26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

甲賀市議会 2019-12-09 12月09日-03号

武田信玄なんかも治水にすぐれていて、その民からも、その部分は慕われていたというような歴史的な部分もあろうかというふうに思っています。そんな中で、これから質問を進めてまいりたいというふうに思います。 まず、一つ目です。 今回のことしの台風15号、19号、また、その後の大雨被害を見たときに、過去の雨量との違いを大きく感じましたけれども、この点についての認識をお伺いしたいと思います。

守山市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第 2日 3月11日)

「人は城なり」という武田信玄の言葉を引用し、人間社会の基盤は人であり、大きく変化する社会経済情勢の中で原点を見詰め直し、人づくりを進めることが肝要である。人材こそが城であるという教訓がこれからの市政の基本だと理解いたします。確かに、そのような考えでいきたいという考え方は、実直で真面目な宮本市長らしいなと思います。  

栗東市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第3日 3月 6日)

(1)市長は、昨年度の施政方針でも、武田信玄の言葉「人は城、人は石垣、人は掘、情けは味方、仇は敵なり」を引用されました。そこには、どれだけ城を強固にしても、人の心が離れてしまえば世の中をおさめることはできない。厚い情をもって接すれば、強固な城以上に人は国を守ってくれるし、仇を感じるようなふるまいをすれば、いざというとき自分を守るどころか裏切られ窮地に立たされるという意味であります。

栗東市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会(第1日 2月26日)

昨年度の施政方針においても、戦国時代の武将、武田信玄の言葉であります「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり。」を引用させていただきました。堅牢な城や石垣、堀を備えるよりも、人心がひとつになって戦いに臨むことの強さ、大切さを我々に知らしめている言葉であり、議員皆様、市民の皆様、そして職員が一丸となって、本市を支えていただいていることを表すものと考えています。  

長浜市議会 2018-09-13 09月13日-03号

私は、職員には戦国の大名の武田信玄のことわざを引用しまして、仕事は本気でするから大抵のことはできると、そして本気でするから何でも面白いと、そして本気でしているから誰かが助けてくれると。

甲賀市議会 2018-06-15 06月15日-04号

戦国最強と言われました武田軍の総大将・武田信玄の言葉です。「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」と。また、市長が常々口にされます「自覚者が責任者である」と糸賀先生の言葉であります。誰かがやってくれるだろうと思っているうちは誰もやってくれない、それをやるのは自分しかいないし、また、自分がやった後には信が必ずついてくるという責任感と信頼感の覚悟を示したもので、これもあります。 

栗東市議会 2018-03-06 平成30年 3月定例会(第2日 3月 6日)

市長は、常に武田信玄の格言「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」と引用されています。この言葉は誰にでも当てはまると思っております。  市民に信頼される職員の資質と人材育成に、どのように取り組まれるのかお聞かせください。  次に、教育方針について質問いたします。  1、人権同和教育の推進について。  

栗東市議会 2018-02-27 平成30年 3月定例会(第1日 2月27日)

二期目の所信表明において、戦国時代の武将、武田信玄の言葉である「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」を引用いたしました。人の働きの大切さを説く格言として有名でありますが、皆様、職員が一丸となって本市を支えていただいている状況は、まさにこの言葉の意図するとおりであると思います。

草津市議会 2016-12-06 平成28年11月定例会−12月06日-02号

◆3番(横江政則)  あの風林火山で有名な武田信玄は、「人は城、人は石垣、人は堀であり、城は必要ない」と言ったとされており、人を信じ、また、一人一人の力を大切にされた武将であると想像いたしますが、草津市においては多くの事業が実施される中で、言うまでもございませんが、実際に仕事をしていただくのは職員の皆さんでありますので、今後におきましても、なお一層、技術の継承を踏まえ、人材育成に力を注いでいただき

草津市議会 2016-09-14 平成28年 9月定例会-09月14日-03号

しかしながら、「人は城、人は石垣」、このような「甲陽軍鑑」の武田信玄の格言、言葉ではないですけども、これからのこの自治体の運営におきましては、個人人材、この力を、特徴をつかむ、このところは当然でございます。職員の才能を十分に発揮できるような集団、このつながりをつくるところが非常に大切であるということは言うまでもないかなと、こんなことを思っております。

湖南市議会 2016-06-20 06月20日-03号

戦国武将、武田信玄は、「人は城、人は石垣、人は堀」というような有名な言葉を言っております。人、部下を大事にしないと、たちまち城は崩れてしまう。部下をいかに大切に扱うか、部下の働きによって城の安泰を願うわけでございます。 私が議員になったとき、20年前ですけど、その当時は、公務員と民間企業との違いをよく言われておるのを耳にしました。

甲賀市議会 2014-06-17 06月17日-05号

名将武田信玄の言葉であります。人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、鉄道運行会社信楽高原鐵道の財産、それは人であります。社員であります。信楽高原鐵道社員に大いに期待するものであります。 いろいろと愚直に、ただひたすら信楽高原鐵道の経営がうまくいってほしいとの思いを述べてまいりました。最後に、改めて副市長に信楽高原鐵道の健全経営を目指す御決意をお聞きしたいと思います。 ○議長(鵜飼勲) 副市長。

東近江市議会 2013-12-12 平成25年12月定例会(第22号12月12日)

霞堤というものは、手元に資料が配付されていると思いますが、古く武田信玄が考案したと言われ、洪水時のときに堤防の決壊を守るため、あらかじめ浸水地を設けたことに始まります。  平成2年の洪水を受けて、愛知川の下流域の改修が行われました。現在、遊水地の必要性があるかどうかというのも疑問もございます。  何よりもドリームハイツ自治会の浸水被害は、平成2年、平成6年、そして今回と、3度の被害が出ております。

近江八幡市議会 2013-09-11 09月11日-02号

武田信玄は、人は石垣、人は城と言われております。何をなすにも、まず人であります。当市におきましても、大きな事業がたくさん行われておりますが、そうした中で、市民が安心して暮らせるためには職員の方の質の向上が最も大事であると考えます。 たくさんの事業が実施されました後は、今度はそれをどう維持し、発展させていくのかということが大切であります。それを担っていただきますのがこれからの市職員であります。

甲賀市議会 2012-03-05 03月05日-05号

これは直接関係ないんですけども、人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、あだは敵なりという武田信玄の言葉がございます。 この防災基本計画についても、私の意図とするところは当然市長と同じでございます。

甲賀市議会 2011-12-12 12月12日-05号

激動の戦国時代を生き抜く中で、戦国大名武田信玄は、軍学書・甲陽軍艦の中で、人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なりの言葉を残しております。厳しい時代を生き抜く中で、何が大事か、こういうことの中では何よりも人が大切であるとの教訓を残したものと考えております。 

  • 1
  • 2