226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-09-30 令和元年 9月定例会(第 5号 9月30日)

また、我が国の統治下にある尖閣諸島においても、中国軍事・非軍事と多様な手段で尖閣の主権を主張し、計画的に年間60回の領海侵犯と一月に20回を超える接続水域への侵入を繰り返して、事実上、施政権保持を誇示する始末である。  その上に、政府機関サイトや官営メディアの報道で記録を公表し、支配の実績の誇示を重ねているという。  

米原市議会 2019-03-04 平成31年産業建設常任委員会・予算常任委員会産業建設分科会(第1号 3月 4日)

水産業総務事業では、水産業の振興を図るため、琵琶湖や周辺水域清掃活動を市内2カ所の漁業協同組合委託し、環境保全及び漁場の生産力の回復を図ります。また、市が管理する関係施設の適正な維持管理を行います。  以上、農政課所管の予算説明とします。 ○委員長・分科会長(今中力松)  北村課長補佐。 ○林務課長補佐(北村正行)  続きまして、林務課が所管します予算につきまして御説明させていただきます。

東近江市議会 2018-09-12 平成30年 9月定例会(第 3号 9月12日)

今後とも水洗化を一層促進し、公衆衛生の向上と公共水域の水質の保全に努めてまいります。 ○議長(市木 徹) 政策監。 ○政策監(黄地正治) 伊庭内湖の水質改善、ヘドロ除去と水生植物に関する御質問にお答えいたします。  県土木事務所では、伊庭内湖である一級河川大同川のヘドロが流下能力に与える影響は少ないとしており、現在のところ、除去する計画はないとのことでございます。  

彦根市議会 2018-08-01 平成30年8月臨時会(第17号) 本文

前に述べさせていただきました県内業者で抽出-洗浄処理をした場合を仮定してのお答えとなりますが、当該業者の処理後の洗浄排水につきましては、一旦、処理水槽に貯留された後、処理水は再利用または公共下水道への放流となっておりまして、公共水域への放流はないと聞いているところでございます。  

米原市議会 2018-03-12 平成30年産業建設常任委員会・予算常任委員会産業建設分科会(第2号 3月12日)

同じページの下段、水産業総務事業では、水産業の振興を図るため、琵琶湖や周辺水域清掃活動を市内2つの漁業組合委託し、環境保全および漁場の生産性の回復を図ります。また、市が管理する関係施設の適切な維持管理を行います。  以上、農政課所管の予算説明とします。 ○委員長・分科会長(今中力松)  藤田課長。 ○林務課長(藤田一郎)  続きまして、林務課が所管します予算につきまして、御説明いたします。  

彦根市議会 2018-02-01 平成30年2月定例会(第5号) 本文

農業集落排水事業は、農村地域環境保全や生活環境の整備、ならびに琵琶湖を含む公共水域の水質保全を目的に、1990年から事業に着手し、1993年4月より供用開始された新海地区を皮切りに、7処理区、13集落を対象とし、1996年に全ての整備が完了しました。そこで、以下、質問いたします。  中項目1、農業集落排水と公共下水道との接続時期について。  

守山市議会 2017-12-06 平成29年第7回定例会(第 2日12月 6日)

議員仰せのとおり、本市の下水道事業は、市民の快適な生活と公共水域の水質保全を目的に、昭和48年度に公共下水道事業、平成元年度より農業集落排水事業、平成8年度より特定環境保全公共下水道事業に、それぞれ着手して以来、現在、市全域で下水道普及率は99.9%、水洗化率は97%となっております。  

彦根市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会(第26号) 本文

特に芹川は今回の台風により危険水域まで水位が上昇しました。県は市民の命と暮らしを守るためにも、速やかなしゅんせつ工事を実施すべきです。  その立場から、細項目1、各河川のしゅんせつ工事を実施すべきと考えます。市は県にどのように申し入れ、県の回答はどのような内容ですか、お伺いいたします。

彦根市議会 2017-10-06 平成28年度決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日: 2017-10-06

財政状態を示す四つの指標は、危険水域ではないものの、財政の硬直化は楽観できない状況であります。今後予定されている本庁舎耐震化整備事業、新市民体育センター整備事業、国民体育大会関連のインフラ整備事業、ごみ処理施設新設事業など、大型投資事業への相当額の支出も想定されています。

東近江市議会 2017-09-11 平成29年 9月定例会(第12号 9月11日)

6時5分から7分ごろに北海道襟裳岬上空の領空を通過し、6時12分ごろに襟裳岬東1,180キロメートル太平洋の排他的水域外に落下しました。飛翔時間は約14分、飛翔距離は約2,700キロメートル、最高高度は約550キロメートル推定されるとのことであります。  また、9月3日、6回目の核実験を実施し、ICBMに搭載可能な水爆実験に成功したと発表しております。  

東近江市議会 2017-06-30 平成29年 6月定例会(第10号 6月30日)

同様に、滋賀報知新聞も社説で、代表主幹が「内閣支持率危険水域を下回る」「安倍政治の強権政治国民がノーを突きつけた結果だ。内閣に不信感が増すのは当たり前だろう」と指摘されています。  総務委員長の不採択の報告と、それに賛成する議員各位は、国民世論に逆行し、政府のやることに何でも賛成で、果たしてそれでよしとするのか、問われていると思います。  

草津市議会 2017-06-26 平成29年 6月定例会−06月26日-05号

朝鮮政府は、5月29日に弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域内に落下させ、さらには、6月8日に地対艦ミサイル日本海に向けて発射したと報じられました。北朝鮮によるミサイル発射は、ことしに入り10回目となります。  これらは、国際平和安全に深刻な脅威を及ぼし、地域と世界の平和と安定に対する極めて重大な影響を与えるものであります。