13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

彦根市議会 2019-02-14 平成31年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2019-02-14

85 ◯委員(獅山向洋君)   議論が同じことの繰り返しなので、申し上げませんけれども、まるで調停が公明正大であるかのようにしきりにおっしゃるので、私、法曹として一言申し上げておきたいと思うんです。これは本会議場でも申し上げましたけれども、調停が非常に悪用されているんですよ。

大津市議会 2014-02-25 平成26年 2月通常会議-02月25日-35号

法曹資格者を雇用して、複雑化する行政課題や紛争に対する迅速な相談体制の構築やモニタリングや検査体制の強化をして、内部統制体制の構築強化、そして不当要求対策の強化をしていくことについては私は大いに賛成しますが、一部の職員秩序の低下によって多くの優秀な職員の信用を失うことがないように、それぞれの役職者が使命感と強い信念と勇気と誇りを持って組織を強化してほしいと考えます。

大津市議会 2014-01-10 平成26年 1月特別会議−01月10日-32号

また、国のいじめ防止基本方針との整合性の観点から、内閣官房に設置された法曹資格者の活動領域の拡大に関する有識者懇談会のメンバー、日弁連の弁護士に意見を求めることも追加されていますが、大津市学校歴史地域性など多様な文化の上に成り立っており、環境はさまざまです。子どもたちを中心に市の関係者が主体的に策定すべきものですし、法との整合性をあえて求めることについても必要性を感じません。  

東近江市議会 2013-12-12 平成25年12月定例会(第22号12月12日)

秘密保護成立後も、日本ペンクラブ日本弁護士連合会自由法曹団、日本民間放送連盟、日本民間放送労働組合連合会、日本新聞協会労働団体、女性団体、民主団体などが秘密保護法の撤廃を求める声明や抗議の談話を発表しています。国民の声は、秘密保護法の廃止・撤廃を求めるものです。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出いたします。  

栗東市議会 2013-03-12 平成25年 3月定例会(第4日 3月12日)

され、機関委任事務が廃止されたことや地方自治法の改正により、地方自治体法令の規定は、これまでは単に国からの通達指導のみによる解釈でよく、例えば、給料や税の条例など、毎年、定型的な改正を行うような条例が中心でしたが、昨今は、地域の実情に合った自主的な解釈が必要となるような福祉の分野、環境の分野、まちづくりの分野など、政策づくりの手段としての条例制定が非常に注目されてきていますので、弁護士をはじめ法曹資格

大津市議会 2008-09-18 平成20年 9月定例会−09月18日-16号

このような現状から、来年5月からの裁判員制度実施については、それを直接担うことになる法曹関係者からも延期を求める声があがっている。  よって、国及び政府に対し、制度実施の前提となる諸条件の整備や国民的な合意を得るために、裁判員制度の実施の延期を求めるものである。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。     

草津市議会 2006-09-21 平成18年 9月定例会-09月21日-02号

最近の新聞報道によれば、区画整理による土地開発公社の、いわゆるこの疑惑問題についての報道があって、随分と推進側にとっては難問が出てくるという、そういう状況になってるというぐあいに思うんですが、この負担金問題について「新幹線栗東新駅建設の中止、凍結をめぐる法律問題について」という意見書が、自由法曹団滋賀支部から発表がされています。  

栗東市議会 2006-06-16 平成18年 6月定例会(第2日 6月16日)

また、この裁判員制度裁判手続きの周知に関しましては、政府法曹三者による協力態勢から、法律施行までのスケジュールを立て広報活動を展開されており、平成17年度においては、全国フォーラムin滋賀の開催や、先月5月には大津地方裁判所において、裁判員模擬体験を実施されました。引き続き今年度においては、各地域においてシンポジウム、裁判員模擬体験、マス広告、ビデオ等での周知活動がされます。

彦根市議会 2004-09-01 平成16年9月定例会(第15号) 資料

教育基本法に基づく│     │平成16年│ │  │ │     5階│代表   │         │山田多津子│(2004年)│活│  │12│       │支部長  │施策を進めることを│     │    │ │  │ │滋賀第一法律事│吉原  稔│         │成宮 祐二│9月9日│文│  │ │務所気付   │     │求める意見書を政府│     │    │ │  │ │自由法曹団滋賀

大津市議会 1993-03-19 平成 5年 3月定例会-03月19日-06号

2月中旬に自由法曹団は、9日間にわたって自衛隊の派兵の実態などを調査するためカンボジア調査団を派遣しました。その調査団の報告がありますが、その報告は、ポル・ポト派の攻撃を受けたシェムレアプのUNTAC施設を実地に見て、自民党政府の説明が欺隔性と非現実性のものであったことを改めて痛感したといっています。

  • 1