわっているとお聞きをいたしております。 

彦根市議会 2007-06-18 平成19年 産業建設常任委員会 本文 開催日: 2007-06-18

熊本へ昨年行政視察へやらせてもらいまして、熊本も同じように400年祭、あそこは焼けちゃっているんですよね。大戦ではなくて、その前に焼けちゃっていまして、逆に言うと復元がしやすいというか、そういう状況にもあります。天守は、写真がありまして、忠実に鉄筋コンクリートでつくられているという、そういういいような悪いなところがあったり、大広間をやったりとか。  

彦根市議会 2006-08-25 平成18年 彦根城築城400年祭特別委員会 本文 開催日: 2006-08-25

特に、1つ紹介いたしますと、古城博のときもそういうキャラクターをつくったわけですが、今回400年祭を迎える熊本あそこもキャラクターを出しておられるわけです。これは「ひごまる」君というんですね。肥後と本丸の丸をつけているんじゃないかなと。それをインターネットなんかで調べていますと、熊本の「ひごまる」君と彦根城の「ひこにゃん」とどっちがええかというような意見を述べているところもあるんですよ。

彦根市議会 2006-06-02 平成18年 彦根城築城400年祭特別委員会 本文 開催日: 2006-06-02

期間が長いからUSJで発行を取りやめているとか、そらいろんな課題はあるでしょうけども、現に、熊本の400年祭はフリーパス券を1,000円で発行してあるんですよね。だから、それがどういうノウハウで、どういうような形でされているのかということをやっぱり研究してもらいたい、きのうああいう意見が出たんですから。

彦根市議会 2002-12-01 平成14年12月定例会(第19号) 本文

私は大変感謝を申し上げておりますんですが、熊本の城郭の整備で短期・中期・長期3つに分けてやっておりますよ。壮大な熊本復元計画、そしてこの一番最初の短期計画短期計画やいうても、3つの櫓が含まれているわけですね。これが総事業費が18億円ですって。18億円のうちで何と半分の9億円ですよ。9億円を文化庁が補助として出してあげましょうと。

近江八幡市議会 2000-06-27 06月27日-02号

加藤清正の居城であった熊本の採用で、老年、壮年、青年の3名の応募者があったようであります。加藤清正は、側近の大半の意見を退け、老年と中年の2名を採用しました。若者が優秀だということはよくわかるが、しかし他から来た若者が優秀だといえば、今熊本城にいる若者たちは皆ぼんくらで役立たないということになってしまう。それでは、うちの若者たちがかわいそうだ。

大津市議会 1997-03-11 平成 9年 3月定例会−03月11日-03号

その施設は、熊本の西側に位置し、地下1階、地上5階建てで、親しみを抱かせる外観やデザイン、多様な障害者に配慮をした設計で、遊びや工作の広場、多目的ホール子育て相談コーナーなどが設置をされた大変立派な施設でありました。この子供たち学校外での日常生活の中で直接体験的な多様な活動の経験が、子供の主体性や社会性を向上させることにつながります。

  • 1