2646件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東近江市議会 2019-12-23 令和元年12月定例会(第 5号12月23日)

まず、議案第82号については、歳入歳出予算の総額にそれぞれ4億1,064万1,000円を追加し、予算の総額を519億5,122万2,000円とするものであります。  総務分科会においては、企画部に関して、委員から、補正予算として計上している480万円は、全てワールド・ウッド・デー世界大会の予算か、他の事業も含まれるのかとの質問があり、担当者から、全てワールド・ウッド・デーに係る経費です。

草津市議会 2019-12-19 令和 元年11月定例会−12月19日-05号

それは大企業の優遇税制の是正や研究開発減税などの特別措置、配当利益、不算入制度、凍結増税制度などの見直しなどを含めて7項目、あるいは大型公共事業軍事費、原発推進などの歳出の浪費削減などで、合計17兆円などを示しています。  今、大事なことは、「保険あって介護なし」と言われないような介護保険制度にしていくこと、長生きが本当に喜べるようにしていくこと、その第一歩として、意見書の採択を求めます。  

守山市議会 2019-12-19 令和元年12月定例月会議(第 4日12月19日)

委員会に付託を受けました案件は、議第67号令和元年度守山市一般会計補正予算(第6号)(分割審議)第1条歳入歳出予算の補正のうち歳入全部、歳出款2総務費、項1のうち目2、目9および目10、款9消防費、第2条債務負担行為の補正、第3条地方債の補正、議第70号守山市事務分掌条例の一部を改正する条例案、議第74号成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴

彦根市議会 2019-12-18 令和元年 企画総務消防常任委員会 本文 開催日: 2019-12-18

それと二つ目ですが、行政改革大綱にも入っていましたけれども、歳出削減を図るということから、事業の選択と集中という意味で、市有財産の管理業務のあり方について、現在、各部局が保有するさまざまな市の施設につきましては、今は各所管別にそれぞれ業者と委託をされていると思うんですけれども、より効率的に進めるために、市有施設を包括的に管理委託するという方法もあると思うんですが、今後検討してはどうかということでお伺

守山市議会 2019-12-12 令和元年12月定例月会議(第 3日12月12日)

3つには、歳出および歳入の両面からのコスト面における考え方が優れている点でございました。  加えまして、守山らしさとして、1階の大きな庇を連続させることで街道を強調し、また分節された箱とすることでボリューム感を和らげるとともに、周辺環境と調和した外観であったことも評価されたものであり、提案内容の中身について審査委員会で客観的にご審議をいただいたものでございます。  

米原市議会 2019-12-11 令和元年健康福祉常任委員会・予算常任委員会健康福祉分科会(第1号12月11日)

保険課長(澤村みな子)  米原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ33万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億6,553万3,000円とするものです。  それでは、歳出から説明申し上げます。議案書の9、10ページをごらんください。  

米原市議会 2019-12-10 令和元年総務教育常任委員会・予算常任委員会総務教育分科会(第1号12月10日)

財政課長補佐(堀江今日子)  それでは、総務部所管の補正予算について、歳出から説明をさせていただきます。  議案書17ページ、18ページをお願いいたします。  まず、今回の補正におきまして、人事院勧告等に伴う人件費の補正を行っています。1款議会費から10款教育費までの給料、職員手当等及び共済費につきまして、総額で1,389万2,000円を増額するものです。  

米原市議会 2019-12-09 令和元年産業建設常任委員会・予算常任委員会産業建設分科会(第1号12月 9日)

まず、歳出予算から説明させていただきます。  補正予算書25、26ページをごらんください。  4款衛生費、1項保健衛生費、6目環境衛生費、19節負担金補助及び交付金で、最終処分場周辺地域環境整備事業補助金として、補正額196万1,000円の増額でございます。一般廃棄物最終処分場であるウイングプラザ周辺の環境整備に伴う補助金です。  

彦根市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第25号) 本文

歳出もさることながらでございますけれども、できるだけ歳入の確保ができるようにということで、さまざまな取り組みをしているところでございますけれども、中期財政計画でお示しをさせていただいておりますとおり、令和2年度の当初予算につきましても、大変厳しいものになるということでご理解を賜りたいと存じます。   

彦根市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第27号) 本文

そのためには、「目標増収額・削減額」という項がございまして、そこに、令和2年度から令和5年度まで、一般財源ベースとして約20億円から30億円を削減して歳出・事業費の縮小を図ると載っております。ですから、この中期財政計画に従いますと、来年度当初予算においては事業費を20億円ないし30億円削減すべきこととなります。  そこで、細項目1です。

彦根市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第28号) 本文

それともう1点、皆さん、もう何回も申し上げているのでおわかりだと思いますが、中期財政計画では、これから毎年のように20億円、30億円、歳出を減らしていかなければいけないわけですよ。ですから、新しい事業がやれるはずがないわけです。事業がやれるはずがないのに、このような特別顧問を迎えて何らかの計画を立ててもらうというのは、私は、はっきり申し上げて単なるスタンドプレーであると言わざるを得ません。

東近江市議会 2019-11-29 令和元年12月定例会(第 1号11月29日)

議案第82号、令和元年度東近江市一般会計補正予算(第4号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億1,064万1,000円を追加し、総額を519億5,122万2,000円と定めるものでございます。  歳出の主なものにつきましては、議会費では、特別職及び職員給与等の改定に伴う人件費の精査で276万1,000円を計上するものでございます。  

米原市議会 2019-11-28 令和元年予算常任委員会(第1号11月28日)

上段の歳入につきましては、歳出に伴うものがほとんどですので、ここでは説明を省略させていただきまして、歳出の方で説明がつかなかったもののみ、後ほど改めて説明をさせていただきたいと思います。  それでは、一番下の歳出について説明をさせていただきます。  まず、1番の駅周辺地域活性化事業です。  これにつきましては、JR近江長岡駅前広場整備に伴います事業費の増額というものでございます。

草津市議会 2019-11-14 令和 元年10月定例会−11月14日-05号

議第54号、平成30年度草津市一般会計歳入歳出決算、議第55号、平成30年度草津市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、議第58号、平成30年度草津市介護保険事業特別会計歳入歳出決算、議第59号、平成30年度草津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、以上4件は、いずれも賛成多数で、原案のとおり認定すべきものと決しました。