65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2021-03-15 令和 3年 3月定例会(第 4号 3月15日)

私がこだわってきた愛知川の氾濫対策では、河川の改修も進んでおりますが、それだけでなく、「上流永源寺ダム事前放流や新しい放流口にもなるバイパストンネル設置」「河道内土砂しゅんせつと樹木の除去や整備」「万が一堤防を越水した際に、その堤防が崩壊するまでに住民が避難する時間が稼げるブロック積み等堤防構造物設置」など、様々な見地から行政での対策が進められております。  

東近江市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会(第 2号 3月10日)

国道421号の永源寺ダム周辺道路改良につきましては、本年2月に佐目萱尾工区の中尾谷橋完成し、懸案となっておりました狭隘区間の一つが解消されたところであります。  残る狭隘区間解消に向け、佐目地先ダム湖に架かる樋の谷橋整備令和5年度末の供用開始に向けて進められております。  

東近江市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会(第 1号 3月 1日)

道路整備につきましては、広域的な幹線道路であります国道8号につきましては、国道号整備期成同盟会活動をさらに活性化させ、その副次的な効果として、バイパス整備事業化五個荘簗瀬地先交差点改良による渋滞の解消への取組、国道307号バイパス整備に向けた道路設計国道421号では、永源寺ダム湖の狭隘区間解消を図る工事の推進、また、名神名阪連絡道路については、滋賀県と三重県の両県で最適なルート帯などの

東近江市議会 2020-12-11 令和 2年12月定例会(第 4号12月11日)

都市基盤公共交通」の分野では、国道号整備に向け周辺市町に働きかけ、東近江区間整備促進期成同盟会を設立するとともに、永源寺ダム周辺国道421号は、整備促進に向け国に強力に働きかけられ、順調に整備が進んでおり、旧能登川町の悲願であった隧道整備については、完成までもう少しのところまで来ております。  

東近江市議会 2020-12-10 令和 2年12月定例会(第 3号12月10日)

9月議会の質問では、永源寺ダム洪水調節機能として大雨前の事前放流を始めた内容ダム湖からのバイパストンネル放流口の新設に向けての状況を問いました。  愛知川の氾濫防止のためには大変重要で、しかも奇跡とも言える前進ではありますが、やはり氾濫対策には、河川本体堤防強化河道しゅんせつが欠かせません。  

東近江市議会 2020-09-11 令和 2年 9月定例会(第 4号 9月11日)

次に、愛知上流から永源寺ダムを挟み、愛知川下流にと話を移します。  去る8月30日、市が指定する清流の日に、愛知清流会主催の一斉清掃が行われ、刈取りさなかの農繁期にもかかわらず、約40人が参加、猛暑の中、河川清掃に汗を流されました。  一般質問で、愛知川の環境についての質問は2度目になりますが、今回は、愛知清流会のことを少し紹介させていただき、質問に入ります。  

東近江市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会(第 3号 3月 6日)

御幸橋のところの避難基準水位の件ですが、洪水時の愛知川というのは、永源寺ダム放流がほぼ7割以上の流量を占めます。  一方、県の研究では、ダム湖への洪水到達時間は、降雨後3.6時間となっております。  要は、ダム上流に降った雨は、あくまでも平均ですけれども、3時間半後にダム湖に流入するということです。  

東近江市議会 2019-09-12 令和元年 9月定例会(第 3号 9月12日)

4点目の愛知川における漁業権益状況アユ等漁獲量の御質問についてですが、永源寺ダムの約3キロメートル上流にある如来堂堰堤より上流部を漁区としている愛知上流漁業協同組合では、減少傾向にあった遊漁券販売数は、さまざまな取り組みにより、平成27年ごろから増加傾向であると伺っております。  

東近江市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第 3号 6月14日)

1.愛知川の氾濫が予想される場合に限り、農地かんがいに影響のない方法永源寺ダム利水容量の一部を治水に利用できるよう、また人工知能等を利用し、気象情報と連携した洪水予測ができるよう、県・市・大学が官学連携研究を行ってほしいこと。  あわせて、利水ダムである千苅ダム治水利用事業研究すること。  

東近江市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会(第 2号 3月 7日)

さらに、中部圏との経済活動交流活性化が期待される国道421号につきましては、石榑トンネル開通に伴い交通量が増加しており、永源寺ダム周辺道路改良工事について、国や県に対し早期完成を強力に要請いたしております。  道路幅員が狭く重量規制が実施されている御河辺橋につきましては、県道雨降野今在家八日市線を含め、早期整備されるよう取り組んでまいりました。  

東近江市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第 3号12月11日)

農と林と水産業、そして景観、文化、環境、それぞれが相乗効果を生み出す永源寺ダムであってほしいと願ってやみません。  そこで、お尋ねします。  市は、ダム放流水の濁水の長期化の現状をどのように認識されておられるのか、また、これの対策について、何らかの一歩を踏み出していただけるよう、国・県に対して強く働きかけを行っていただきたいのですが、市の見解をお伺いいたします。  

東近江市議会 2018-11-29 平成30年12月定例会(第 1号11月29日)

次に、10月16日には、永源寺ダムを視察しました。  永源寺ダム管理支所を訪問し、滋賀東近江農業農村振興事務所から永源寺ダムの概要やメカニズム、放流方法などについて説明を受けました。  昭和47年に完成した永源寺ダムは、農業用水の供給を目的とした利水ダムであり、洪水を調整する機能はありません。  

彦根市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第20号) 本文

しかし、今回、市民に配信された犬上ダム永源寺ダムそれぞれの緊急放流に関するメール内容には大きな違いがありました。犬上ダムメールでは、現在の放流量を毎秒3.2トンから6.5トンにし、これによる水位上昇が30センチメートルと示されましたが、永源寺ダムメールでは、最大放流が毎秒400立方メートルになる見込みとだけ示されたところであります。

東近江市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第 3号 3月12日)

(1)永源寺ダムに、農地かんがい機能に配慮しつつ治水機能を持たすことについて研究を依頼しましたが、神戸市にある利水ダム千苅ダムというところにおいて、現在、治水利用についての調査が始まっているという情報がありました。ほかの例も含めまして調査をしていただいて、研究参考にしていただきたいと思います。